はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

仏教由来の日常で使う言葉

仏教とは仏陀(ブッダ)が説いた教えのことで、修業を通して悟りを開き、この世界からの解脱を目指します。実は、その仏教の教えにちなんだ言葉や考えからできている言葉は、私たちの身の回りに数多くあるのです。例えば「ありがとう」「玄関」は仏教由来ですし、人気の乳製品「カルピス」も仏教用語を語源とした言葉です。今回はそのような仏教由来の言葉をいくつかご紹介いたします。

仏教由来の言葉

【挨拶】

禅宗では、相手の悟りがどの程度かを測るため「一挨一拶」と呼ばれる問答を行います。「挨」とは相手に問いかけを行うこと「拶」とは相手の問いかけにすかさず切り返すことです。この問いかけと返事の組み合わせが転じて、相手とコミュニケーションをとって親しくなることを指す「挨拶」という言葉になりました。

【ありがとう】

ありがとうは仏教の「有難し」という言葉から来ています。法句経(ほっくきょう)という教えの「人間に生まるること難し やがて死すべきものの いま生命(いのち)あるは有難し」から取られており、人として生まれたことに感謝して生きようということから、一般的に感謝を表すときに使われるようになりました。

【うんたらかんたら】

うんたらかんたらは内容を正確に覚えていないときに使いますが、これは仏教が始まった古代インドの言葉であるサンスクリット語から来ています。密教のサンスクリット語で書かれたお経に「ウンタラタ、カンマン」というフレーズがあり、そのお経に馴染みのない人がこの部分しか聞き取れなかったことから、その言葉がうろ覚えを表す言葉として定着したそうです。

【カルピス】

カルピスはカルシウムの「カル」とサルピスの「ピス」を合わせて作られた言葉です。このサルピスとはインドの発酵乳製品サルピルマンダの1つ前の発酵段階のもので、とてもおいしかったと言われています。そのことから、仏教ではサルピルマンダという言葉を「最上の教え」という意味で使用していました。そして、商品開発当初はこのサルピルマンダから「ピル」を取って「カルピル」と名付ける予定だったのですが、言いにくいとの助言を受けたため、代わりにサルピスから「ピス」を取って「カルピス」と命名されたそうです。

【がんもどき】

がんもどきには諸説ありますが、肉や魚を料理に入れることを禁止されていた仏教徒が、鳥の雁(がん)に似せた味の食べ物「雁もどき」として食べていたという説が有力だそうです。

【玄関】

玄関は「玄妙(げんみょう)な道に入る関門」からできた言葉で、玄は深い悟りの境地=仏教、関は関所という意味です。

その意味の通り、元々は寺院の入り口を玄関と呼んでいました。明治時代以降さまざまな建物に寺院の玄関に似た形の入り口が作られるようになり、仏教の道だけでなく単純に外と内を出入りする場所の呼び名として「玄関」が定着したそうです。

【超】

「超かっこいい」「超きれい」のように、「すごく」という意味で使用される「超」。これも実は仏教由来の言葉なのです。

超は仏教で限界を超えた無限の世界を会得した、完全な悟りを意味します。また、「すべての人間に通じる」という意味もあるそうです。

仏教由来のことわざ

【三人寄れば文殊の知恵】

「三人寄れば文殊の知恵」の文殊とは仏教の知恵を司る菩薩のことですので、このことわざは「複数人の知恵は文殊の知恵に匹敵する」という意味となります。そこから転じて、1人では難しくても三人が集まれば素晴らしい考えが思い浮かぶ、という意味で使われるようになりました。

【仏の顔も三度】

どんな人でも不快に思うことを何度もされれば怒る、相手に失礼な言動はするべきではないという意味で使われる「仏の顔も三度」は、「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」の略からできたことわざです。

ちなみに「仏の顔も三度『まで』」は、お釈迦様の故郷に恨みを持った隣国の王子が攻めてきたのを、お釈迦様は説得によって三度食い止めましたが、四度目は故郷が恨みを持たれるようなことをした因果応報だとして説得するのを止めた、という逸話からできたと言われています。

【三日坊主】

僧侶になると決めて仏門に入ったのに厳しい戒律や修行に心が折れて3日で止めてしまう、という話から転じて、新しくはじめても3日で止めてしまうこと、または止めてしまう人のことを表すようになりました。

仏教由来の擬音語(オノマトペ)

【がたぴし】

がたぴしは建て付けが悪い扉や窓などに使われる擬音語ですが、仏教の「我他彼此」が由来とされています(ただの擬音語という説もあります)。

仏教では、我(自分)と他(他人)、彼(彼岸:悟りの世界)と此(此岸:現世)の相対した関係が対立して、うまくいかない様子を表しているそうです。これと似た擬音語として「がたがた」も挙げられますが、こちらも仏教の「我他我他」という言葉が当てはまります。

【ごたごた】

秩序がなく揉め事がおきている状態を「ごたごたしている」と言いますが、これも仏教由来の擬音語です。鎌倉時代に、禅宗の僧侶である兀庵(ごったん)が理屈っぽく訳の分からないことを言うため、面倒でややこしい状況を「ごったんごったん」というようになり、それが「ごたごた」という擬音語になったそうです。

まとめ

私たちが日常的に使う仏教由来の言葉についてご紹介しました。「いつも使っている言葉にはこんな由来があったんだ」と知ることで、日本語がどんどん面白くなります。ほかにも仏教由来の言葉はたくさんあるので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

いい葬儀では葬儀に関するご相談を承っておりますので、葬儀にお悩みの方は何でもお気軽にご連絡ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す