はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

大掃除ついでにプチ終活?専門家に聞いてみた!賢い生前整理の仕方

「終活」という言葉を聞くようになって久しいですが、実際に行動を起こしている方はまだ少ないのではないでしょうか?

中でも一番面倒なのが「生前整理」かもしれません。好きで集めてきたコレクション類や、趣味のカメラやゴルフ用品、ついつい買ってしまうブランド品のバッグや時計などなど…。

自分では思い入れがあるにも関わらず、もしもの時、遺された家族にとってはその価値や処分方法が分からず悩みのタネになることも。今回はそんな貴重品の買取りについて、リサイクル・リユース業界のプロ、マーケットエンタープライズさんに話を聞きました。

平成最後の大掃除。妻や夫に内緒で買ったフィギュアや釣り道具、美容器具などの中に、意外なお宝が見つかるかもしれません。

 

 

生前整理はするべき?

 

ーー 生前整理のメリットとは、何でしょう?

 

ご本人様が他界された後、遺された愛用の品々は、通常、配偶者様やお子様が受け継ぎます。しかし、その手続きや遺品の整理には大変な労力が必要となり、ご遺族の大きな負担となります。

趣味で集めた品や思い入れのある品であっても、遺書などで故人様の遺志が明確にされていない場合には、遺されたご家族が、それこそ手探りで遺品の整理が行います。

 

どんなに価値のある品であっても、故人様のご希望に沿った整理がなされないことも少なくありません。

反対に、ご自身で整理を行うことができれば、大切な品々の行く末に、その希望を叶えることができます。またもしもの時、ご遺族にとっても精神的・身体的な負担を軽減させることもできます。

さらに現金化することで、最終的な処分にかかる費用を抑えられます。なおかつ、生前整理をすることで、これからの余生をコンパクトに快適に送ることができるのもメリットです。

 

 

ーー 「〇〇歳になったら生前整理を始める」といった目安はありますか?

 

その方の人生にもよるため、具体的に決まった年齢はありません。

ただ、生前整理の失敗事例としては、ご本人様の意思能力が低下した後、ご親族から代理で生前整理のご依頼をいただいたことがありました。

せっかく、生前に整理を始めようとされていたにも関わらず、ご本人とご家族とのコミュニケーションが困難な状況があったようで、ご家族は大変な思いをされていました。

あらためて、お元気なうちから始める生前整理の重要性を考えさせられた出来事でした。

 

 

ーー 生前整理をしている方はどのくらいいるのでしょうか?

 

経済産業省公認団体「全国石製品協同組合(全石協)」という業界団体の40~70歳の2,000名を対象にしたインターネット調査では、終活を行なっている人は全体の11%です。「終活」とひとことで言っても、行なっている内容は人それぞれでしょうから、果たしてこの中のどのくらいの方が実際に生前整理を行っているのかはわかりません。

また、環境省のデータ(平成27年リユースの市場動向調査結果)では、60歳以上の方の自らが使わなくなった製品の売却・引き渡し経験は、「過去1年間で利用したことはない」が69.2%と年代別で最も多いです。

こうした調査結果を見ると、多くの方が大切なお品を「整理しない」か「不用品回収業者などに引き渡してしまっている」というのが現状です。

 

 

買取される品物ってどんな品?

 

ーー 買取依頼の多いものや、高く買取してもらえるものはありますか?

 

家電、PCタブレット、オーディオ、カメラ、楽器、鉄道模型などはいつも多くのご依頼をいただいております。特に、趣味趣向品に関しては、何度もリピートいただいているお客様も少なくありません。

査定価格については、カテゴリや商品に限らず、査定は「市場相場」「コンディション」「需要」を見て判断します。

もちろん「購入した時の価格」は参考の一つにはいたしますが、それだけではありません。

当時は価値がまったく無かったものも今では価値の付くものなどもあり、意外な発見もあるかもしれません。

 

また、コレクターが多いジャンルでは、古い品でも価値が下がりづらい傾向があります。

例えば、ブランドバッグや時計、オーディオ、楽器、ホビーなどはメーカーも製造を中止したことで希少価値がつくことも多くあります。

先日も、製造から20年ほど経つオーディオプレイヤーを取り扱わせていただきましたが、当時あまり人気のなかったメーカーにも関わらず、今ではその希少価値から値段が高騰し、発売当時の新品と同じくらいの金額で取引されたということもありました。

もしかしたら、お客様のご自宅にも「名品」が眠っているかもしれません。

 

 

ーー 反対に、買い取ってもらえないのは?

 

まず、レンタル中やリース中、ライセンス契約の残る品や、分割でのお支払いが完了していない場合などは買取をお断りしています。

また、製造より長期間経過した冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの家電製品や、ベッドなど一般的な家具は買取が困難です。

査定については専門家の判断が必要です。詳しくは専門家にご相談いただくのが間違いないでしょう。

 

 

ーー 高く買い取ってもらうポイントはありますか?

 

高い値段で買い取られるものはやはり「きれいで状態の良いもの」です。

引き渡す前にホコリや汚れなどをきれいに清掃するだけでも、査定担当者の印象も変わってくると思います。

また、新製品が発売されるタイミングや、エアコン、暖房機器などの季節に関係するような品は需要が高まる少し前に売却するのがおすすめです。

 

 

ーー 買取を依頼する際に気を付けることはありますか?

 

パソコン、タブレット、スマホなどを処分する際には、セキュリティ面の注意が必要です。

これらは、重要なデータを消したと思っていても、実は残っている場合が非常に多いです。個人情報などは外部に漏れてしまうと悪用される恐れもあります。買取に限らず、「もう使わないから」と安易に譲ってしまうのは危険です。

当社では上場企業として個人情報のお取り扱いなどは厳重に行っています。「データ消去センター」を設立し、専門のスタッフが買取したパソコン・スマートフォンをすべて米国立標準技術研究所準拠(NIST方式)のもと、データを徹底的に消去しています。

 

 

ーー 買い取りはどのように行われるのでしょうか?

 

当社の場合は、WEBからのお申込みが人気ですね。またご年配の方などは、お電話でのお申込みも好評です。

家庭にあるたくさんの荷物の中から「今、価値が有るもの・無いもの」の仕分けは、大変難しいです。たくさんのカテゴリに合わせて、複数社に見積りを依頼するのも大変な労力がかかります。

当社の場合、ジャンルごとに29の買取専門サイトを用意しているだけでなく、それ以外のものも電話一本でおおよその金額などもお伝えできます。店頭・宅配・出張買取という買取方法で全国対応しています。

 

 

ーー ところで、査定にお金はかかりますか?

 

それぞれの業者にもよりまするかもしれませんが、当社では無料で何回でも査定します。

1点からの査定もできますし、品数が多い場合には、特に気になる品を5品目程度、選んでいただいて、名称や状態などをメモした状態でご連絡をいただければ、ある程度のご案内はさせていただきます。

 

宅配買取は、お客様自身が集荷の手配をする必要があるものや、梱包作業を自ら実施する必要があるなど手間のかかるものもありますが、当社では当日14時までに査定金額にご了承いただいた場合、当日18時~21時の間で集荷をさせていただく「スピード集荷」というサービスもあります。梱包もドライバーが梱包材を持ってお伺いいたしますので、お手間をかけることはありません。

 

店頭買取であれば、当日の買取も可能ですし、宅配買取の場合でも、数日のお時間で対応いたします。年末年始や引っ越しシーズン、土曜祝日は大変込み合いますので、早目の相談がコツですね。

 

 

ーー ありがとうございます。

 

まとめ

一昔前は捨てるか譲るかしか選択肢がなかった不用品処分も、インターネットの普及とともに、さまざまな方法を選べるようになりました。

電話や画像送信だけで査定してもらえたり、出張買取や自宅から送って売れる宅配買取という手段も定着してきて、いまや家に居ながらでもものが売れる時代です。

これらのサービスは、体力が衰えて片付けが大変なシニア世代はもちろん、働き盛りで忙しい現役世代にもありがたいシステムと言えるでしょう。

遺された家族に迷惑をかけず、また、その価値を分かってくれる誰かに託すことができれば、その生前整理は成功です。

大掃除のこの時期、せっかくのこの機会に、自分に合った上手で賢い生前整理の方法も探してみてはいかがですか?

 


今回取材に協力してくれた会社

 

株式会社マーケットエンタープライズ

販売店舗を持たずにインターネットを通じて、商品の買取から販売を手掛けるネット型リユースサービスを中心展開しています。手持ちのものを売って新しいものを購入するリユースサービスや買わずに「借りる」レンタルサービスなどを、新品購入に限らない選択肢「賢い消費」を提案・推進しています。

マーケットエンタープライズが展開する買取専門サービス「高く売れるドットコム」はこちら(外部サイトにリンクします)

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す