社葬の役割

 

社葬には大きく分けて、3つの重要な役割があります。

1 儀式としての役割

会社の発展に貢献した故人を弔い葬る儀式として、関係する人たちが故人を偲び、功績を称え、感謝の気持ちを伝えるという厳かな「儀式」としての役割。

2 信頼関係を継続させるための「広報」としての役割

顧客や株主、取引先など、会社に深く関わる方たちに、会社の新体制や今後の方針など「これからの姿」を印象づけ、信頼関係を継続させるための「広報」としての役割。

3 社員の意識変革という役割

社葬という一大イベントを全社員が一丸となって企画・運営することで、新体制となった会社の一員としての自覚を促し、社員同士の結束を強め、士気を高める「社員の意識変革」という役割。

一般的な個人の葬儀は「故人を追悼する」ことが主な役割ですが、社葬はそれに加え、「社外への広報的な役割」や、「社員の結束を強める役割」を担っているのです。
会社の上層部や中心にいた方の逝去は、その会社の経営に大きな影響をもたらす可能性が高く、中でも創業者やオーナー社長の逝去は、その会社にとっての大きな転換点となります。ある意味、その会社にとって大きなリスクともいえます。そのため、会社に関係する顧客や株主、取引先などは、今後の方針や体制に注目しています。

 

そうした状況の中で社葬を行うことは、新しい経営陣による新体制の手腕を示し、これからの経営や事業が盤石であることを伝えるだけでなく、会社に関係する顧客や株主、取引先などに安心と信頼を与え、良好な関係を継続するための絶好の機会になるのです。
だからこそ社葬は、スムーズな進行はもとより、参列者への配慮の行き届いた、会社としての品格が感じられる、厳粛で格式あるものでなければいけません。社葬は旧体制と新体制との「事業継承の場」であり、関係各所の無言の承認を受けるという目的も持ち合わせている、極めて意義のある特別な儀式なのです。
参列者が社葬で受けた印象は、主催した会社の評価に直結すると言っても過言ではありません。社葬を成功させるためにも、万全の体制と事前の準備が重要になります。

ご喪家への配慮・気をつけたいこと

企業にとって重要な意味を持つ社葬ですが、喪主様をはじめ、ご喪家の
意向を尊重し、配慮することも忘れてはいけません。

ご喪家への配慮・気をつけたいこと>>

社葬の服装とマナーについて

男性・女性それぞれ社葬に参列する際に気をつけたポイントがありますので
きちんと覚えておきましょう。
特に社葬の場合、受付での名刺の渡し方など、注意が必要です。

社葬の服装とマナーについて>>

弔電・供花・香典について

社葬やお別れ会などの突然の訃報時に慌てないよう、弔電・供花・香典について事前に把握しておきましょう。会社代表として香典はいくら包むのが一般的なのか?表書きの名前を誰にするのか?などのマナーをご紹介します。

弔電・供花・香典について>>

社葬の参列マナー

社葬実施の連絡を受けたら、どうすればいいの?
参列ができない場合は?弔辞を頼まれた時にどうすればいいの?など社葬の参列に関する
マナーをご紹介いたします。

社葬の参列マナー>>

社葬の役割

一般的な個人の葬儀は「故人を追悼する」ことが主な役割ですが、社葬はそれに加え、「社外への広報的役割」や、「社員の結束を強める役割」を担っているのです。
会社の上層部や中心にいた方のご逝去は、その会社の経営に大きな影響をもたらす可能性が高く、中でも創業者やオーナー社長のご逝去は、その会社にとっての大きな転換点となります。

社葬の役割>>

社葬の種類によってのメリット・デメリット

社葬の種類には、「社葬」・「合同葬」・「お別れ会・お別れの会」があります。
それぞれの形式によって、メリット・デメリットがあり、費用負担や運営責任などが異なります。どのタイプの社葬が自分の会社にはあっているか、ご遺族の意向も踏まえながら決める必要があります。

社葬の種類によってのメリット・デメリット>>

社葬の費用

社葬とは、会葬者の数やホールの大きさなどといった規模に関係なく、葬儀を執り行う主体が会社となるため、葬儀にかかる費用は原則、会社が負担します。ただし、近親者による密葬などといった、一般的な個人の葬儀と社葬とを併せて行う「合同葬」の場合は、費用は遺族と会社で分担するケースが多いようです。

社葬の費用>>

社葬・お別れ会についてなど、
お気軽にご相談ください
 匿名での相談も可能です

0120-932-458

24時間365日 相談無料