はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

喪主の代行について

喪主とは、葬儀の主催者です。大切な方を亡くした悲しみの中で、責任のある喪主を務めることになったら、多くの方はとまどうことでしょう。心労のあまり、ご自身の体調をくずしてしまう方もいます。また、喪主にあたる方が未成年の場合は後見人などが代理を務めます。
ここでは、喪主の役割や心得のほかに、喪主の代わりを頼む場合についてもご紹介しています。

喪主(そうしゅ・もしゅ)とは、葬儀の主催者で、遺族の代表者として葬儀を取り仕切る人をいいます。葬儀を取り仕切りながらも、弔問客に向けて挨拶を行ったり、参列してくれたお礼を述べたりすることも重要な役割です。

喪主と混同しやすいものが施主ですが、施主とは喪主のサポート役です。葬儀にかかる費用を負担し、さまざまな手配を行います。どちらかというと裏方のような役割を果たすため、表には出ません。しかし、個人で行う葬儀は施主と喪主を兼務することが多いようです。

>>喪主の役割や挨拶例

喪主の代理を頼む場合とは?

喪主を務める人については特に決まりはありませんが、故人と近い間柄の人が喪主になるのが一般的です。多くは故人と生活を共にしていた世帯主が務める、また、世帯主が亡くなった場合などは、その配偶者や子が喪主を務めます。

しかし、喪主にあたる人が喪主としての務めが果たせない場合は、親族などが代わりを務めます。

主な理由としては、喪主が病気やケガをしている場合や、訃報のショックで気落ちしている場合です。このように身体的や精神的に喪主を務められない場合は代わりの人を立てます。

また、高齢のため喪主の任に堪えられない場合や、喪主が未成年の場合にも後見人などが代わりを務めます。

喪主の代理が見つからない場合の対処法

基本的には血縁関係の濃い順番に喪主の代理を探します。見つからない場合は、故人をよく知っている友人や、入居していた施設の関係者などが代理をしてくれる場合があります。孤独死や孤立死、直葬の場合など、遺族等なかなか喪主に該当する方が見つからない場合は、葬儀社が喪主を代行することもあります。

現在では少子化や核家族化の影響もあり、故人の後継者や血縁関係者が少ないケースがあります。終活の影響も手伝って生前に葬儀から納骨まで予約をされる方も増えており、あらかじめ葬儀社に喪主の代行を依頼されている場合もあるようです。

>>【孤独死・孤立死について】より深刻なのはどっち?予防策はあるの?

喪主代行がやるべきこと

喪主は悲しみにくれる時間もないほど、葬儀に関わるさまざまな段取りを行わなければなりません。喪主の代行を引き受けた場合もまた、喪主と同様に限られた時間の中、優先順位を決めて手際よく動く必要があります。

喪主代行をどの時点で引き受けるか、またどのような規模の葬儀を行うかにもよりますが、葬儀の準備のだけでなく、さまざまな手続きが発生する場合もあります。すべてを独りで抱え込んでしまうと、負担も多く、見落としや二度手間が発生したりする恐れもあります。無理はせず、信頼できる世話役や葬儀社も上手に頼るのが、喪主代行のポイントです。

喪主代行が葬儀の準備の前にするべきこと

病院や施設で亡くなられた場合、ご遺体の搬送先を決めます。葬儀社に依頼する場合は連絡をして迎えにきてもらいます。次に、役所に死亡届を出します。このときに「死亡診断書」が必要です。死亡届を出さないと「火葬許可証」がもらえません。予定していた日に火葬ができない事態にならないように、必ず発行してもらう必要があります。

お通夜や葬儀・告別式の準備

葬儀の規模や形式を決めるため、参列者の人数の見込みを立てます。その後に菩提寺や火葬場のスケジュールを確認し、お通夜や葬儀・告別式の日程を決めます。日程が決まったところで関係者に葬儀の日取りや場所を知らせます。

葬儀の内容や流れは、葬儀社などと相談して決めます。供物の配置や通夜ぶるまい、返礼品の内容なども決めます。また、受付や弔辞をお願いする人を選定し、あらかじめお願いしておくとスムーズにことが運びます。

お通夜や葬儀・告別式で行うこと

実際にお通夜や告別式がはじまると、司会者の進行で式が進みます。喪主代行は弔問を受けて挨拶をします。また、お通夜では弔問客や菩提寺の住職に食事やお酒を振る舞う、通夜振る舞いを行います。

最後のお別れに行うこと

告別式が終わると、出棺し、遺族と近しい親族で火葬場へ向かいます。通常、喪主代行も同行します。

納めの式を経て火葬をします。火葬が済むと骨上げの式がはじまります。順に2人1組で遺骨を壺に納めます。地域や宗派によっては、その日のうちに埋葬する場合もありますが、遺骨は四十九日法要まで自宅に安置することが多いようです。

なお、地域によっては前火葬といって、葬儀の前に火葬を行います。

>>葬儀日程について。お通夜・お葬式・法事法要のスケジュールはどうやって決めるの?

葬儀後に行うこと

葬儀の費用の清算や香典返しを行います。香典返しは四十九日の法要後から遅くとも2週間程度の間に届けられるように準備をします。

四十九日の法要も葬儀社などと決めます。日時や場所、内容が決まった時点で参列者に知らせます。なお、納骨が済んでいない場合は四十九日の法要で行います。お墓の用意がない場合は準備をしておく必要があります。

まとめ

葬儀の際は喪主が責任のある立場であれこれと仕切る必要があります。しかし、喪主が高齢であったり未成年であったり、あるいは体調面での理由などで務めを果たせない場合があります。このような場合は、無理に喪主を務めるよりも喪主の代理をたてることをおすすめします。
お葬式のお困りごと、またお悩みがある方は、「いい葬儀」にお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す