はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

結局、縁起が良いの?それとも悪いの?お葬式の夢の意味について

お葬式の夢とは、いったいどんな意味を持っているのでしょうか。お葬式の夢というと不吉なイメージがつきまといますが、実は幸運を暗示する「吉夢」とされています。誰のお葬式なのか、お葬式の場面や状況によっても夢が持つ意味は変わってくるといわれています。そこで、今回はお葬式の夢がどのような意味合いを持つといわれているのかを調べてみました。さまざまな夢の場面や状況とともに、諸説ある中の一部をご紹介します。

お葬式の夢は、悪い意味があると考えがちですが、本当は幸運を暗示していて、新しい人生への転機や思いもよらぬ幸運、清算したい過去などを象徴しているといわれています。

これらの象徴は人生の大きなスタートを切ることができるタイミングが訪れることを暗示していると考えられています。

「誰の」お葬式かによって変わる意味

お葬式の夢では、誰のお葬式か、故人が誰かということによっても意味が変わってくるといわれています。ここでは故人との関係と夢の意味についてご紹介します。

自分の葬儀の夢を見た場合

人生の新しい転機が訪れ、新しい人生が始まることを暗示しているといわれます。この転機は、仕事も含まれます。これまでの自分から生まれ変わり、新たな気持ちで大切な一歩を踏み出すきっかけに出会うようです。

親または祖父母の葬儀の夢を見た場合

自立・独立したいという気持ちが表れている証拠です。これまで、金銭面や精神面で親に頼っていた方であれば、自分の力で生活していこうという心の準備が整ってきている状態です。自立の一歩を踏み出してみると良いでしょう。

兄弟姉妹の葬儀の夢を見た場合

兄弟や姉妹の葬儀を夢に見た場合は、今後自分と兄弟や姉妹との関係が変わっていくことを表しているといわれます。今の関係があまり良くないようであれば、これから良い関係に変わっていくでしょう。

子どもの葬儀の夢を見た場合

自分の子どもの葬儀を夢に見るというのは縁起でもない話ですが、この夢も決して悪い意味を持っているわけではありません。自分の子どもが、経済的・精神的に自立する時期を迎えたことを暗示しているといわれています。この夢を見たら、子どもの様子をじっくり観察してみると良いかもしれません。

一方で、このような夢には人間関係の悪化を予兆している可能性があるともいわれます。特に、身近な人と仲が悪くなり、トラブルが起こることを暗示しているともいわれています。

夢のシチュエーションによる意味

葬儀のどの場面の夢を見たかによっても意味が変わってきます。

遺骨を埋葬する夢

誰の遺骨かがはっきり分かっている場合は、自分の葬儀の夢と同様、新しい人生が始まるといった意味を持ちます。

一方で、誰のものか分からない遺骨を埋葬する夢は、古いものを捨て新しいものを手に入れるという暗示です。例えば、自分が今まで知らなかった新しい知識や知恵を身につけることで、自分の能力を伸ばすことができるという予兆かもしれません。

葬儀で骨を拾う夢

拾った骨が、誰の骨なのかはっきり分かっている場合は、その人との関係が絶たれてしまうことを意味しているようです。

また、誰の骨か分からない場合は、自分にとって大事な人と会えなくなることを暗示しているともいわれています。

葬儀中に、亡くなった方が生き返る夢

この夢には、いくつかの解釈があるようです。

まず、自分の心の中に、わだかまりを感じている問題があることを示しているという説です。この場合は問題を整理していくことが大切です。また、それまで諦めていたことができるようになる可能性や失ったものを取り戻せるといったことを表しているという説もあります。

これらの説に共通しているのは、先へ進むために自分を見直すきっかけになる点でしょう。

葬儀で泣く夢

この夢は、自分を生まれ変わらせるために、自分の良くない部分をなくしたいという気持ちを表しているようです。もしくは、実際の葬儀を思い出して悲しくなってしまうケースが考えられます。

葬儀に遅刻する夢

遅刻する夢を見た時は、精神的に落ち着いている状態を象徴しているといわれます。

葬儀の準備をする夢

この夢は自分の人生の転機を乗り越えられるだけの準備が整っていることを示しています。困難や悩みにも打ち勝つことができる可能性を秘めた心強い夢です。

葬儀中に、僧侶がお経を唱えている夢

自分の身の回りに縁起の悪いことが起きる前触れかもしれません。特に行動に気をつけたほうがいいかもしれません。

その他お葬式に関連する夢

この他にも葬儀に関連する夢には、いろいろな暗示が考えられます。

火葬場の夢

葬儀の夢は新しい人生の転機を表しますが、特に火葬場の夢を見た場合はこの意味合いが強まることを示しているそうです。あまりにも変化が激しく、自分でも驚くかもしれません。

香典の夢

香典を渡す夢は、大きな変化が起こるという予兆です。一方、香典を受け取る夢であれば、その変化についていけなかったとしても、誰かに助けてもらえるかもしれません。

喪服の夢

喪服を着ている夢は、変化を受け入れたくない、変化を拒否したいという意識が働いているといわれています。

お墓の夢

お墓の夢は、お墓がある場所によって意味が変わります。日当たりが良い場所にあるお墓の夢であれば問題を解決できたり、悩みが解消したりと前向きな結果が訪れるでしょう。反対に、日当たりが悪く、暗い場所にあるお墓の夢はトラブルを象徴しているといわれています。

仏壇の夢

仏壇の夢は、家族を表しているといわれているようです。代々家族を承継してきたご先祖様が祀られている場所なので、仏壇の前で合掌する・お墓参りに行くなど感謝を伝えるように心がけましょう。

まとめ

お葬式の夢が悲しい意味ばかりでなく、新しいスタートを切るべきタイミングや前向きな変化を意味していることについて紹介しました。紹介した夢以外にも、お葬式の夢にはさまざまな場面や状況があるでしょう。お葬式の夢を見たら、自分を見つめ直すきっかけと前向きに捉えると良いかもしれません。なお、夢に対する考えは人それぞれです。夢にとらわれすぎずに、こんな考え方もあるんだ?くらいの意識でいるのがいいのではないでしょうか。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (5)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す