社葬とは

社葬とは、創業者や社長、会長をはじめとした経営陣など、その会社の発展に大きく貢献した人が亡くなった際に行う葬儀です。遺族や近親者が施主を務める通常の葬儀と異なり、故人が属していた会社が施主を務めるというのが、社葬の大きな特徴です。
お別れ会・お別れの会、偲ぶ会といった名称の違いや、会葬者の数、ホールの大きさなどといった規模等に関係はありません。会社が主体となって執り行う葬儀、またはお別れの儀式であり、費用についても原則、会社が負担します。

 

社葬とは

 

社葬には、大きく分けて「社葬」「お別れ会・お別れの会」「合同葬」の3つの種類があります。
「社葬」というと、一般的に近親者による密葬の後、日をおいてから、故人が生前に信仰していた宗旨宗派の作法に則って執り行う儀礼的な要素の強い葬儀を指します。
次に、「お別れ会・お別れの会」は、近親者による密葬の後、日をおいてから、宗教色を廃し、自由に故人を偲ぶことができる新しいお別れのスタイルです。
上記の2つは、火葬後、四九日法要の前後で行うのが通例です。また、故人が関わっていた会社が一社のみの場合はその会社が単独で行いますが、故人が複数の会社の役職を兼務していた場合は、関わっていた複数社が合同で行うケースがあります。
一方、「合同葬」は、近親者による密葬などといった個人の葬儀と社葬とを併せて行う葬儀です。故人の死後、日をおかずに通夜、葬儀・告別式といった一般的な葬儀のスケジュールで行われ、ご遺体を火葬するまでの流れも儀式の中に含まれているのが特徴です。また、社葬ではありますが、個人の葬儀と併せて行うため、費用は遺族と会社で分担するケースが多いようです。

社葬の役割

一般的な個人の葬儀は「故人を追悼する」ことが主な役割ですが、社葬はそれに加え、「社外への広報的役割」や、「社員の結束を強める役割」を担っているのです。
会社の上層部や中心にいた方のご逝去は、その会社の経営に大きな影響をもたらす可能性が高く、中でも創業者やオーナー社長のご逝去は、その会社にとっての大きな転換点となります。

社葬の役割>>

社葬の種類によってのメリット・デメリット

社葬の種類には、「社葬」・「合同葬」・「お別れ会・お別れの会」があります。
それぞれの形式によって、メリット・デメリットがあり、費用負担や運営責任などが異なります。どのタイプの社葬が自分の会社にはあっているか、ご遺族の意向も踏まえながら決める必要があります。

社葬の種類によってのメリット・デメリット>>

社葬の費用

社葬とは、会葬者の数やホールの大きさなどといった規模に関係なく、葬儀を執り行う主体が会社となるため、葬儀にかかる費用は原則、会社が負担します。ただし、近親者による密葬などといった、一般的な個人の葬儀と社葬とを併せて行う「合同葬」の場合は、費用は遺族と会社で分担するケースが多いようです。

社葬の費用>>

社葬・お別れ会についてなど、
お気軽にご相談ください
 匿名での相談も可能です

0120-932-458

24時間365日 相談無料