法事・法要の基礎知識

法事・法要の当日の流れ

  1. 1.施主・参列者着座する

    施主(せしゅ)・遺族・その他の参列者が入場し着座します。
    施主は僧侶の一番近い場所に着座します。

  2. 2.開始の挨拶、僧侶入場

    施主は下座に移動して「只今より○○○(戒名)の○回忌法要をとり行います」と述べ、参列者への感謝の言葉を加えて挨拶をします。

  3. 3.僧侶読経

  4. 4.お焼香

    僧侶の合図で施主、次に席次に関わらず、故人との関係が深かった順に焼香します。

  5. 5.読経法話・僧侶退場

    僧侶退場。
    菩提寺で法要をおこなった場合は、お墓参りをするのが一般的です。
    自宅や斎場でおこなう場合は別途、日を改めましょう。

  6. 6.施主の挨拶

    「以上をもちまして、○○○(戒名)の○回忌法要が終了いたしました」と述べます。
    会食(お斎)の用意がある場合にはそちらの案内をします。

  7. 7.会食(お斎:おとぎ)

    仏壇には故人の好物をお供えし、参列者には会食(お斎)でもてなします。
    料理は、精進料理を出すといわれていますが、最近では会席料理が主流になっています。

  8. 8.施主挨拶・引き物を参列者に渡し閉式

    参列者に挨拶をし、引き物を参列者に渡します。

施主の服装について

男女共に、三回忌(満2年)までは正式な喪服を着たほうがよいでしょう。
七回忌以降は、略式喪服でかまいませんが、 参列者よりも軽い服装にならないよう配慮しましょう。

正式喪服 和装 男性 女性
黒羽二重五つ紋付き長着
羽織
黒五つ紋付長着
黒い帯
黒布製のハンドバッグ
草履
洋装 モーニングコート
黒いベスト
黒のネクタイ
黒のアフタヌーンドレスまたは光沢が無い黒無地のワンピース、ス―ツ、アンサンブル
靴やハンドバックは布製かスエード(金銀の口金のない物)
準喪服 和装 黒羽二重五つ紋付き羽織
無地か細い縞の長着
色無地紋付きの長着
黒い帯
黒の布または革製のハンドバッグ
草履
洋装 セミフォーマルウエアもしくはブラックスーツ
黒のネクタイ
黒、紺、茶などの地味でかつデザインが控えめなワンピースかスーツ
アンサンブル靴やハンドバックは光沢の無い黒(金銀の口金のない物)
略礼服 和装 地味な御召
紬の長着に一つ紋または三つ紋付きの羽織と袴
細かい柄の小紋
御召の長着に黒紋付き羽織
黒い帯
黒革製の草履
黒の布または革製のハンドバッグ
洋装 ブラックまたはグレーや紺のダークスーツ
白シャツ
黒のネクタイ
色やデザインが地味なスーツかワンピース

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

法事・法要ができる会場を探す