東京都

つきじほんがんじ わだぼりびょうしょ

築地本願寺 和田堀廟所

  • 寺院斎場
  • 社葬
  • 合同葬
  • 無宗教(宗旨・宗派問わず)

浄土真宗本願寺派の築地本願寺和田堀廟所は、築地本願寺の廟所です。

大正12年の関東大震災後に、陸軍省火薬庫跡から払下げられた当地に近代的公園墓地として作られました。

築地本願寺 和田堀廟所の概要

所在地

東京都杉並区永福 1-8-1

アクセス

・徒歩の場合
京王線、井丿頭線の明大前駅から徒歩10 分

・お車の場合
国道20 号線(甲州街道)、明大和泉校舎となり(入口駐車場/8台、その他境内大通りへ駐車可能)首都高速下り永福出口より2 つ目の信号Uターン

・徒歩の場合
京王線、井丿頭線の明大前駅から徒歩10 分

・お車の場合
国道20 号線(甲州街道)、明大和泉校舎となり(入口駐車場/8台、その他境内大通りへ駐車可能)首都高速下り永福出口より2 つ目の信号U ターン

備考

宗旨・宗派: 無宗教(宗旨・宗派問わず)

社葬・お別れ会についてなど、
お気軽にご相談ください
 匿名での相談も可能です

0120-932-458

24時間365日 相談無料

築地本願寺 和田堀廟所のおすすめポイント

01広々とした霊園を持つ、アクセスも便利な築地本願寺の別院

築地本願寺和田堀廟所は、築地本願寺の分院です。
隣には明治大学和泉キャンパスがあり、明大前駅から徒歩10 分とアクセスも良いです。
春にはソメイヨシノが満開に咲きほこる桜並木もあり、著名人も多く眠る心安らぐ墓所です。
(一般の方も墓地の購入ができます)また、納骨堂もあり、いつでも参拝しやすい環境となっています。

02度重なる災難を経て今日に至る歴史ある廟所

1923年の関東大震災により、築地本願寺の境内にあった多数の墓地や仮本堂として使用されていた建物などを移築して和田堀廟所が設立されます。
当時は、近代的公園墓地として児童公園や幼稚園が併設され、本堂も瓦葺の木造でした。
その後の空襲によってご本尊および御影を除き焼失してしまいますが、再建を願う多くの信徒らの力で、1952年にインド仏教様式の新本堂が再建されました。
葬儀は本堂と光寿閣にて、中規模から大規模な葬儀を行えます。

03築地本願寺 和田堀廟所の施設や設備

光寿閣:和田堀廟所正面入口からすぐの光寿閣では、社葬などの大規模葬儀をはじめ、法事などの利用も可能。(蓮華の間、梅の間、桜の間、休憩所、花店 ) 墓所の総面積は約24,500㎡総区画数は約4,000区画に及びます。 納骨堂もあり、特別壇(大型)、普通壇(中型)、普通壇(小型)、多段壇(中型)6段式 [550mm幅]、 多段壇(小型)6段式 [400mm幅]と、さまざまな様式に対応できる環境となっています。

社葬・お別れ会についてなど、
お気軽にご相談ください
 匿名での相談も可能です

0120-932-458

24時間365日 相談無料

築地本願寺 和田堀廟所で社葬・お別れ会をあげた著名人・有名人

和田堀廟所の廟所とは墓所のことで、多くの文化人や著名人たちのお墓があります。作家の樋口一葉が有名です。
他にも中村汀女(俳人)、九條武子(歌人)、笠置シヅ子(歌手・女優)、水谷八重子(女優)、服部良一(作曲家)、古賀政男(作曲家)、吉葉山潤之輔(元横綱)、海沼實(童謡作曲家)、和泉元秀(狂言師)、内田吐夢(映画監督)、レオナルド熊(コメディアン)、渡辺淳一(作家)、
伊馬春部(劇作家)、九條武子(歌人)など。

一般の方もお参りできるように、墓地の前には小さな立て看板があります。

また、斎場ではお別れ会や偲ぶ会も行われ、一般の方はもちろん、俳優の山内賢さんなど有名な方もいらっしゃいます。

その他の会場