はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀の受付を誰に頼む?お礼のタイミングや金額は?

葬儀の受付係とは、ご遺族に代わって参列者や弔問客をお迎えし、葬儀を滞りなく進める重要な役目を担います。したがって誰にでも頼めるものではありません。いざ葬儀を取り仕切ることになったら、誰に受付係を頼んだらよいか知っておくと手配がスムーズに運びます。葬儀の受付係はどのような人に頼むのがよいか、また謝礼の金額やお渡しする時期などもあわせてご紹介します。

葬儀の受付係とは

葬儀の受付係は参列者や弔問客をお迎えする係です。来場した参列者や弔問客から香典をお預かりし、芳名帳へ記帳をしていただくようご案内します。そのほかにもさまざまな仕事があります。以下、葬儀の受付係が行う仕事の内容と手順についてご説明します。

・はじめに全体の流れや会場の配置、来場者の動線をチェックします。
・受付の準備をします。親族、会社関係、一般などの受付場所の設置、芳名帳、筆記用具(黒の筆ペン、サインペン、ボールペンなど)、返礼品の用意をします。
・香典をお受けし、返礼品の引換券をお渡しします。
・芳名帳または芳名カードへフルネームでの記帳をご案内します。
・葬儀参列者と弔問客それぞれを定められた場所へご案内します。場合によっては、葬儀の形式や規模などにより誘導を行うことがあります。
・弔問客が当日供花・供物をお持ちになる場合があります。そのときは御芳名を記載していただき、お預かりします。その後、葬儀社の担当の人にお渡しし供えていただきます。
・弔電は葬儀の司会へ預けます。
・お帰りの参列者や弔問客に引換券と引き換えに返礼品をお渡します。
・受付の会計係は葬儀終了後香典をまとめて喪主にお渡しします。

その他、来場者から駐車場・化粧室・ロッカーなど尋ねられることもあります。さまざまな状況に応じて迅速に対応しなければいけないという重要な役割も担っています。

葬儀の受付係は誰に頼むのか

葬儀に参列する直系の親族は、受付係の人選には含めません。そのため、喪主の親しい友人や会社の関係する部署の人たち、少し遠い親戚またはご近所や町内会の人などにお願いします。
ただし、参列者や弔問客のご案内や、香典などのお金も扱いますので、信頼できる人を選ぶことが大切です。
また、地域によっては女性が葬儀の受付をしてはいけないというところもあるようです。葬儀を行う地域の慣習など、葬儀の担当者に確認しておくと安心です。

葬儀の受付係は、香典を受けることや記帳のご案内、返礼品のお渡し、会計や会場誘導などの人が必要となります。お葬式の規模にもよりますが、最低3人程度はお願いできるよう考えておくと、もしもの時にも慌てません。

葬儀の受付係が見つからないとき

直系ではない親戚に頼む

直系の親族は葬儀がはじまると親族席に着くことになりますので、遠縁の親戚にお願いします。他人に受付を頼むのは気が引けるといった場合にも良いでしょう。

葬儀社に依頼する

高齢者ばかりの葬儀で頼める人がいないといったときには、有料もしくは無料で受付を行ってくれる葬儀社もあります。その場合、香典の中身の確認まではしてくれませんのでご注意ください。お金を扱う関係から葬儀社によっては受けない場合もありますので、事前にお確かめください。また、葬儀の受付を専門で受ける代行サービスもあります。

葬儀の受付係へのお礼

葬儀の受付係をお願いすることは、大変なご苦労をおかけすることです。そこで、お礼として謝礼を差し上げるのがマナーです。お金による謝礼は心づけと呼ばれます。地域によっては現金ではなく同額程度の品物を差し上げるところもあります。
「心づけ」は不祝儀袋か白い封筒に入れ、「志」あるいは「御礼」などの表書きをしてお渡ししましょう。
お礼の金額の相場は、5,000円~10,000円程度とされていますが、地域によって大きく異なります。年長者の方や葬儀社などに事前に確認することをおすすめします。

葬儀の受付係へお礼をするタイミング

受付係へお礼をする時期については、大きく次の2つがあります。

葬儀終了後にお礼をする

葬儀が終わった後に感謝の言葉と共に「心づけ」をお渡しします。次に会う機会がなかなかないといった人にはこの方法が良いでしょう。

後日あらためてお礼をする

葬儀当日は、遺族は参列者や弔問客への挨拶など気忙しいため、後日あらためてお礼に伺います。葬儀から少なくとも一両日中には伺い、「心づけ」や御礼の品をお届けします。その際は必ず事前に連絡し、先方のご都合を伺うことが大切です。

いずれにしても、受付係を選ぶときにはクリアしなければならない条件があります。その土地・地域の葬儀のしきたりをよく考慮したうえで、喪主が信頼をおける人に受付係をお願いすることが、無事に葬儀を執り行うことへつながります。

まとめ

受付係はそれぞれの状況にあった人を選び、丁重にお願いしましょう。葬儀の当日に受付係が困らないよう、受付の役割や手順、受付備品、会場案内図など、あらかじめしっかりと準備をしておきましょう。葬儀が終わった後に、喪主として心からの感謝とお礼を「心づけ」と共にお伝えすることが大切です。
葬儀の受付に関する疑問点がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す