はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

夏の葬儀に参列するときの服装

夏の葬儀に参列するときの服装とは、どのようなものが適切なのでしょうか。いざ必要なときが来て何も知らないと、意図せずマナーから外れた服装になってしまうかもしれません。葬儀は故人との別れを行う大切な式なので、マナーを守った正しい服装で行かなくてはなりません。男女ごとに葬儀に好ましい服装やマナー違反になる服装、上着の着脱などについてご紹介します。

夏の葬儀での男性の服装

夏の葬儀で男性は何を着ればよいのでしょうか?

基本的には、葬儀での男性の服装はブラック、暗色系の濃紺色、ダークグレーのスーツ、または略礼服です。

内側に着る服は白のワイシャツです。半袖を着てもよいですが、正装が好ましいためできるだけ長袖のシャツにしましょう。

ネクタイはブラックなど控え目で慎ましい色を選びます。目立たなければストライプも可能です。足元に関しては、ブラックの靴下を履きましょう。靴もブラックでシンプルな革靴を選びます。
そのほか靴には意外と見落としがちな注意点が2つあります。1つ目は靴のつま先のデザインです。Uチップやウィングチップと呼ばれる、デザイン感の高い革靴は避け、横一文字かプレーンタイプを選ぶとよいでしょう。2つ目は靴ひもを通す部分が金具タイプのものです。できるだけ地味なデザインの靴を選びましょう。また、葬儀では靴を脱いで座敷に上がることがあります。ホワイトや柄物だと目立ってしまいますので、気を付けましょう。

マナー違反と見なされる服装の注意点ですが、シャツ、ネクタイともに派手な柄物は厳禁です。ネクタイはディンプルなどの結び方を避け、普通に結びましょう。ピンもつけません。派手な時計、カフスボタンは控えましょう。カバンは茶色など、カジュアルな見た目のものは避けます。結婚指輪以外の装飾品はつけません。

夏の葬儀での女性の服装

女性の場合の、夏における葬儀の服装はどうするべきでしょうか。基本的にブラックの礼服またはスーツを着用します。スーツは暗色であればブラックのほかに濃紺色、ダークグレーなどを着用できます。礼服に関しては、フォーマルさがあれば半袖でも問題ありません。ボトムに関しては、女性の喪服はワンピースのデザインが一般的ですが、パンツスーツを選ぶこともできます。ワンピースの場合は膝下丈の長さで、短すぎないものにしましょう。
足元はブラックのストッキングを着用し、靴はシンプルなつま先の細いパンプスを選びます。ヒールの高さは3~5cm程度が目安です。ヒールの高さは低すぎると、カジュアルな感じに映るので、ヒールがややあるものを選びましょう。リボンなどワンポイントデザインがあるもの、エナメル材質で光沢あり派手なものや、つま先の開いたパンプス、サンダルなどはマナー違反です。またピンヒール、ウェッジソールなどは色が黒くても履いてはいけません。装飾品はパールの一連ネックレス、結婚指輪のみ着用できます。髪留めなどは控えましょう。カバンに関しては、布地で金具の目立たないものを選びましょう。革製品のカバンは殺生を彷彿させるので避けます。金具や光沢のあるものも控えることをおすすめします。

葬儀でマナー違反と見なされる服装の注意点ですが、基本的に素肌を見せるような服装は避けます。マニキュアなどは華美に見えるため、すべて落とします。メイクは薄めにして派手にならないようにします。基本的に葬儀はできるだけ地味な格好を心がけることが大切です。

夏でも上着は必須

夏の葬儀は暑く、上着を脱ぎたくなってしまうかもしれません。しかし、弔事の場において上着は基本的に着用したまま参列します。体調不良など特別な理由がない限り、葬儀中は上着を脱がないのが一般的です。しかし近年の夏は気温も従来以上に高くなりがちなため、上着の脱衣を認めるアナウンスがされる場合もあるようです。

また、最近では家族葬など小規模での葬儀が増えているため、屋外にテントを張って参列するといったケースは社葬など特別な場合以外はあまり見かけなくなりました。
屋内の会場で行われることがほとんどですが、葬儀会館の中では、冷房が効いていることが多いものです。上着がないとかえって冷えすぎてしまう可能性もあります。特に女性の場合、礼服のワンピースが半袖だと冷えてしまう可能性もあります。そういったことも考慮して、夏場の葬儀でも上着は必要だと思った方がよいでしょう。

オールシーズンタイプの喪服を選ぶ人が多い

喪服には夏用と冬用があります。

大切な弔事の場ですので、季節に応じてしっかりした礼装を用意しておくことは大切です。しかし、最近では夏で会場の冷房が効いていることも多いため、冬用との兼用で一年中着られるオールシーズンタイプの喪服を選ぶ人が増えています。

もし礼服を選ぶのが初めてであれば、一着で一年中着ることのできる喪服を選ぶのも一つです。葬儀は故人との最後の別れを行う大切な式ですから、きちんとしたマナーで参列したいものです。特に参列するときの服装は重要ですから、必要なものを準備するために事前に確認しておきましょう。

まとめ

夏の葬儀に参加するときの服装マナーについてご紹介しました。男女ともに黒色を基調とした地味な格好をするのが基本です。派手な色や柄物、光沢のあるアイテムを着用するのはマナー違反となります。夏であっても上着は脱がずに着用したまま参列しましょう。また着ていく服だけではなく、葬儀に関するお悩みがある方や、葬儀社を決めかねているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す