はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

手元供養

手元供養とは、故人の遺骨の一部を小さな骨壺や専用のアクセサリーに入れるなどして身近なところに保管し、供養をすることをいいます。散骨と併せて手元供養を選ぶ、仏壇で本尊や位牌に手を合わす代わりに手元供養を選ぶといったケースも、少しずつ増えてきています。さまざまな手元供養の方法の中から遺族が納得できる供養方法を見つけるためには、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。手元供養の方法や注意するべき点などについて紹介します。

手元供養で遺骨を保管する手元供養品には、主に以下のような種類があります。デザイン、材質、色合いなどさまざまな種類のものがあります。

骨壺・ミニ骨壺

遺骨や遺灰の一部を入れ、保管します。家庭の中に置いて保管するため、いつでも一緒にいられるという安心感が得られます。デザイン性にも優れており、部屋のインテリアとしても選ばれています。

ペンダント

中に遺骨を保管できる空洞があり、遺骨や遺灰をそのまま入れるタイプのものと、遺骨や遺灰をダイヤモンドや樹脂に加工するタイプのものがあります。身につけて持ち運べるので、人気が高いです。

中に遺骨を保管するタイプのものは、デザインだけでなく材質もシルバー、チタン、木製などさまざまなものがあります。身に着けるものですので、肌への負担なども考慮して選ぶとよいでしょう。また木製のものは、身に着けていた方自身が他界した際には棺に入れ、一緒に火葬ができるという特徴もあります。

ブレスレット

ペンダントと同じように、空洞に遺骨や遺灰を入れたり、加工したりして作られます。男性でも身につけやすいデザインも増えており、また好みの色が選べる念珠タイプのものもあります。

ミニ仏壇・ステージ・飾り台

仏壇がないご家庭でも、ミニ骨壺と、仏具、おりんがあれば、少しのスペースで準備することができます。手元供養品と一緒に故人の写真を飾るのもよいでしょう。

また、アクセサリータイプのものを、自宅にいる間保管するスペースとしてミニ仏壇を使用するケースもあります。

手元供養を選ぶ理由

手元供養を選ぶ理由には、次のようなことがあげられます。

お墓から遠い場所に住んでいて、頻繁にお参りに行くことができない

地方から都会に出てきたという家庭では、故郷のお墓参りには年に数回行けるかどうかという方がほとんどではないでしょうか。手元供養であれば、自宅に遺骨があるので、日々の生活の中、家事や仕事などの合間にお参りができます。

経済的な理由、承継者の不在などの理由から、お墓を建てられない

先祖代々のお墓に一緒に入らず、新しく墓石を建てようとすると、かなりの費用がかかりますが、手元供養ならば予算を抑えることができます。また、承継者が不在なためお墓を建てても、いずれ墓じまいが必要になるという場合、散骨や永代供養墓などへの合祀と併用して、手元供養を選択するケースがあります。

故人が近くにいてくれると感じる安心感がある

家族が突然旅立ってしまった場合はもちろん、余命が分かっていた場合でも、遺族は気持ちの整理がつかないものです。身近なところに遺骨を置くことで、少しでも心が癒やされます。

無宗教なので、戒名やお墓は不要

戒名やお墓は不要という方も、近年増えているようです。この場合、従来の遺骨の供養の方法ではなく、手元供養というかたちを選ぶケースもあります。

墓の維持などの負担を掛けたくない

承継者がいる場合であっても、少子化に伴い、子孫が墓を維持していくことがだんだん難しくなってきています。きょうだいが少ない、またはいないという方同士が結婚した場合など、独りでいくつものお墓の管理をしなければならないことも起こり得ます。

このような場合も、先祖の遺骨は整理し、近親者の遺骨は一部のみを手元供養のために残して、あとは合祀するということもあります。

手元供養の種類(全骨と分骨)

手元供養の種類には、全骨安置と分骨安置があります。

全骨安置は、すべての遺骨を手元に置くもので、骨壺のまま保管することもできますし、パウダー状(粉骨)にして小さい骨壺に入れておくことも可能です。ただしパウダー状にした場合でも、ある程度の体積にはなります。専用の骨壺などもありますので、手元供養品を扱っている葬儀社や仏壇仏具店に確認しましょう。

骨壺で安置する場合、近年は骨壺を安置できる仏壇も販売されています。

 

一方、分骨安置の場合は、遺骨の一部のみを手元供養のために残し、残りの遺骨は次の方法で供養するケースがあります。

手元供養で残った遺骨の供養方法

手元供養で納める遺骨は、ほんの少しです。分骨安置の部分で、残りの遺骨の供養の方法についてご説明します。

お墓に納骨する

もともとお墓がある場合、遺骨の大部分はお墓に納骨します。

火葬場で分骨する時は、分骨証明書または火葬証明書(分骨用)等の書類を受け取っておくことをおすすめします。将来、手元供養していた遺骨をお墓へ納骨する必要が生じた場合に必要となってくるからです。

 

一方、既に納骨されている遺骨の一部を、手元供養したいという場合、遺骨を取り出す必要があります。石材店などに依頼する必要もあるため、一般的には改葬や墓じまいのタイミング、または新しい遺骨を納骨する際などに合わせて遺骨を取り出すケースが多いようです。また、長いこと墓地で納骨されていた遺骨は、湿気などで汚れている場合もあります。状況によっては洗骨、乾燥などが必要な場合もあります。

樹木葬とし、木の根元へ納骨する

遺骨を土に埋めて、その上に樹木を植える方法です。樹木は、桜・バラ・ハナミズキなどを植えらることが多いです。「自然から生まれたものを自然に帰す」との考えからきていて、樹木を故人の生まれ変わりと考えることができるため、人気が高まっています。

海や山へ散骨する

海や山など、自然の中に故人の遺骨を散骨するケースも増えてきています。散骨する際には通常、遺骨をパウダー状に粉骨するので、粉骨したものを一部、手元供養用に残しておくことで、新たに加工する負担が省けます。散骨と手元供養と併用することで「散骨によって身近に手を合わす場所がなくなる」といった不安を回避できます。

 

永代供養墓、納骨堂などへ納骨する

永代供養墓や納骨堂へ納骨する場合は、宗旨・宗派を問わないという施設も多数あります。個別での保管は手元供養とし、それ以外の遺骨は合祀するということで、経済的な負担と精神的な負担を同時に減らすことができるというメリットがあります。

 

>>分骨のタイミングや手続きについてはこちら

手元供養のメリットデメリット

手元供養にも、メリット・デメリットがあるため、双方を考慮しながら、身内の誰もが納得のいく供養をしたいものです。

手元供養のメリット

常に故人が近くにいるように感じられる

遠方へ出向かなくとも、自宅でお参りできる

費用を抑え、墓地管理について子孫への負担を減らすことができる

手元供養のデメリット

考え方の違いによっては、親せきなど快く思わない方もいる可能性がある

自宅で災害に見舞われた場合、紛失してしまう可能性がある

アクセサリーなど身に着けるタイプの場合、紛失してしまう可能性がある

まとめ

手元供養について、詳しくご紹介してきました。この方法で供養される方は、今後さらに増えていくことが考えられます。しかし、手元供養について、まだよく分からない、親せきにうまく説明できない、などのお悩みがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。故人を偲びながら、ご遺族皆様が納得する答えが出せるように、どんな細かいご相談でも承ります。まずはお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.75/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す