はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お通夜にマスクをしても大丈夫?〜知っておくべき葬儀のマナーと注意点〜

お通夜とは、葬式・告別式の前夜に近親者が一晩ご遺体のそばで故人を偲ぶ儀式です。お通夜や葬儀は突然のことなので、風邪やインフルエンザの流行期、花粉症の時期と重なってしまうこともあるでしょう。しかしその際、マスクをつけて参列してよいのかと、疑問に思われている方も多いと思います。ここでは、お通夜や葬儀の場で注意したい、マスク着用のマナーについてまとめました。

お通夜にはマスクをしてもよい?

風邪や花粉症の症状が辛い時でも、お通夜などの葬儀に参列するタイミングは突然やってきます。咳やくしゃみの症状がある場合は、お通夜でマスクをつけて参列してもマナー違反にはあたりません。参列中、さらに体調が悪化することも考えられますし、他人にうつしてしまってはいけません。お通夜には免疫力の低い高齢の方や子どもなど、さまざまな方が参列します。風邪症状がある場合は、周囲に配慮して着用することも大切なマナーのひとつです。気になる場合は「体調不良のため」と受付で一言伝えておくのもよいでしょう。
あまりにも症状がひどい時には、葬儀への参列を見合わせることも検討しましょう。周囲に迷惑をかける可能性も考慮し、参列するべきかを判断したほうがよいでしょう。

喪主はマスク姿でもよい?

お通夜などの葬儀は突然のことですので、喪主も体調が万全だとは限りません。マナーとしては、喪主がマスクを着用すること自体は問題ありません。
しかし喪主という立場であれば、人前に立つことや挨拶する場面も多くなります。その際は着用を控えたほうが無難です。身内やごく近しい人のみで執り行われる葬儀なら、理解も得られやすいですが、規模が大きくたくさんの方が訪れる場合、状況を知らない弔問客も増えます。中には、喪主のマスク姿を失礼だと感じる方もいるかもしれません。咳やくしゃみなどの症状がひどい場合にのみ、エチケットとして着用するなど、状況に合わせて臨機応変に葬儀に臨みましょう。

親族のマスク着用は問題ない?

親族も喪主と同様、マスクを着用することはマナー違反にあたりません。ただし立場上、受付など弔問客をお迎えする役を求められることも十分考えられます。その場合はマスクの着用を避けましょう。

妊娠をしていてもマスクを使用するのは失礼?

妊娠中にお通夜などに参列する場合も、マスクを使用してもかまいません。風邪やインフルエンザが流行する時期には、予防のためにもマスクの着用は母体やお腹の子どもにとって必要です。
以前日本では、妊娠中の葬儀への参列は避けるべき、という考え方がありました。しかし近年は、妊婦の参列も珍しくありません。しかし妊娠中は、精神的にも身体的にも負担がかかります。妊娠時期やその時の体調を考慮し、参列するべきかを慎重に検討することも大切です。

マスク姿で参列する場合の注意点

お通夜など葬儀への参列の際に、マスクを着用することはマナー違反にはあたりません。しかし、マスクを着用しないほうが望ましい場面もあります。それは人と対面する時です。ではお通夜などの葬儀の場で、マスクを使用する際の注意点を確認しましょう。

受付をする場合

受付を担当することになった時は、マスクを着用しないのがマナーです。
受付は弔問に来てくれた方々と対面して挨拶をする場です。着用したまま受付に立つと、顔も半分隠れてしまいます。言葉も聞き取りにくく、失礼だと受け取られることも考えられます。お悔やみを伝える大切な場でもあるので、マスクの着用は控えましょう。咳やくしゃみなどの症状が激しいようなら、受付を他の方と交代してもらうのが無難です。不快感を与えることもなく、エチケットとしてもそのほうがよいでしょう。万が一、受付を交代できる人がいなければ、遺族の方にマスクを着用したままで受付に立つことを報告し、あらかじめ了承を得ておきましょう。

お焼香をする場合

お通夜や葬儀に参列にあたってマスクを着用することは問題ありませんが、お焼香をする際はマスクを外すのがマナーです。
お焼香では遺族と対面します。お焼香の際、誰なのかよく分からないといった状況を避けるためにも、マスクはとりましょう。お焼香が終わり、再度遺族に向かって頭を下げたあとにマスクをつけるようにしましょう。また一時的にマスクを外す際に、特に注意するべきことがあります。それは、マスクをアゴに引っ掛けたままにしないということです。中途半端に外しているほうが、着用している状態よりも、失礼だと感じる方も多いようです。

まとめ

昔に比べると、現在はマスクを着用しての葬儀への参列にも理解が深まりつつあります。体調や症状によっては、お通夜などにマスクをしていくこともマナーとして問題ありません。マスクを着用していても失礼のない振る舞いをするために、事前にマナーを確認し、注意点を押さえておくことが大切です。
葬儀に関するマナーやご相談など、細かい点についてお困りの際には、お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す