はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

喪服の選び方・おすすめの購入先

喪服とは、喪の期間に着用する服をいいます。現在では通夜や葬儀、法事などに参列する際に着用するのが一般的です。黒の礼服、スーツ、ワンピース、ツーピースなどが主流ですが、最近では略礼服であるブラックスーツを喪服とする人も増えてきました。

喪服を着る機会は急にやってくるため、いつでも着用できるようにあらかじめ準備しておく必要があります。喪服はどこで購入するとよいのでしょうか。また、選び方や費用はどのように考えるといいのでしょうか。

喪服の選び方とマナーとは

通常、通夜と葬儀では、異なる種類の服を着ることがマナーとされています。

通夜へ参列する場合、男性は平服(仕事で着用するダークスーツ)に地味な色のネクタイ、女性は黒やダーク系のワンピース、アンサンブル、スーツなどを着用するのが基本です。急な通夜にも関わらず、きちんと喪服を着て参列すると、「あらかじめ亡くなることを予期していたのではないか?」といった理由で、「かえって失礼にあたる」と言われることもあります。ただ、故人が亡くなられてから数日経って通夜が行われる場合など、喪服で参列する方も多数いらっしゃいます。また、男性の場合など通常のスーツにネクタイだけ黒いネクタイを着用するといったこともあります。

一方、葬儀への参列は、男性・女性とも喪服を着用します。

男性は黒の礼服、白のワイシャツ、黒のネクタイ・靴・靴下の組み合わせ。女性は、黒のワンピース・アンサンブル・スーツなどに、黒の靴とストッキングを合わせるのが一般的です。

黒色といっても、さまざまな色合いの服が売られていますが、濃い黒無地で、光沢のない漆黒のものを選びましょう。また、女性の喪服は、肌の露出が少なく、スカート丈が膝下のものを選ぶことが重要です。膝上のスカートや短い半袖、透ける素材、光沢や装飾は避けた方がよいでしょう。

年代別の男性喪服の選び方とは

男性の喪服は、女性ほどデザインは多くありませんが、自分が気に入るデザインを選んで着用したいものです。

・20代…2万円から3万円のものから選ぶといいでしょう。若者向けのデザインもたくさんあり、商品も充実しています。

・30代以上…年齢に合った商品の中から、自分の好みや体型に合わせて選ぶことができます。

年代別の女性喪服の選び方とは

女性の喪服は、男性の喪服と比べてたくさんの種類があります。年代別に、選ぶ際のポイントをご紹介します。

・20代…ジャケットタイプの喪服を選ぶといいでしょう。また、フレアスカートは、タイトスカートに比べてシワになりにくいので、あまりスーツなどに慣れていない20代の方に比較的扱いやすいといえます。

・30代…アンサンブルやワンピースタイプが便利です。アンサンブルは、上着を変えるとどの季節でも着ることができますし、ワンピースは落ち着いた印象があります。出産や子育てを経て、体型が変わりやすい時期でもあるので、サイズを決める際は余裕があるものを選ぶのが得策です。

・40代から50代…長く着られるように、質の高い喪服を選ぶことが求められる年代です。両親や祖父母を見送る機会も出てくる年代のため、もっとも格式の高い正喪服を揃えておくと安心です。

・60代以上…質の高い喪服を選びたいのが基本ですが、体力の変化が訪れる時期でもあります。動きやすさや安全面を考慮して、パンツ型の喪服を選ぶのもいいでしょう。

喪服の予算の目安とは

喪服を買う際の費用は、どのくらいを目安にすればいいのでしょうか。

1万円前後の商品も売られていますが、あまり安い商品は品質に不安があることも考えられるので、3万円から5万円ほどの商品から選ぶ方が増えています。

喪服の値段の違いは、生地の質や機能性、黒色の濃さなどに現れます。高額な喪服は、生地の質やデザイン性が高い傾向にあり、またアジャスターがついているなど、着用時により体にフィットするように作られています。また、礼服は、黒色が濃いほど高級なものとされていて、品質を見分ける大きなポイントになります。

喪服は、10年ほどで買い替える時期が来るといわれています。現在の自分と10年先の自分、どちらが着てもおかしくないデザインなのかを想像してみることも大切です。

喪服はどこで買える?

喪服は、さまざまな店舗のほか、インターネットサイトでも販売されています。

例えば、デザインやサイズのバリエーションが豊富に取り揃えられているサイト。体型の変化に対応できるデザインや、子どもや妊婦さん向けの喪服レンタルも行っているサイトなどがあります。

また、試着サービスがあるサイトなどもあります。

好みや予算、また喪服が必要となる時期(発注してからどのくらいで届くのか)など、それぞれの事情に合わせて選びましょう。

まとめ

喪服は、着用する場面によって種類を使い分ける必要があります。ただ、近年では、通夜へ参列する場合も喪服を着用することも多くなりました。マナーに合った喪服を着用し、心を込めて故人を送り出して差し上げることが大切です。

「喪服を買い替えたいが、どのように選んだらいいのか迷っている」「喪服を買える店で、地域でお勧めのところがあれば教えて欲しい」など、喪服のことでお困りごとがございましたら、ぜひ一度当社へご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す