はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

戒名は絶対に必要?戒名の意味やお布施の目安

戒名とは、仏弟子となった証として故人に送られる名前の総称として用いられています。本来は生前に授かっておくべきものとされていますが、実際は、お寺にお金を支払って授けてもらうのが戒名と思われる方も多く、金額も高ければ高いほど良い戒名を授けられると考えている方もいるようです。

戒名とは?

戒名とは、仏弟子となった証として故人に送られる名前の総称として用いられています。宗派によってもその考え方は異なり、浄土真宗系の宗派では法名、また日蓮宗系の宗派では法号といいます。

本来の戒名とは、亡くなってから付けられる名前ではありません。俗名を捨てて仏弟子になった証として出家の際に与えられるもので、生前に授かるものでした。後に出家をしない、在家のままでも授戒会に参加することで戒名を受けられるようになり、さらに生前、戒名を受けそこなった人も葬儀の際に戒名を授けるようになりました。

戒名が広まったのは江戸時代から?

現在のような戒名は、日本独特のものといわれています。仏教が始まったインドでは、戒名というものはなく、中国に仏教が伝わってはじめて戒名が登場したと考えられています。

日本で戒名が広がるようになったのは位牌との関係があるといわれています。位牌の由来は中国の儒教の習わしの中から生まれ、それが仏教でも用いられるようになって、日本に伝わりました。

今のような戒名が登場したのは江戸時代といわれ、当時は身分によって授かる戒名にも差がありました。この当時から、裕福な人がお金でより位の高い戒名を求めるということもあったそうです。

戒名にかかる費用の目安

一般的な戒名を授かるにはどのくらいのお布施が必要なのでしょうか?

そもそも戒名料といった考え方はなく、葬儀のお布施に含まれる場合もあれば、戒名のお礼として葬儀のお布施とは別にお渡しする場合などそれぞれの寺院によっても異なります。

お布施なので、戒名にも決まった金額があるわけではありません。またお寺との関係によっても異なりますが、おおよその目安としては、30万円~50万円ほどかかると言われています。

また戒名にはランクがあり、ランクが上がるにつれ金額も上がるのはよく知られています。

戒名の種類とお布施の目安

信士(しんじ)・信女(しんにょ):

お布施の目安 10万~50万円

信士・信女とは、仏教に帰依した人に授けられます。清という文字を付けて清信士・清信女という場合もあります。仏教の言葉で清信とは、煩悩の穢れのない、正しい信仰を持っているという意味があります。

 

居士(こじ)・大姉(だいし):

お布施の目安50万~80万円

居士は、出家をしないで仏門に帰依する(在家)男性のことを指します。またインドでは古く家長や、富豪といった意味もありました。女性の場合は大姉となります。これは身分の高い在家の女性を指します。

また、居士に大を付けて大居士という戒名もあります。

 

院号:

お布施の目安 100万円~

院号とは、もともとは天皇が退位した後に居住した別院の名前という意味があります。また、寺院につける名前でもあります。戒名に用いられるようになったのは、寺院を建立した人を敬って院号で呼ぶようになったことに由来しているといわれています。

 

院殿号:

お布施の目安 不明

院殿号は、戒名の中でも最もランクの高いものとされています。身分の高い貴族や武士につけられたといわれています。

 

これらの目安はあくまでも一例であり、実際にはお寺との関係性によるものです。

しかし、お布施とはいえ、決して安い金額でないのは事実で、生前に功績を残したとか、名家の生まれである、高貴な身分であるといった故人の存在価値を死後にも残したいという場合は別ですが、本来仏道には死後のランクなどなく、みな平等であると説いているのにと違和感を持つ方もいらっしゃるようです。

戒名の歴史がある日本では、死後の戒名の意味に賛同する方も多く、代々のお墓を守る上で引き継がれていくべきと考えられるのも間違いではありません。

祖先の遺志を継承する大切な伝統ともいえます。

戒名は絶対に必要?

戒名が必要か否か?ということについては、それぞれの考え方、また信仰している宗教にもよります。

日本で行われる葬儀のほとんどが仏式での葬儀のため、この場合は通常、戒名がなければ葬儀は執り行うことができません。

しかし、無宗教の葬儀の場合、俗世の名前「俗名」で葬儀を執り行いますし、場合によっては俗名を位牌に名入れすることもあります。また、神道の神葬祭やキリスト教式の葬儀ではそもそも戒名はありません(神道の場合は、戒名に相当するものとして、「諡号(おくりな)」「霊名」はあります)。

このように、葬儀を執り行うということだけを考えれば、仏式以外の葬儀を行えば戒名は必ずしも必要ではありません。

戒名を授からない場合のデメリット

一方で、葬儀の後、納骨のことまで考慮すると、戒名がないと困る事態になる場合もあります。

例えば、菩提寺がある場合には、「戒名がなければお墓に入れない」といった問題も起こり得ます。昔からお付き合いのあるお寺がある、お寺にお墓があるといった場合は、戒名は必要と考えた方が間違いはないでしょう。

先祖代々のお墓に入る場合、お墓は菩提寺の土地を借りて建てられているため、菩提寺のルールに従う必要性があります。

さらに、戒名があれば納骨できるかというと、それも一概には言えません。

菩提寺以外のお寺で戒名を授かる、または自分で戒名を決めたといった場合、菩提寺がその戒名を受け入れてくれるという保証はありません。場合によっては菩提寺から納骨を拒否される、改めて戒名を付け直さなければならなくなるといったこともあります。

戒名が不要な場合はどうすればいい?

戒名をつけなかった有名人には、俳優の平幹二朗さん、実業家の白洲次郎さん夫妻などがいます。

戒名を必要としない場合は、公営墓地や宗旨宗派不問の民営墓地、さらに永代供養墓や納骨堂など、仏教徒以外でも納骨することができる墓地を選ぶ必要があります。

このような場合、もともとあった菩提寺のお墓を墓じまいをして、新しいお墓に改葬、新しいお墓に移って先祖と一緒にお墓に入るといったケースもあります。

まとめ

戒名の必要性についてはさまざまな考え方がありますが、仮にその時はいらないと考えても、後々、戒名があればよかったと思い返すこともあるようです。

可能であれば生前に菩提寺と相談しながら戒名を授けていいただく、またお布施の目安を伺う、ある程度の希望などを伝える、葬儀社に間に入っていただくなどして、無理のないかたちで戒名を授与していただけるといいですね。

「いい葬儀」でも戒名などのご相談を承っています。お気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す