はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

冬の葬儀に参列するときの服装

冬の葬儀に参列するときの服装選びとは、暖房がないところでも長時間いられるようなしっかりした寒さ対策とマナー違反にならない服装にポイントをおくことです。女性はスカートの着用が多いため、暖かい服装選びが大切です。冬の葬儀にはタイツやブーツを履いてもよいのか、コートやマフラーはどのようなものを着用したらよいのか、意外と知られていない服装の注意点についてまとめました。

冬の葬儀で着用できるコートとは

冬の葬儀には防寒対策としてコートは必需品です。礼装用コートならば問題ありませんが、急なことで準備ができない、使う機会が少ないためそろえていない、という人も多いと思います。そのようなとき、どのようなコートを選べばよいでしょうか。

コートの色と種類

一般に葬儀に着ていくコートは、黒や濃紺、ダークグレー系のダークカラーでシンプルなデザインのものがよいでしょう。基本的にカジュアルなものでなければ問題はありません。最近は黒い膝下丈のダウンコートを着ている人も多く、トレンチコートやダッフルコートも見られます。
ベージュ系などの春物コートはマナー違反にはなりませんが、黒一色の葬儀場の中では浮いてしまう可能性があります。その場合は式場の外でコートを脱いでいけば問題はありません。

気を付けなければいけない素材

仏教では殺生は禁じられているため、革やスエード、毛皮のコートの着用は避けます。また、フェイクファーの素材もなるべく控えたほうがよいでしょう。襟元などに着脱できるファーがついているものは取り外しましょう。また、光沢のあるサテンなどの生地も葬儀には不向きです。
式場では、コートやジャンパーなどの上着類はクロークに預けますが、葬儀場によっては持ったまま進んでくださいといった案内がされるところもあります。その場合は手に持って式場内に入りましょう。

冬の葬儀に白いマフラーはダメ?

葬儀で着用するマフラーはどのようなものを選べばよいのでしょうか。
マフラーは式場に入る前に取りますが、お焼香までの時間を外で待つこともあります。また、葬儀場によってはお焼香の場所が屋外に設置されることもあるため、マフラーは黒系の落ち着いたものがよいでしょう。
マフラーで気を付けることは、白のマフラーはマナー違反となりますので、ご注意ください。また、ファー素材のものも着用を避けましょう。

真冬の葬儀にはタートルネックを着用される人もいます。マナー違反ではありませんが、人によっては良い印象を持たない人もいます。マフラーや使い捨てカイロなどで上手に防寒対策をしましょう。

冬の葬儀、黒タイツを履いても大丈夫?

女性の葬儀の服装は黒のワンピースかスーツが基本です。
足の部分の露出が多いワンピースの場合、冬の葬儀ではストッキングの代わりに黒いタイツを着用して参列する人も見られます。黒タイツを履くことはマナー違反とはされていませんが、一般的に礼服では黒のストッキングとされていますので、なるべく薄いタイツを選ぶことをおすすめします。60デニールくらいでも、ストッキングと似た透け感のあるものであれば、カジュアルに見えにくいのでおすすめです。ただし、極厚のリブタイツは避けましょう。
なお、パンツスーツの場合は黒あるいは肌色のストッキングを着用します。

冬の葬儀の靴選び《女性の場合》

冬になるとブーツを履くことも増えますが、葬儀にはンプルな黒のパンプスが適切です。葬儀の靴はいうまでもなく黒が原則です。ただし、黒でもローファーはカジュアルに見えるので避けたほうがよいでしょう。
避ける素材は、殺生を連想させるスエードや爬虫類の革を使ったもの、光沢のあるエナメルのものはマナー違反となります。ただし靴の場合、革以外でフォーマルに見える素材が少ないこともあり、シンプルな素材のものは許容されています。
ヒールの高さは一般的に3~5センチが推奨されています。歩きやすい太めのヒールが望ましく、ピンヒールは避けます。粛々と行われる葬儀では靴の音にも十分な注意が必要です。

なお、寒冷地での葬儀や大雪などの荒天の日は、ブーツや長靴でも目立たない地味なものならば履いていてもよいでしょう。その日の天候にあわせて臨機応変に対応することが大切です。

冬の葬儀の靴選び《男性の場合》

葬儀のときの男性の靴は、形・素材や色のマナーを守って選びましょう。男性の場合、女性ほど靴の選び方はむずかしくありません。よりフォーマルな靴選びは、つま先の形と靴ひもを通す羽根という部分に注意します。黒のストレートチップという、つま先に横に一文字の線が入ったもので、靴ひもを通す羽根が外に出ていない内羽根式となっているタイプが最もフォーマルな靴となります。
ビジネスシーンでよく見られるつま先のデザインがUチップやウィングチップの靴、金具がついた革靴は避けましょう。
また、靴下も靴にあわせて黒に統一します。靴を脱ぐような場面では、靴の中敷きも黒にするとよりフォーマルに見えます。

まとめ

冬の葬儀に参列する場合の、失礼にならないコートやマフラー・タイツなど防寒アイテムの選び方をご紹介しました。仏葬の場合は殺生を想起させるファーやスエードなどを避けること、白いマフラーはマナー違反、カジュアルに見られる厚いタイツやピンヒールの靴は避けるなどがポイントでした。葬儀のことについて相談してみたいという方、一度葬儀のお見積りをしてみたい方はぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す