はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

東京の火葬場はどこにある?料金など一挙紹介!

葬儀にはさまざまなスタイルがありますが、日本では多くの方が火葬の後にお墓に入ることを選択しています。火葬にあたっては火葬場に届けを出して対応してもらう必要があります。

ここでは、東京都内の火葬場の場所や種類、利用のルールなどを紹介します。

葬儀場、火葬場、斎場は混同しやすいですが、どう違うのか整理をしてみます。

葬儀場

お通夜や告別式などを執り行う式場です。近年ではセレモニーホールやメモリアルホールなどという呼び方もされています。

火葬場

ご遺体を火葬するための施設です。葬儀場と併設されている火葬場もあります。

斎場

もともとは、日本古来からある神道の宗教儀式を執り行う式場を表していました。近年では葬儀場を斎場と呼んだり、火葬場のことを斎場と呼ぶこともあります。

火葬場の種類について

火葬場には公営施設と民営施設があります。公営は各地の自治体が運営していることもあり、民営よりも安価な料金で利用できます。

故人がその自治体の住民だった場合は無料で利用できる火葬場もあります。住民以外の方は少し割高の料金で利用できますが、住民以外を受け付けない火葬場もありますのであらかじめ確認が必要です。

一方、民営はどなたでも利用できます。一般的に公営の火葬場より高めの料金が設定されています。

火葬場を利用するポイント

火葬場を決め、利用するには予約が必要ですが通常、葬儀を依頼した葬儀社が火葬場の予約を行ってくれます。

また、火葬場によっては、ホームページなどで空き状況やお休みの日が確認できる施設もあるので活用すると便利です。

また火葬場を利用するにあたっては各地の自治体が発行する「火葬許可証」が必要です。役所に死亡届を出した際には必ずもらいましょう。

また、葬儀場と火葬場が離れていると移動の時間や霊柩車の手配など、手間や費用がかかります。費用を抑えたい場合は葬儀場と火葬場が併設されている会場を選ぶこともおすすめです。

東京にある公営の火葬場

東京都内には以下のような公営の火葬場があります。それぞれの火葬場の場所や火葬料金を紹介します。

23区内:2ヵ所あります。※火葬料金は、平成30年4月現在のものです。

・臨海斎場(大田区)

港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区民 40,000円(12歳以上)

上記以外の住民の方        80,000円(12歳以上)

・瑞江葬儀所(江戸川区)

東京都民           61,000円(7歳以上)

東京都民以外     73,200円(7歳以上)

23区外:8ヵ所あります。※火葬料金は、平成30年10月現在のものです。

・府中の森市民聖苑(府中市)

府中市民           無料

府中市民以外      利用不可

・立川聖苑(立川市)

立川市、昭島市、国立市民 無料

上記以外の住民の方          80,000円(12歳以上)

・南多摩斎場(町田市)

八王子市、町田市、多摩市、稲城市、日野市民          無料

上記以外の住民の方          50,000円(12歳以上)

・八王子市斎場(八王子市)

八王子市民        無料

上記以外の住民の方          喪主が親族であり八王子市民の場合のみ利用可 50,000円(12歳以上)

・瑞穂斎場(西多摩郡瑞穂町)

瑞穂町、福生市、羽村市、武蔵村山市、入間市民       無料

上記以外の住民の方          80,000円(12歳以上)

・ひので斎場(西多摩郡日の出町)

あきる野市、日の出町、檜原村、奥多摩町民 10,000円(12歳以上)

上記以外の住民の方        80,000円(12歳以上)

・青梅市火葬場(青梅市)

青梅市民           無料

上記以外の住民の方        80,000円(12歳以上)

・日野市営火葬場(日野市)

日野市民           無料

上記以外の住民の方        50,000円(10歳以上)

23区外(島):数ヵ所あります。

伊豆諸島や小笠原諸島の島々に公営の火葬場があります。各火葬場の位置などの詳しい情報は自治体のホームページなどで確認してください。

東京にある民営の火葬場

23区内:7ヵ所あります。※火葬料金は、平成30年10月現在のものです

・町屋斎場(荒川区)    59,000円(大人・最上等)

・落合斎場(新宿区)    59,000円(大人・最上等)

・代々幡斎場(渋谷区) 59,000円(大人・最上等)

・四ツ木斎場(葛飾区) 59,000円(大人・最上等)

・桐ヶ谷斎場(品川区) 59,000円(大人・最上等)

・堀ノ内斎場(杉並区) 59,000円(大人・最上等)

・戸田斎場(板橋区)    59,000円(大人・最上等)

23区外:1ヵ所あります。※火葬料金は、平成30年10月現在のものです

・株式会社日華多磨葬祭場(府中市)          59,000円(大人・最上等)

火葬の準備や手続きは意外と手間がかかる

葬儀の日程を決める際、まず確認するのが火葬場の空き状況です。通常、火葬場の予定と宗教者の都合、そして喪主や遺族の予定によって葬儀の日程は組まれます。

仮に個人で火葬場を予約するとしても、突然の訃報に際してじっくり火葬場選びをするのはまず難しいでしょう。利用にあたっても、火葬場ごとにルールがあるため手順を確認する必要があります。

また、火葬の申し込みには役所の発行する書類が必要です。書類を忘れてしまうと揃えて出直すことになります。葬儀全体でさまざまな手続きや準備が必要なので、ひとつひとつに注意を払うのは意外と手間がかかります。

やはり、葬儀に詳しいその道のプロに相談することもおすすめです。葬儀社にはさまざまなセットプランが用意されています。葬儀のスタイルや式典の流れ、葬儀場や火葬場の手配など、故人や遺族の意向にかなったプランがきっと見つかります。個別に手配をする手間や時間も抑えられ、「うっかり」のミスも防ぐことができます。

まとめ

故人と悔いのないお別れができるように、葬儀にはさまざまな準備が必要です。突然の訃報に気を落としたり、悲しみにくれたりする余裕もないほどです。いい葬儀社では、葬儀に関わるさまざまなことに対応しています。葬儀場と火葬場が併設されている斎場をはじめ、東京都内の葬儀場のご案内も行っています。お悩みをお持ちの方や、お見積りをご要望の方は、まずはお気軽にご相談くださいませ。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す