はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【動画】1分でわかるご焼香の作法・流れ・やり方(喪主編)

Featured Video Play Icon
1分でわかるご焼香の作法・流れ・やり方(喪主編) 【いい葬儀 はじめてのお葬式ガイド】

焼香とは、仏式の通夜やお葬式、法事などでお香を焚くことをいいます。お香のよい香りで自らを清らかにし、亡くなられた方や仏様に敬意と感謝の心を捧げるという意味もあります。
お通夜やお葬式の場では喪主は誰よりも先に、焼香をします。この時、何回すればいいのか?その前に、参列者へのお辞儀はどのタイミングですればいいのか、迷われる方もいらっしゃるかもしれません。
喪主になられた方が、通夜や葬儀・告別式でどのように焼香をすればいいのか、一般的な作法を動画で説明します。

喪主のためのお焼香の流れ・回数・作法

喪主のお焼香の流れ
  • 0:00:07
    祭壇に進む
    係りの案内に従って祭壇の前まで進みます。 数珠は左手に持ち、房を下にたらします。
  • 0:00:18
    遺影・僧侶に一礼
    祭壇の故人の遺影、僧侶に向かい、一礼します。次に、参列者全体に向けて一礼します。
  • 0:00:41
    合掌
    祭壇では、まず故人に向けて胸元で合掌します。
  • 0:00:48
    焼香
    ご焼香では、右手の3本指で抹香をつまみ、 香炉にくべます。
    宗派によって作法が異なります。寺院から指示がない場合は3回が一般的。また、式中に回数の案内があれば従います。
  • 0:01:12
    一礼
    焼香が終わったら、改めて故人に向けて胸元で合掌します。
    振り返って全体に一礼します。

*タイムラインでは動画での時間を表示しています。

まとめ

喪主のための焼香のマナーについてまとめました。お葬式の準備など慌ただしい中、喪主はさまざまな事柄を決断する必要があります。短時間でマナーを確認したいときにご覧ください。

なお、お葬式のマナーは宗旨宗派、地域によっても異なります。葬儀社から説明があった場合はそちらに従いましょう。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す