はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

おすすめの香典返し

香典返しとは、葬儀に参列しお香典をいただいた方に、忌明け法要(四十九日)の後、法要が無事済んだという報告を添えて贈るお礼のことです。最近では参列したすべての方にお渡しする「会葬返礼品」も兼ねて香典返しを「当日返し」で行うことが増えましたが、その場合にも高額のお香典をいただいた方には後日、改めて個別にお返しを贈るのが一般的です。そういった目的と心にかなう香典返しの選び方についてご紹介いたします。

香典返しの考え方

香典返しに贈るものは「不幸を後に残さない」という考え方から「消えてなくなるもの」が望ましいとされています。そのため、日本茶や紅茶、海苔や調味料などの食料品や、消耗品の石鹼や洗剤を選ぶことが多いようです。一方で、酒など祝儀の際に贈るものとされている品、後々まで残る置物、肉や魚類などの生ものは避けたほうがよいとされています。
その他、タオルやシーツといった「白いもの」もふさわしいとされていますが、地域によって考え方が異なる場合もありますので、気になる場合は詳しい方に相談してみましょう。

香典返しの相場と人気の品物とは

昔から香典返しの相場は「半返し」と言い、いただいた香典の半額相当をお返しするものとされていますが、実際には3分の1から半額までの幅で行うことが多いようです。また最近では葬儀当日に「当日返し」として返礼品を渡すことも多く行われていますが、高額のお香典をいただいた場合には後日改めて香典返しを贈るのが一般的です。その際はいただいた額の半返し相当分から当日返しの品物の額を引いた金額を目安に用意するとよいでしょう。
また、複数の送り先に同じ香典返しを贈る場合には、年齢や家族構成に関わらず共通して喜ばれるような品物を選ぶのも悩むところです。

このようなニーズもあり最近は「カタログギフト」も人気です。各人の好みと予算に合わせた適切な品物を考えるのは骨が折れることでもありますが、カタログギフトなら贈られた相手が自由に好みの品物を選べる良さがあり、香典返しの定番の一つとなっています。

贈る相手の年齢や環境に寄り添う

そうは言っても、特に故人や家族がお世話になった方など大切な関係の相手に対しては、カタログギフトだと気持ちが伝わりづらいと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

時間や気持ちにある程度ゆとりのある状況でしたら、心を込めて相手にふさわしいと思われる品物を選び贈ることは、いうまでもなく最上の気持ちの尽くし方となります。ご参考までに、贈る相手の年齢や立場、家族構成などに合わせた贈り物の例をいくつかご紹介します。

60~70歳以上の方

目上の方を多く含むこの世代の方には特に「量より質」にこだわった品物を贈ることがおすすめです。相手の健康への気遣いを込めた食品やこだわりの食品に加え、高級感のある上質なリネン類などもよいでしょう。
食品を贈る場合、例えば同じ瓶詰でも食べ切るまでに時間のかかる大きなサイズのものより、小さなサイズでいろいろな種類を詰め合わせたセットのほうが負担なく召し上がっていただけることが多いでしょう。

また、シーツなどリネン類を贈る場合は、よく知られたブランドやメーカー製品の他、機能性にこだわったものも喜ばれるでしょう。

40代~60代 働き盛りの方

日々さまざまな情報を積極的に取り入れている方も多く、品質へのこだわりもある世代ですので、やはりある程度「量より質」を重視した贈り物がおすすめです。国外の老舗ブランドの紅茶や、最近国内でも各地に増えているこだわりの焙煎所のコーヒー、もしくは地元の珍しい調味料や名菓の詰め合わせなど、日々の生活にちょっとしたアクセントを添えてくれるような品物もこの世代の方には喜ばれるでしょう。

20代~40代 子育て世代の家庭

一定以上の質の高さがあるものをお贈りするのはもちろんですが、人数の多いご家庭ならフルーツジュースやお菓子の詰め合わせなどバラエティ豊かに楽しめるものもおすすめです。洗剤や入浴剤などの消耗品も喜ばれますが、自然由来の成分のものを選ぶなどの配慮をするとなおよいでしょう。

香典返しはどこで買う?

返礼品などは、かつては葬儀社に任せて依頼することが一般的でした。

しかし、最近では葬儀の規模が小さくなり、参列される方もごく親しい方が増えているためか、多少手間はかけても、香典返しをしっかりと選びたいという喪家も増えているようです。

また、本来は喪主が直接出向いて渡すものとされていた香典返しですが、宅配が主流となっている現在では、品物の選定と同時に挨拶状の添付と送料についても考える必要があります。
購入場所としては大手百貨店やギフトショップのほか、最近では香典返しのネット専門店などもあり、選択肢はますます多様になってきています。

単に品物の値段だけではなく、挨拶状や送料のセット料金の有無など、サービス内容も加味して購入場所を検討するとよいでしょう。

まとめ

葬儀や法要を執り行った後に必要となる香典返しの品物の選び方と、購入場所を決める場合のポイントについて解説しました。故人を偲んで法要に参列していただいた方への感謝の思いが伝わる香典返しを贈るためにお役立ていただければ幸いです。その他、葬儀についてお困りやお悩みのことがありましたら、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す