はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

霊璽について

霊璽(れいじ)とは、神道に則って故人を家庭で祀る際に、その御霊を移す依り代となるものです。仏教における位牌に相当するもので、御霊代(みたましろ)とも呼ばれます。霊璽には位牌における戒名と同様に霊号を文字入れし、仏壇に相当する祖霊舎(それいしゃ、みたまや)に安置します。

この記事では、霊璽の意味や形式、種類、家庭での祀り方や、祖霊舎についても詳しく解説します。

神道では、霊璽には亡くなった人の御霊が宿るとされています。そのため、神式の供養においては、もっとも丁重に扱うべきものとなります。霊璽には、霊形、神主、霊代、霊主などの呼び方もあります。

その由来は中国の儒教における祖先への崇拝です。これは先祖の霊魂が家族を守り、今を生きる人の生活に大きく影響を与えるという思想です。

そこで、祖先の霊を霊璽に移してお祀りし、家族を守ってもらうのです。木主(もくしゅ)と呼ばれる白木の柱に故人の霊号を記し、ふたをします。鏡や笏(しゃく)、また故人の遺品を霊璽として用いることもあるようです。

 

霊璽は、地域によっては、葬儀の時点では仮のものを使うこともあります。その場合、仏教の四十九日にあたる五十日祭までに、正式なものを用意します。仮の霊璽は神社で焼納してもらいますが、焼納はお焚き上げに当たります。

神道では、五十日祭の次の日に清祓いの儀があり、その時点で忌が明けます。

清祓いの儀では、神棚と祖霊舎にかけられた白紙を外し、霊璽に覆いをかぶせて祖霊舎の内扉の中に安置します。祖霊舎は仏教の仏壇に当たり、神棚よりも低いところに設置します。

このように仏教と神道では、似ている行事や道具がたくさんあります。これは前述したように、儒教の祖先信仰に影響を受けながらどちらも発展してきたことを意味しています。

霊璽の形と種類

霊璽は基本的には位牌と似た形をしていますが、漆や色は塗りません。白木の木主に霊号を記します。木主の上に木製のふたをし、その上に錦覆(にしきおおい)と呼ばれる金襴の覆いをかぶせるなどします。

霊璽に覆いをする理由については、神道において、霊璽は御霊の依り代だからということがあります。霊的なものを生きている人が直接目にすることはできないとされているため、霊璽をみだりに開封することは、できるだけ慎んだ方がよいという理由です。

普段の生活のなかで霊璽の覆いを外すことはありませんが、仏教のお彼岸にあたる春秋季例祭や、お盆にあたる中元祭などでは、外してお祀りすることもあります。

霊璽の材料は?

霊璽や祖霊舎の材料については、白木造りということからヒノキ材が好まれます。ほかにはセンノキやヒバ、ケヤキなども使われますが、とくに決まりや優劣があるわけではありません。それほど高価なものでもなく、価格が1万円を超えることはほとんどないようです。

複数の御霊をまとめる霊璽?

通常、故人や先祖ひとりの御霊につき、霊璽は1本用意します。しかし近年では住宅事情もあり、10人程度までまとめることのできる「繰り出し」タイプの霊璽もあります。これは祖霊舎のスペースが限られていたり、数家族分の御霊を預かっていたりする場合に役立ちます。

霊号の入れ方

霊号は仏教の戒名や法名に当たり、神職の人に命名してもらいます。生前の名前に続けて、「~霊」「~之霊」「~霊位」「~命」などとします。場合によっては男性なら「大人(うし)之命」、女性なら「刀自(とじ)之命」(40歳以上の男女)などの尊称を付け加え、霊号とします。この尊称は例えば年齢によって、15歳以上の男女の場合、男性なら「彦(比古)」、女性の場合は「姫(比売)」、さらに若い場合は男性に「若子(わくご)」、女性に「少女(おとめ)」するようです。

霊号は木主の表に記します。裏には亡くなった日付を入れ「帰幽享年何歳」というように、亡くなった時の年齢を入れます。並べて誕生日を入れる場合もあります。

 

霊号の付け方は地域などによっても異なりますが、仏式の戒名や法名、法号とは異なり、その付け方はシンプルです。仏教では生前の名前は俗名と言って切り離されますが、神道では神様や親から授かった大事なものとして、そのまま霊号に使われるからです。

 

>>仏式と神式、葬儀の違い

霊璽の祀り方

神道では、祖先の霊を霊璽に入れて家族を守ってもらうため、毎日のお祀りは欠かせません。霊璽へは、神棚や神社でするのと同じように、二拝二拍手一拝(2回お辞儀をして、2回柏手を打ち、また1回お辞儀をする)で拝礼します。順番としては神棚が先で、祖霊舎が後になります。

 

祖霊舎は神棚とは別に作り、吉祥の方角とされる南か東に向けて設置します。朱に塗るのは避けるべきとされています。毎日の参拝では、外扉は開けたまま、霊璽の納まっている内扉は閉めたままにしておきます。また、神棚に上げるのと同じように、米や塩、水、お榊などの供物を用意します。季節の食材や故人の好物などをお供えしても良いでしょう。

 

なお、その家で死者が出た場合は、神棚はその忌が明けるまで封印されます。神道では死は穢れにつながるとされるからです。これを「神棚封じ」と言い、神棚に白紙を貼って封じ、忌が明けて霊璽が祖霊舎に納まったら剥がします。このとき穢れを近付けないという意味から、故人からなるべく縁の遠い人に解いてもらうと良いとされます。

 

>>神棚封じとは

まとめ

神道で故人を家庭で祀るには、霊璽や祖霊舎が必要です。霊璽は故人の御霊が実際に宿るとされる神具なので、とくに丁重に取り扱わなければなりません。また霊璽には素材や納める御霊の数、覆いの有無などによって、いくつかの種類があります。どのような霊璽を購入すればよいか、どのようにお祀りすればよいかなどでお悩みの際は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

 

>>神道の葬儀 神葬祭について

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す