はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

ここが違う!仏式とキリスト教式 葬儀の違い

日本で執り行われる葬儀は、その大半が仏式で行われます。しかし一定の割合でキリスト教式、または神道式の葬儀など、仏教以外の宗旨にのっとった葬儀を行う場合もあります。

葬儀はそれぞれの宗教によってその流れはもちろん、その意味合いも大きく異なります。

そこで今回は、仏式の葬儀とキリスト教式の葬儀の違いについて紹介します。

仏教とキリスト教には多くの違いがあります。その教えや教祖、発祥した、時代、地域、広まった経緯などどれを取っても同じ点はありません。当然のことながら葬儀に対する考え方、内容も異なります。

例えば、仏教では多くの宗派で死後、輪廻転生するという考えがあり故人は命日から四十九日を経て来世が決められるとされています。そして、四十九日を過ぎた段階で故人の魂は極楽浄土へと到着します。

一方、キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、それぞれで死後の世界の捉え方が違います。まず、カトリックでは死を終わりではなく始まりとして捉えています。故人が生前に犯した罪について赦しを乞い、洗礼を受けることでイエス・キリストの死と復活の奇跡の恩恵を受け、永遠の命として存在できるように祈ります。

プロテスタントでは故人ではなく神に祈りを捧げ、遺族を慰めるという考えのもと葬儀が行われます。

仏式葬儀とキリスト教式葬儀の場所や費用の違い

仏式の葬儀は多くの場合、斎場やお寺で行われます。また、自宅で行う方もいます。特に、檀家となっているお寺があれば、そのお寺で執り行うことが一般的です。一方、キリスト教式の葬儀では、所属している教会で葬儀を行うのが一般的ですが、斎場で執り行うケースもあります。

また仏式の葬儀では葬儀社が懇意にしている寺院の檀信徒会館などを使用して、檀家以外の葬儀を執り行うこともありますが、キリスト教式の場合、その協会と関係のない方の葬儀を教会で行うことは難しいとされています。

また、費用面での違いもあります。

仏式葬儀で必要な費用は、納棺や通夜、葬儀、告別式、火葬、納骨という一連の葬儀費用と、会葬者・親族下の接待費、御布施・御祭祀料、戒名料などがかかります。

祭壇の花籠の数やなど細かい部分までこだわることができるため、規模や花のグレードによって葬儀費用は大きく変わります。

また、接待費も参列者の人数によって変動します。そのため、一概には言えませんが、葬儀の費用はすべてを合計すると200万円前後になると言われています。

一方、キリスト教式葬儀で必要な費用は、式場使用料や生花代、オルガン奏者謝礼、教会への献金が主なものです。仏式葬儀と違い、戒名というものが存在せず、読経もしません。そのため、教会への献金は仏式葬儀と比較すると安価であることが多いようです。

カトリックでは40万円〜とされていることが多く、オプションなどで変動しますが総額で100万円前後になるようです。

仏式葬儀とキリスト教式葬儀の違い

日本人の仏教の信者数は、平成27年の統計によると約8,872万人と報告されており、参列する葬儀の大半が仏式であることがわかります。仏式の葬儀では、まず通夜を執り行い、翌日に葬儀と告別式が行われるのが一般的な流れです。そして、告別式が終わると出棺し、故人のご遺体は火葬されます。

一方、キリスト教式葬儀と呼ばれるキリスト教を信仰していた故人の葬儀では、通夜の集い(カトリック)、または前夜式(プロテスタント)が行われ、その後、葬儀ミサ、そして告別式を行います。各教派について解説します。

カトリックの葬儀

カトリックは世界に10億人以上の信者を持つキリスト教最大の教派です。その期限は2000年前のイエス・キリストの誕生に端を発します。そして、「伝承と聖書を、共に神の啓示として考える」という姿勢でローマ教皇を頂点とし、洗礼や聖体拝領、油を使うことなど細やかなしきたりをしっかり守る必要があります。また、葬儀は神父が執り行います。

カトリックの通夜の集いについては、特に定めがありません。多くの教会は、神父とともに歌い、聖書を朗読する形式が多いようです。この点は仏教と大きく違いますが、故人の思い出を語り合う場であったり、神父による説教が行われたりするという点は似通っていると言えます。

葬儀では祈祷に始まり、聖歌合唱、撒水、撒香を終えて再び祈祷をします。そして、神父の追悼説教の後、賛美歌合唱に弔辞・弔電の拝読、遺族代表挨拶、撒水、献花・賛美歌という流れで進みます。これらが終わった後に出棺という流れが一般的ですが、教派や教会によって異なるケースもあります。

プロテスタントの葬儀

プロテスタントは16世紀の宗教改革で誕生した比較的新しい宗教です。フランシスコ・ザビエルによって日本に伝えられたキリスト教はカトリック派でしたが、日本が鎖国政策を敷いたことでキリスト教の勢力は弱まりました。そして、開国後の1873年に「キリシタン禁制の高札の撤去」や大日本帝国憲法の制定によって、宗教の自由が保障されたあたりからプロテスタント派のキリスト教が普及しはじめました。

プロテスタントの葬儀は、故人ではなく神に祈りを捧げて遺族を慰めるという目的で執り行われるため、比較的柔軟であり他宗教の人であってもキリスト教式葬儀ができます。また、葬儀は牧師が執り行います。

プロテスタントの葬儀では通夜に当たる前夜式に牧師を呼び、賛美歌の斉唱や聖書の朗読、祈り、説教、感話などが行われます。最後に献花をして終了します。

葬儀当日は聖書朗読や祈祷・賛美歌の斉唱、牧師による説教、弔辞弔電、祈祷、オルガン演奏、出棺の祈り、献花、出棺という流れが一般的ですが、教派や教会によって異なるケースもあります。

まとめ

仏式葬儀とキリスト教式葬儀の違いを紹介しました。キリスト教はカトリックやプロテスタントというようにいくつかの宗派に分かれ、それぞれでお葬式の流れや形式も大きく異なります。キリスト教葬儀を専門で執り行っている葬儀社もありますので、キリスト教式葬儀を検討されている方、キリスト教式葬儀に参列の予定がある方はご相談してみてはいかがでしょうか?

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (12)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す