はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

告別式の開始時刻は何時から?時間はどのくらいかかるもの?親族と参列者で変わるお葬式の時間とタイムスケジュール

告別式にかかる時間

告別式のはじまる時間帯や、どのくらいの時間がかかるものなのかということについてご説明します。

告別式とは、故人にお別れを告げるための儀式で、通夜の翌日、葬儀式の後に執り行われるのが通例です。本来は、故人の冥福を祈りあの世へ送り出す宗教的な儀式、葬儀式と、生前の故人を知る人たちが故人にお別れをする告別式と、2つの儀式を合わせて葬儀・告別式といいます。しかし近年では、2つを合わせて、告別式という場合も増えているようです。お葬式の案内看板や式場前の看板にも「告別式」と書かれているケースもよく見受けられます。

*この記事の中では以下、一連の儀式を「葬儀・告別式」、告別式のみを指す場合は「告別式」と書きます。

葬儀・告別式の開始時刻については、多くの場合、午前中に始まるようです。

地域にもよりますが、例えば東京など、葬儀・告別式の後に火葬が行われる地域では、その開始時刻は火葬場の予約時間から逆算して決められているのが一般的です。

葬儀・告別式の開始時刻は火葬場の予約時間で決まる

葬儀の日程を決める際には、宗教者の都合や、葬儀・告別式を行う会場の空き状況なども考慮されますが、まず火葬炉のスケジュールを確認し、空き時間を抑えてから決めていきます。

予約していた時間に遅れてしまうと、その後の火葬のスケジュールにも影響が出るため、出棺の時間はどの葬儀社でも厳しく守られています。例えば、ある著名な方のお葬式では、参列者がどのくらい集まるか予想もつかなかったため、火葬炉の時間を予約する際に、2つの時間帯を抑えたともいわれています。

 

一方、葬儀・告別式の前に火葬をする、前火葬の地域では、通夜の翌朝、まず喪主や遺族が集まって出棺し、火葬を終えてから葬儀・告別式が行われます。

いずれの場合も、火葬場の運営時間だけでなく、式場も夕方になると、また次のお葬式の通夜がはじまります。そのため午後に行われる葬儀・告別式の場合でも13時や、遅くても14時開始のことが多いようです。

葬儀・告別式にかかる時間

お通夜の翌日に行われる葬儀・告別式は、多くの場合1〜2時間で執り行われます。もちろん参列者の人数や故人の宗派などによって、長くなったり短くなったりと目安よりも前後する可能性はありますが、およそ2時間程度と考えておくのがよいでしょう。

葬儀・告別式にかかる時間(一般参列者の場合)

一般参列者の場合は多くの方が出棺まで立ち会い、故人を見送ります。

葬儀・告別式のあとに仕事や家庭の予定があるという場合、おおよそ2時間という目安でスケジュールを逆算してみるなどして予定を調整するとよいでしょう。

また、さまざまな理由でどうしても葬儀・告別式に最後まで出席することはできないときは、焼香だけに伺って、その後退出しても失礼にはあたりません。ただし、喪主の方や親族の方など、親しい人がいれば、事前に用事などの理由で最後まで見送れない旨を伝えられると丁寧です。お葬式の当日は喪主をはじめ遺族はとても忙しい中で動いています。様子を見て判断しましょう。

葬儀・告別式にかかる時間(遺族など身内の場合)

遺族など故人の身内の方は、葬儀を執り行う側です。

多くの場合、遺族などの身内は葬儀・告別式や火葬の後、精進落しまで参列をします。

本来、精進落しとは初七日法要の時に僧侶や葬儀に携わって尽力してくれた方々を労う食事のことを指します。ただし近年では、初七日法要を式中や火葬後に行うなど、葬儀・告別式の当日に行うケースも増えています。

精進落しはみんなで食事をして歓談する時間でもあるので、やはりこちらも1〜2時間かかることが予想されます。そのため身内の場合は葬儀・告別式に出る場合は半日、場合によってはまる1日を費やすことになります。なお、精進落としには「忌明けの食事」という意味があるので、肉や魚といったメニューも食事に含まれています。

一般的な葬儀・告別式のタイムスケジュール

では具体的に葬儀・告別式がどのように執り行われていくのか、仏式のお葬式を例に、タイムスケジュールを見てみましょう。

葬儀式場到着、受付

身内の方は葬儀・告別式開始の1時間以上前に会場に着くようにします。集合時間などは葬儀社の担当者から案内がありますので、それに従います。

一方、参列者の場合、一般的に受付は開式の30分前から行われます。葬儀式場に到着したら、順次受付を済ませて着席していきます。着席する場所については、祭壇に向かって右側に親族、左側にそれ以外の参列者の方が座るのが一般的です。ただし地域の慣例や、式場のつくりなどによっても異なります。もし分からない場合は葬儀社のスタッフに尋ねてみてください。

開会の言葉

司会の方が葬儀・告別式の開始を告げます。その後、僧侶(仏式以外の場合はそれぞれの宗旨における宗教者)が入場します。

読経開始

僧侶が読経をはじめます。途中、弔辞や弔電の奉読、紹介が入ることもありますが、その後はまた読経が続きます。

焼香開始

喪主の方から、親族、一般参列者の順に方が焼香を行います。読経はまだ続いていますが、進行係の方などの誘導にしたがって焼香をします。

喪主の挨拶

喪主の方が参列に対する感謝の気持ちや、故人への想いなどを述べられる挨拶があります。

閉式の言葉

司会者の方が告別式閉式の言葉を述べられます。ここで式自体は終了となります。

 

このあと故人との最後の別れになり、棺に故人の思い出の品や花を入れます。その後、棺を何人かで持って霊柩車に乗せ、一般参列者は火葬場に向かう故人とここでお別れをします。身内の方はその後、火葬場へと向かいます。

葬儀・告別式に参列する場合の時間のマナー

葬儀・告別式に参列するときは、時間に余裕をもって行動するのがおすすめです。しかし受付の準備が整う前に、あまりに早く会場に到着してしまうのも考えものです。特に近年は、家族葬をはじめ規模の小さなお葬式も増えています。昔ほど受付が混み合う心配はないでしょう。

早く着いてしまった場合は、近くでお茶などをして受付の開始を待つようにしましょう。また、喪主や遺族との関係などにもよりますが、遅刻してしまいそうなときは、会場に連絡を入れると遺族の方が心配せずに済みます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ひとくちに告別式といっても、一般参列者なのか遺族なのかという立場の違いでかかる時間には差ができてきます。どちらの立場になっても当日慌てることがないように準備することをおすすめします。しかし、葬儀や告別式について十分に理解している方は多くありません。葬儀・告別式のタイムスケジュールや会場のことなど、お悩みのある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.75/5 (8)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す