はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

「はじめてのお葬式ガイド」では、終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

霊柩車と寝台車。その役割と違いは?

霊柩車とは、故人を運ぶために使われる車のことです。昔は輿(こし)を用いるなど人力で故人を運んでいましたが、車が普及したため輿のデザインを用いた宮型霊柩車が登場。さらに時代が進むにつれて霊柩車のデザインも変化しています。また、遺体の搬送には寝台車と呼ばれる車もあります。ここでは霊柩車の種類、寝台車との違いや、霊柩車の製造、最近見かけなくなった宮型霊柩車などについて紹介します。

>搬送のお問い合わせはこちら

霊柩車とは?

霊柩車は葬送の際に用いられる車で、棺に入れた遺体を運ぶために使われます。

かつては専門の職人が高級な乗用車に宗教的な装飾を施した宮型霊柩車が多くみられました。宮型霊柩車は人力で故人を運んでいた時代の輿をかたどって造られた日本独自の霊柩車です。ただし、最近は「目立ちすぎる」「時代に合わない」といった理由から減少傾向にあります。また、死を連想させるものであることから、火葬場への乗り入れを禁じている自治体もあります。

現在は宮型霊柩車以外にも遺族の要望に合わせてさまざまな霊柩車を選ぶことができます。

 

例えば洋型霊柩車(リムジン型)は、欧米などで広く用いられており、宮型霊柩車のような派手な装飾は一切なく、シンプルで高級感があります。車体の色もブラックだけでなくパールホワイトやシルバーなどバリエーションも豊かです。

洋型霊柩車は質素な見た目であったため、導入当時は批判的な意見も多く普及が進みませんでした。洋型の霊柩車が広く知られるようになったのは、昭和天皇の大喪の礼で用いられてからといわれています。

また、バスを改造して製造されたバス型霊柩車は搭乗人数が多く複数台に分乗する必要がありません。そのため、親族が一緒に移動できるというメリットがあります。火葬場の駐車スペースが限られている場合にも役立ちます。

 

寝台車とは?

寝台車は、ストレッチャーごと人を乗せることができるバン型の車です。寝た状態の人を運ぶための車で、生きている人(病人・怪我人)だけでなく、故人も運びます。後者の場合はバン型霊柩車と呼ばれることもあります。故人が亡くなった病院などから自宅に遺体を運ぶ際や、自宅から葬祭会場へ運ぶときに利用されます。霊柩車が基本的に故人の遺体だけを運ぶのに対して、寝台車は付き添い人が乗れるスペースが設けられています。

寝台車は霊柩車と比較して通常、利用料金も安く抑えられることもあり、現代の葬儀事情にマッチしている側面があります。

 

特殊な車は誰が造っている

霊柩車は葬送に使用される特殊車両で、一般的な乗用車のように量産体制が整っているわけではありません。しかし、消防車両のように受注生産されているわけでもありません。

実は、霊柩車は一般の車を改造して造られています例えば、トヨタクラウンなどの車両をベースとした場合では、宮型の装飾を装着する部分を切断、延長します。そして、その上にあらかじめ作っておいた装飾部分を取り付けて塗装します。

 

これらの作業は大手の自動車メーカーではなく、霊柩車を専門とするメーカーや工場が行っています。特に宮型霊柩車は高い技術が必要とされるため、熟練の職人が製造していました。しかし、近年は宮型霊柩車の需要は減り、老舗宮型霊柩車メーカーが閉鎖するなど、業界に変化が起きています。

 

宮型霊柩車はどこに行った?(モンゴル、アフリカ)

日本では姿を消してしまった宮型霊柩車ですが、海外では特別な車両として活躍しています。

モンゴルでは、宮型霊柩車は「移動できるお寺」として受け入れられています。

宮型霊柩車の存在がモンゴルで知られるようになったのは、日本で活躍するモンゴル人力士が宮型霊柩車の存在を祖国に伝えたことがきっかけといわれています。力士たちがモンゴルに帰国した際に「寺のような形の車」について伝えたところ、モンゴルの僧侶が日本に宮型霊柩車の寄贈を依頼し、すでに何台もの宮型霊柩車がモンゴルへ輸出されています。

モンゴルでは死者を弔う儀式をできるだけ盛大に行う慣習があるため、日本では敬遠されるようになった宮型霊柩車が人気を博したのです。また、宮型霊柩車はモンゴルにおける仏教の迫害時代に破壊されたお寺の代わりとして仏教徒たちの心の拠り所にもなっています。

このように日本の葬送文化が簡素化したことで廃れた宮型霊柩車の文化は、豪華な葬送が好まれる国に引き継がれています。

 

また、アフリカのウガンダでも宮型霊柩車が注目されています。アフリカでは亡くなった人を軽トラックなどで運ぶことが一般的でした。そこに宮型霊柩車が輸入され、その特別感から受け入れられたと言えます。

 

まとめ

近年は葬儀事情の変化によって宮型霊柩車は姿を消しました。そして、目立たない霊柩車が主流になり、さまざまな霊柩車が登場しています。そこで、霊柩車の種類や寝台車との違い、霊柩車の製造方法などについて紹介しました。

霊柩車の種類や利用目的によって価格が変わるため、故人の移動や霊柩車の手配などについて相談したい方や見積もりが欲しいという方は遠慮なくお問い合わせください。病院・警察からの移動(搬送)のみのご相談も承っています。

>搬送のお問い合わせはこちら

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す