はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀のお供物によく使われる落雁とは

落雁(らくがん)とは、ある製法に従って作られる伝統的な「干菓子」です。真っ先に仏壇のお供物を連想される方や、茶道をおやりの方なら茶菓子を思い付かれるかも知れません。
落雁には数多くの種類があり、日本各地にある製造元によってそれぞれの商品名が付けられており、色や形もさまざまです。
ここでは、落雁の由来からお供物に使われることになった理由などをご紹介します。

落雁とは

落雁には、葬儀やお盆の時に仏壇に供えられている、花の形をしたお菓子をイメージされる方も多いのではないでしょうか?しかし、実際には、日本各地に名物の落雁が存在します。また茶席で振る舞われることでも知られる、伝統的な和菓子の代表格です。

落雁の歴史は古く、確たることは分かりませんが、室町時代に日明貿易を通じて中国から伝わったと言われています。茶道の普及と共に茶菓子として広まり、江戸時代に入って庶民にも定着したとの説が一般的です。

落雁の名前の由来についても諸説ありますが、今回は有力な2つの説をご紹介します。

ひとつは、中国にあったお菓子「軟落甘(なんらくかん)」が日本に伝わり、その際「落甘」と略され「落雁」に転じたというものです。

もうひとつは、江戸中期の辞書的な書物「類聚名物考(るいじゅうめいぶつこう)」によります。
この書物の中に、白い米粉に黒胡麻を配した様子が、地上に舞い降りる雁に似ているため「落雁」と命名された、との記述があります。

落雁の作り方

落雁の主な原料は、米粉に代表される麦や豆などの穀物から出来たでんぷん質の粉と、砂糖や水飴と言った糖類です。このふたつ(色を付ける際には食紅も一緒に)をよく練り合わせ、型にはめて成型したら、型から外して乾燥させます。

製造元によって原料選びから型のデザインまでさまざまです。
特に、糖類に和三盆(四国の徳島県や香川県で作られる、四国原産の竹糖というサトウキビから製造される砂糖)を使用した落雁は、最高級品とも言われています。
また、その形は花のかたちのものや長方形、半球形はもちろん、多種多様な形状の物があります。

変わり種の形をした落雁は、昔からあったようです。
「和菓子おもしろ百珍」(中山圭子著・淡交社 2001/03刊)で、以下のような落雁の話題が紹介されています。
1836年に成立した文献「名陽見聞図会」によると、当時、愛知県熱田の浜であざらしが生け捕りにされ、見せ物として話題を集めました。それに乗じ、客寄せのために、「あざらし人形」「あざらし手ぬぐい」などと一緒に、あざらしの形をした「あざらし落雁」が作られたそうです。

現在では、形だけでなく大きさや色、フレーバーまでバリーエション豊かな商品が販売されています。

お供物としての落雁

「落雁=仏壇のお供物」のイメージが強いのは、お供物として定着したからに他なりません。ではなぜ、落雁がお供物に使われるようになったのでしょう。

仏教では、蓮は泥水の中でも美しい花を咲かせる慈悲や知性の象徴とされ、極楽浄土に咲く花と言われていました。
そこで、仏壇に蓮の花を供えるのですが、生の蓮では花が開いている時間も短くお供物には向きません。
そのため、生花の代替品として日持ちのする花の形をした落雁が供えられるようになったと考えられています。

葬儀では、白い落雁が供えられます。白色が仏の世界と縁深い色であることや、日本では元来「弔いの色」であることがその理由と考えられます。

一方、お盆でカラフルな物を供えるのは、仏教でのお盆の由来に関わりがあります。
釈迦の弟子・目連が、餓鬼の世界に堕ちた亡母を救う方法を釈迦に相談したところ「7世の父母と、苦難にある人のために懺悔したすべての修行僧に施し与えること」との教えを受け、大勢の人に施しをして母を救ったというものです。
この目連の行いが仏教と共に日本に伝わり、お盆では先祖の霊を迎えて施しをし、もてなしをするという先祖供養の行事になったと考えられています。先祖の好物に見立ててお供物をするため、白色に限らず、さまざまな色と形の落雁が使われるのです

「日本三銘菓」はすべて落雁

落雁は、お供物としてだけではなく、伝統的な和菓子の代表格であり、「日本三銘菓」とされているのはすべて落雁です。
では、その「日本三銘菓」をご紹介します。

石川県金沢市・森八の「長生殿」

創業390年以上の老舗が作る落雁「長正殿」は長方形です。作家の井上靖が帰省するたびに母親への土産にしていたそうです。

新潟県長岡市・大和屋の「越乃雪」

長岡藩の御用達を命じられて以降、参勤交代の贈答品として盛んに使われ、日本全国に広く知られるようになりました。

島根県松江市・風流堂の「山川」

松江藩の7代藩主で、大名茶人として知られる松平不昧公が読んだ歌に由来して「山川」と名付けられた落雁です。

まとめ

仏壇のお供物として知られる「落雁」には長い歴史があり、伝統的な和菓子の代表格であることをご紹介して参りました。
機会があれば、是非一度ご賞味されてはいかがでしょうか。
お供物に限らず、葬儀・葬式のやり方は宗派や地方によって違いがあります。ちょっとした疑問から葬儀社・斎場選びまでどんなご相談もお受けしますので、お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す