はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

「はじめてのお葬式ガイド」では、終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

満中陰志とは?粗供養との違い

満中陰志(まんちゅういんし)とは、関西地方や西日本で使用される言葉で、仏式での四十九日法要における香典返しの品を意味します。この記事では、満中陰志の意味をはじめ、法要のお返しの表書きとして用いられる粗供養との違いをご紹介しています。満中陰志でお贈りする品物の選び方と、金額の相場についても合わせてご確認いただけますので、ぜひ参考にご覧ください。

満中陰志とは?

仏教では人が亡くなってから49日間のことを中陰(ちゅういん)といい、49日目はその中陰の期間が満ちることから「満中陰」と呼ばれます(ただし、宗派により異なります)。

そして「満中陰志」は関西を中心に西日本で用いられる葬儀用語で、主に忌明け後の香典返しの表書きとして、一般的に使用される「志」の代わりに「熨斗(のし)」に記載されます。お渡しするタイミングは、通常の香典返しと同様、四十九日法要から1月以内が目安となります。

満中陰志と粗供養の違い

西日本地域では満中陰志のほか、粗供養(そくよう)という言葉も用います。

粗供養には、供養いただいた方に贈るささやかな粗品という意味があり、仏式の葬儀や法要の返礼品全般の表書きとして使用されます。同じ返礼品であっても、満中陰志と粗供養とでは意味が異なりますのでご注意ください。

満中陰志と粗供養について簡単にまとめると、次のようになります。

満中陰志

葬儀および告別式でいただいた香典やお供えのお返しを忌明けに贈る際、表書きとして使用します。

粗供養

法要でいただいたお供えや御仏前のお返しを贈る際に使用します。

満中陰志と粗供養、両方用意する場合は?

また、満中陰志と粗供養は別ですので、両方に該当する方にはそれぞれ一品ずつ用意する必要があります。例えば、四十九日法要に参列していただいた方に香典返しを当日手渡しする場合は、法事のお返しとして「粗供養」を一品、香典へのお返しとして「満中陰志」を一品用意します。

粗供養には通常挨拶状は不要ですが、満中陰志には多くの場合挨拶状を添えます。文中には、葬儀に参列していただいたお礼や無事に四十九日を終えられたことへの感謝の言葉などをしたためます。品物を直接お渡しできない場合は、郵送でお贈りする旨も記入すると失礼がなく、より丁寧な対応となります。

熨斗(のし)については、一般的な香典返しに使用する黒白結び切りの水引で構いません。ただし、地域によっては黄白の水引が用いられる場合があることも覚えておきましょう。

満中陰志の品物の選び方

満中陰志の選び方のポイントは、「後に残らない物」や「形がなくなる品物」をお贈りすることです。具体的な品目としては海苔、椎茸、調味料、お菓子などの食品をはじめ、石鹼やタオル、寝具などの日用品が挙げられます。しかし、肉や魚などの生もの、お酒はタブーとされていますので注意が必要です。

また、特定の品物ではなく受け取る側が商品を選択できるようにしたいとの思いから、カタログギフトを利用する方が増えています。同様に商品券をお返しすることも可能ですが、現金をお返しするのとほぼ同等であると考える方も多いため、目上の方や年配の方へのお返しとして使用しないよう注意しましょう。

満中陰志の相場

通常の香典返し同様、満中陰志も「半返し」が相場です。一説によると、関東と関西では相場に差額が生じていた時代もあったようですが、現代においては東と西で違いはほとんどないといわれています。一家の主が亡くなったときや親族・身内から高額な香典があったときも、通常と同様、半分から3分の1程度を目安にお返しするのが通例です。

また近年では、いただいた香典の額にかかわらず葬儀当日に一律2,000~3,000円お返しする「即日返し」も広く浸透しています。しかし、高額な香典をいただいた方には、即日返しに加えて四十九日過ぎに満中陰志もお贈りするのがマナーです。この場合、即日返しの金額を差し引いて考えるのが一般的なようです。

満中陰志を辞退された場合

参列者の中には、遺族を気遣ってくださったり、連名での香典だったり、香典返しを受け取らない規則がある企業からの香典だったりといった理由で、満中陰志を辞退される方もいらっしゃいます。そのような場合は、品物は贈らずにお礼状だけを送付しましょう。また、高額の香典をくださった方が満中陰志を辞退した場合は、お中元やお歳暮をお送りすることでお礼の気持ちを表すことができます。

状況や立場によってさまざまなケースが発生しますので、その時々に応じて適切な対処方法をご確認ください。

まとめ

主に関西地方で用いられる葬儀用語「満中陰志」について簡単にまとめましたが、いかがでしたでしょうか。満中陰志は香典返しを意味する言葉ですので、基本的なマナーは香典返しと同じです。また、「粗供養」という言葉には供養いただいた方に贈るささやかな粗品という意味があり、仏式の行事全般の返礼品の意味で用いられます。満中陰志として用意する品物に関して不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す