はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

今さら人には聞けない正しい献杯の挨拶

献杯とは、お葬式や法事で故人に対して杯をさす行為を言います。大人の付き合いが増えると、この「献杯」という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。祝いの席でする行為ではないので、なるべく適切な方法で行いたいものです。今回は献杯の流れやどんな挨拶を誰が行うのか、さらには献杯の挨拶でのマナーなどについてお伝えします。

献杯とは

献杯とは、杯を捧げて相手に敬意をはらうことを言い、お別れの会や法事などの場では、故人の死を悼んで杯を捧げることを指します。「献」という字には、目上の人に奉る、神仏にお供えをするという意味があります。

 

献杯の大きな流れとしては、まず参列者全員に飲み物がいきわたるよう準備をします。続いて献杯の挨拶・スピーチがあります。挨拶の最後「献杯」の掛け声とともに、参列者はグラスを捧げ、飲み物を飲みます。

 

献杯のタイミングは、お別れの会、法事などその式次第によっても異なりますが、出席された方が着席後に献杯を始めるのが一般的ではないでしょうか。喪主や司会者は参列者の動きを見極めながら準備を進めていきます。

献杯を行う前には、故人のコップに飲み物を注ぎ、その方を偲びます。そしてテーブルにあるアルコールやソフトドリンクをすべてのコップに注いでいきますが、自分のコップに自分で注ぐのではなく、近くにいる方と注ぎ合います。

地域の習わしによっては、遺族が出席した方の席を回って一人ずつ飲み物を注いでいくこともあります。アルコールをコップに注ぐ際は、アルコールが飲めない方や運転などでお酒を控えている方もいるため、注ぐ前にひとこと声を掛けるのがポイントです。

また、スピーチが終了次第、飲み物を口にするので、献杯のスピーチの中盤までには、すべての方のコップに飲み物が注がれている状態が望ましいです。スムーズな進行のためには、段取りをきちんと行っておくことが重要です。

スピーチの後、「献杯」の声掛けをし、コップを持ち上げ、出席した方々も続いて「献杯」と言ってから注がれた飲み物を飲みます。「献杯」と言う時は、故人に対し哀悼の意を込めて行います。

献杯は誰がやる?

献杯の時に悩むのが、「スピーチを行う人の選定」です。

しかし、一般的には献杯を仕切る人に決まりはありません。当日にスピーチをお願いする場合もあります。お別れの会など、遺族からお願いをされるだけでなく、時には亡くなった故人から生前に頼まれているといったこともあります。

遺族にとっては、葬礼の当日、献杯のスピーチを誰に頼むかを悩むかもしれませんが、献杯は亡くなった方へ向けるものなので、その方と縁のある方を選ぶとスムーズにいきます。今は家族や近親者のみで葬礼を行う場合もあるので、喪主が自ら献杯を行ったり、亡くなった方の兄弟にお願いすることも珍しくありません。

献杯の挨拶例

献杯のスピーチは、それをする方の立場によって内容が異なりますので、自分が故人とはどのような関係であったのかを、スピーチのはじめの部分で伝えておくと、聞き手にとっても理解しやすいです。司会者がいるような場合には、紹介してくれるのが通例です。

スピーチをする方が故人の身内の場合、故人からみた自分の立場(息子・妻など)を名乗り、出席をしてくださった方へお礼の言葉を述べます。そして、故人の思い出を語ってもらえたら嬉しい旨などを伝えます。

また、スピーチをする方が故人にとって友人などの場合は、その時の心境や故人との思い出などを述べます。

そして最後に締めくくりとして「献杯」と、出席している方へ献杯を促します。

献杯の挨拶でのマナー、気を付けること

献杯には最低限の決まりがあります。

まず献杯のスピーチを行う場合、1~2分程度のスピーチにまとめます。長くなってしまう時は、葬礼で疲れている方たちへの負担を大きくしてしまうため、ある程度スピーチの内容をまとめておくことが望ましいです。

 

スピーチの内容には、故人に対して懐かしく感じる想いや、先に絶たれてしまった残念な気持ちなどを込めます。また、遺族に対して慰める言葉も含めるようにしましょう。

献杯は祝いの席で行う乾杯とは異なり、賑やかな雰囲気を出さずに静かに行うのがよいとされています。

例えば、乾杯のようにコップを高く持ち上げて大きな声を出すことをせず、男性なら片手で持ち、女性なら両手で持ち下に手を添え、「献杯」と静かに言ってコップを持ち上げます。コップを持ち上げる際は、高く上げずに顔のあたりまで軽く持ち上げるようにします。

 

また、飲み物を飲んだ後は拍手をすることはありません。乾杯と混同すると思わずやってしまいがちなコップを打ち合わせることも、献杯ではやってはいけません。コップは合わせずにお互いに軽く持ち上げる程度にするといいでしょう。

献杯では、スピーチにも亡くなった方やそのご家族に向けて哀悼の意が込められているので、終わるまで食事に手を付けず、献杯のスピーチに耳を傾け、その方について一緒に偲ぶようにします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

献杯は、乾杯とは異なり厳かに行われる儀式です。亡くなった方を偲ぶことはもちろんのこと、そのご家族への労わりも忘れずに哀悼の意を示すことも、弔いの場では大切です。突然出席する立場やスピーチをする立場になっても、流れや決まりを知っておくだけでより適切な対応ができるでしょう。

献杯を含め、「葬儀関連の仕切りを遺族だけで行うのは難しい」「誰かに相談したい」という方は、一度お問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (5)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す