弔電・供花・香典について

<弔電>
弔電は、突然の訃報に際して、事情によりどうしても通夜や葬儀に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝える電報のことです。
一般的には通夜、葬儀・告別式が行われる場所へ、葬儀の開始時間までに、喪主宛に送るのが基本とされています。
弔電を送る際には、注意すべき点がいくつかあります。
いざというときに慌てないよう、事前に把握しておきましょう。

 
●弔電の宛先と宛名
一般的な個人葬では、弔電の宛先は喪主となるのが普通ですが、社葬の場合、弔電の宛先は会社の葬儀責任者である場合がほとんどです。
社葬の案内状や通知の中に、弔電の受付に関する記載がされていることがあるので、あらかじめ確認し、記載がない場合は先方に問い合わせる必要があります。
宛名は、葬儀を会社で行うか遺族で行うかによって変わります。
企業や団体が主催する際には、宛名を会社名や部署名にします。遺族で行うときには、喪主や特定の個人に向けて送るようにします。喪主の名前がわからないときには、「(故人名)様ご遺族様」とします。宛名をどうしたらいいか迷ったら、先方に確認するのが得策です。

 
●弔電の差出人
会社で弔電を送る場合、差出人は会社名だけでなく、社長の名前も明記しましょう。
なぜなら、弔電は最終的には遺族に渡される場合が多く、会社名だけだと誰からの弔電なのかがわからず、遺族がお礼状を出す際に困ってしまうことがあるためです。
また、故人と特別な親交があった場合には、個人的に弔電を送っても良いでしょう。 重要な取引先には、担当者名のものと2通出すこともあるようです。 

 
●弔電の送り状の宛名と差出人
弔電の受取人や差出人が所属する会社名や肩書を記載する場合、メッセージ本文には正式な名称を書くのが一般的です。
しかし長すぎる場合は、失礼にならない範囲で略しても問題ありません。
一方で、送り状の宛名や差出人については、主に配送に利用される情報なので、必ずしも正式名称などで書かなくても大丈夫です。
配送員や受け取った方がわかる範囲で省略しても問題はありません。

社葬で弔電を送る場合は、宛先について注意が必要です。 
一般的な個人葬では、故人=喪主となり、宛先は喪主となるのが普通ですが、社葬の場合、弔電の宛先は、葬儀責任者や主催者である場合が多く、その際主催者側から弔電の受付に関して、会場宛や指定場所の記載が示される事があるので、事前にチェックする必要があるでしょう。 

 
●弔電の文面と送り方
弔電の文面は、忌み言葉を避けましょう。
弔電は、葬儀や告別式の前日までに打つのが原則ですが、事前に日時が決まっている社葬の場合、期日指定で送ることができます。
到着日を、申込み日から1ヵ月先まで指定でき、配達の3日前までに申し込めば、1通につき150円の割引が受けられます。
インターネットからの申込みの場合、24時間受付ているほか、電報料金(税抜)から40円お得になります。
また、弔電の文面は、忌み言葉を避け、相手の事情に立ち入らない、畏まった文面にする必要があります。長く使用されてきた定例文を踏襲するのが妥当でしょう。

<弔電文例>
・ ○○社長様のご霊前に、深く哀悼の意を表します。
・ 貴社専務の○○氏、ご急逝の知らせを受け、心より哀悼の意を表します。
・ 貴社の○○様のご永眠に接し、深く哀悼の意を表します。
・ ご逝去を悼み、故人のご功績をたたえ、心からお悔やみ申しあげます。
・ 会長様ご天寿を全うされました由、謹んで哀悼の意を表します。
・ ○○様の不慮のご逝去の報に接し、貴社ご一同に心からお悔やみ申しあげます。
・ 御社○○重役様のご生前の功績をしのび、当社 幹部一同、心からご冥福をお祈り申しあげます。
・ 突然のご逝去に接し、職場の一同、まことに驚愕、くやしさで言葉もありません。深く哀悼の意を表わします。
・ 御社会長の片腕として、永年ご活躍されてきた専務○○氏、突然のご永眠、言葉もございません、遥かに、哀悼の意を表します。
・ かねてご病気、ご療養中とは伺っておりましたが、このたびの○○会長のご逝去の報に、心からお悔み申しあげます。
・ ○○翁の突然の訃報に、家内ともども深く悲しん でおります、このくやしさを仕事にぶつけ精進いたす所存です。
・ 天寿を全うされました○○会長の、在りし日を偲びつつ、ご冥福をお祈り申しあげます。
・ 貴社○○氏の、ご逝去のご通知をいただき、心からお悔やみ申しあげます。
・ 御社会長のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
・ 在りし日のすばらしい社長を偲び、はるかにご冥福をお祈り申しあげます。 

 
<供花・供物>

社葬の案内状や死亡広告には、供花・供物を辞退する意向が示されている場合があります。その理由として、会場に設置される供花の配列の順番にトラブルが起こる可能性があること、スペース上の問題、まちまちの供花が届けられた場合に外見上不揃いとなってしまうこと、などという問題があります。この場合は、社葬を行う会社の意向に従い、供花・供物を送らないようにしましょう。

特に意向が示されていない場合は、必ず問い合わせて、確認することが大切です。社葬では、供花・供物は故人や遺族と親しい人が個人的に贈ることが多く、企業や団体が贈るのは花環が一般的ですし、供花の場合は、式場の大きさによって飾ることができないケースや、飾る時間に制限があり、届いたときには飾れない場合もあります。さらに、宗派によって花の色や種類が決まっていることもあり、会社によっては、供花・供物は一括して注文しようと考えている場合もあります。
問い合わせた結果、「一括して注文している」と言われたときは遠慮することなく依頼し、「供花料」を贈ります。
一括注文する予定もなく、辞退もしていない場合は、自社で業者へ手配します。
ただし、供花を贈る場合は、供花の種類や札の大きさが揃い、あらかじめ供花の数の予測がつくことから、「供花料」を贈り、先方に依頼するほうが喜ばれることもあるため、その旨確認しましょう。

<いただいた供花で花祭壇を>
最近は、花祭壇が主流となっているため、いただいた供花代を花祭壇の設置費用に含める場合もあります。その場合は、供花芳名板に供花をいただいた方の名前を記すことがあります。
供花について断り書きがない場合は、贈り先の意向を確認することが必要です。企業によっては、贈っていただける意向のみを確認し、見栄えをよくするために供花を一括して注文する場合があります。
その場合は供花料を贈ります。 供花は、本来は自分の手で霊前に供えるものですが、現状では業者や生花店に依頼し、会場へ届けてもらうことが通常となっています。

 
<香典>

密葬後、本葬として開催する「社葬」や「お別れの会」では、香典を辞退することがほとんどですが、例外として、遺族と法人が執り行う社葬「合同葬」では、香典を受け付けるケースもあります。
社葬における香典は、主催企業に対してではなく、遺族に対して用意するのが一般的です。なぜなら、主催企業が香典を受け取ってしまうと、税務上「雑収入」として見なされ、主催企業へ法人税が課されるからです。
一方で、社葬の喪主を務める遺族に対する香典には課税がありません。遺族は寺院関係費など、社葬費用を一部負担していることが多いため、遺族の経済的負担を軽減させるという意味でも、香典を渡す際は、企業宛ではなく遺族宛で準備しておきましょう。
香典は、相手の宗旨に合わせて用意した香典袋に入れて持参するのが通例ですが、どうしても参列できない場合は、香典袋に入れた香典とお悔やみの手紙と共に封筒に入れて、現金書留で送ります。
香典返しについてもご遺族が行います。香典返しの費用を企業が負担すると、税法上、遺族側へ贈与税が発生してしまうため、企業は負担をしないことが一般的 となっています。しかし、香典をお返しする件数が多い時などにおいては、遺族の意向を確かめた上で、企業が手伝いをしたり、代行したりすることがありま す。 

香典の税務上のとらえ方
香典についての税務上のとらえ方としては、企業として出す場合は、税務上交際維持費(対社内の場合は福利厚生費)として取り扱われます。香典の金額に税務上の決まりはありませんが、会社の交際接待費の枠を超えれば、課税額は大きくなります。

また、香典を受け取る側は、これが個人の場合は、社会通念上妥当なものであれば課税の対象にはなりません。ただし、社葬で企業が収受した場合は、雑収入として計上されます。そのせいか、最近の社葬では香典を辞退する例も多いようです。しかし、自宅への香典については自由としている場合もありますので、そのような時は密葬時などにさしあげます。 

 
<【香典袋の表書き表】>
香典の表書には、さまざまな種類があり、宗旨宗派によっては、使ってはいけない書き方もあります。
香典はふくさや小さな風呂敷に包んで、会場受付で渡します。
仏    式:「御香典」、「御香奠」(目上の方)、「御霊前」※浄土真宗の場合は「御仏前」
神    式:「御神前」、「御榊料」、「御玉串料」
キリスト教式:「御霊前」、「御花料」、「献花料」

 
<香典の金額と表書きの名前の書き方>
金額の目安として、得意先の社長が亡くなり、会社代表としての弔問の場合、3万~5万円が最も多く、最高額は通常20万円くらいとなっています。
また、仕入先の社長や得意先の担当者などの場合は、2〜5万円くらいが一般的のようです。
香典の金額をいくらにするか、香典の表書きの名前を部課長名にするのか社長名にするのかは、故人や会社との関係性によります。社内規定のある会社はそれに従い、ない場合は役員会などで決定します。

郵送する際
やむを得ず香典を郵送する際は、不祝儀袋に入れお悔やみの手紙と共に、現金書留で送ります。

<新札の場合>
一般的には香典に新札は用いません。その理由は、「葬式を前もって予測しているようだ」とか、「生前一度も役に立っていないことにつながる」からだと言われています。新札を用いる場合は、一度折ってから使うとよいでしょう。 

<香典返しについて>
香典返しの時期は、35日(57回忌)、49日(77回忌)を目処に、挨拶回りを兼ねて配ったり、配送したりします。
金額は通常、戴いた香典の1/2~1/3位を目処とします。また、品物には必ず忌明けの挨拶状を同封(差出人は喪主名)します。 

ご喪家への配慮・気をつけたいこと

企業にとって重要な意味を持つ社葬ですが、喪主様をはじめ、ご喪家の
意向を尊重し、配慮することも忘れてはいけません。

ご喪家への配慮・気をつけたいこと>>

社葬の服装とマナーについて

男性・女性それぞれ社葬に参列する際に気をつけたポイントがありますので
きちんと覚えておきましょう。
特に社葬の場合、受付での名刺の渡し方など、注意が必要です。

社葬の服装とマナーについて>>

弔電・供花・香典について

社葬やお別れ会などの突然の訃報時に慌てないよう、弔電・供花・香典について事前に把握しておきましょう。会社代表として香典はいくら包むのが一般的なのか?表書きの名前を誰にするのか?などのマナーをご紹介します。

弔電・供花・香典について>>

社葬の参列マナー

社葬実施の連絡を受けたら、どうすればいいの?
参列ができない場合は?弔辞を頼まれた時にどうすればいいの?など社葬の参列に関する
マナーをご紹介いたします。

社葬の参列マナー>>

社葬の役割

一般的な個人の葬儀は「故人を追悼する」ことが主な役割ですが、社葬はそれに加え、「社外への広報的役割」や、「社員の結束を強める役割」を担っているのです。
会社の上層部や中心にいた方のご逝去は、その会社の経営に大きな影響をもたらす可能性が高く、中でも創業者やオーナー社長のご逝去は、その会社にとっての大きな転換点となります。

社葬の役割>>

社葬の種類によってのメリット・デメリット

社葬の種類には、「社葬」・「合同葬」・「お別れ会・お別れの会」があります。
それぞれの形式によって、メリット・デメリットがあり、費用負担や運営責任などが異なります。どのタイプの社葬が自分の会社にはあっているか、ご遺族の意向も踏まえながら決める必要があります。

社葬の種類によってのメリット・デメリット>>

社葬の費用

社葬とは、会葬者の数やホールの大きさなどといった規模に関係なく、葬儀を執り行う主体が会社となるため、葬儀にかかる費用は原則、会社が負担します。ただし、近親者による密葬などといった、一般的な個人の葬儀と社葬とを併せて行う「合同葬」の場合は、費用は遺族と会社で分担するケースが多いようです。

社葬の費用>>

社葬・お別れ会についてなど、
お気軽にご相談ください
 匿名での相談も可能です

0120-932-458

24時間365日 相談無料