法事・法要の基礎知識

法事・法要とは

法要とは、遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う「追善供養」のことを指します。
法要は一般に「法事」と呼ばれていますが、厳密にはお経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼び、追善供養の後席の会食まで含むものを「法事」と呼びます。

法要は、遺族が故人の冥福(冥土の幸福)を祈るために行うものです。法要を営むことによって故人は極楽浄土に往生できるとされているので、故人を供養するためには必ず必要な儀式です。ただし、浄土真宗ではご臨終と同時に極楽往生すると考えるので、中陰の法要の意味は故人を偲び、仏法に接するためのものと考えます。

法事・法要の時期

仏教では人が亡くなった命日から数えて、7日ごとの、「初七日(しょなのか)」、「二七日(ふたなのか)」、「三七日(みなのか)」、「四七日(よなのか)」、「五七日(いつなのか)」、「六七日(むなのか)」、「七七日(なななのか)」の7回を忌日としています。
このうち親族や友人などを招いて法事を営むのは、「初七日」と「七七日(四十九日)」で、それ以外の忌日は、遺族のみで供養をすることが多いです。

「七七日」は「四十九日」、「満中陰」とも言い、特に重視します。
これは、インドの仏教では、人が死んでから49日後にどこかの世界に生まれ変わると考えられたからです。
その間、人は幽霊のような存在で、7日ごとに小さな生まれ変わりの区切りがあると考えました。
この、古い生と新しい生との間の中間的な49日間を「中有」あるいは「中陰」と呼びます。

最近では、「初七日」は葬儀当日に合わせて行うことが多く葬儀後におこなうはじめての法要は「四十九日法要」となることが増えています。
一般には「四十九日」までが「忌中」です。
「忌中(きちゅう)」の期間は結婚式などのお祝いごとへの出席や、神社への参拝は控えるようにします。
命日の100日後には、「百か日法要」が営まれます。そして、以後、一周忌、三回忌と、三十三回忌まで法要が営まれます。百か日までの法要を「忌日法要」と言い、一周忌以後の法要を「年忌法要」と呼びます。なお、三回忌からは回忌という数え方になるため注意が必要です。

法事・法要(お葬式後)の流れ

お葬式の後に行う法事・法要について、時期や準備することなどをご紹介します。

法事・法要名 時期 説明
初七日法要 7日目

本来であれば、初七日(ご逝去された日から7日目)に法要を行うのですが、一度集まった親族などにまた集まっていただくのは大変なので、初七日法要は火葬の骨上げ後(一部地域では式中)に行われることが一般的です。
読経は20分前後が多く、この間に全員お焼香をします。また、喪主のあいさつと合わせて、精進落とし(会食)の案内をします。

49日目

ご逝去された日を入れて49日目に行いますが、実際には49日目より手前の休日に実施することがほとんどです。一般的に、家族や親戚、故人と特に親しかった友人や知人で会食を行うことが多いです。服装は、葬儀と同じく喪服を着用します。
四十九日法要後に納骨をする場合が多いので、寺院の本堂や霊園の管理棟の法要会場で行うことが多いようです。菩提寺がなく、まだお墓もない方は、自宅や斎場で行うこともあります。休日は法要の予定が多く入っているため、連絡は早めに入れましょう。

四十九日法要の準備(僧侶手配・案内状・お料理・返礼品手配)は20日目ごろから行うのが一般的です。
お葬式のときに記帳していただいた名簿などをもとに案内状を出し、参列者の数を確認します。日程や参列者数が決まったら、料理や返礼品の手配をします。

百か日法要 100日目

百か日法要は、寺院ではなく自宅で行われることが多いようです。自宅で行う場合は、仏壇に手を合わせます。百か日法要では、読経終了後の会食の決まりはありません。
また、都市部では、百か日法要を省略することが多いようです。

7月15日
8月15日

四十九日法要が終わって初めて迎えるお盆を「新盆(初盆)」と呼び盛大に法要を行います。一般的には、親族だけでなく友人・知人も招くことが多いです。
地域により、7月13日から16日の場合と8月13日から16日の場合があります。四十九日前にお盆を迎えた場合は、翌年が新盆になります。

新盆法要の準備(僧侶手配・案内状・お料理・返礼品手配)は6月上旬ごろから行うのが一般的です。
お盆の時期の僧侶は法要で忙しくなるため、早めの連絡をお勧めします。日程や参列者数が決まったら、料理や返礼品の手配をします。

1年目

亡くなってから満1年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多く、時間は午前中10時から11時ごろに行う場合が多いようです。
一周忌法要をもって忌明けとなりますので、親族や近しい知人を大勢招いて盛大に行います。服装は葬儀と同じく喪服を着用し、御仏前を用意します。

一周忌法要の準備(僧侶手配・案内状・お料理・返礼品手配)は2~3カ月前から行うのが一般的です。
日程や参列者数が決まったら、料理や返礼品の手配をします。

三回忌法要 2年目

亡くなってから満2年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
参列者は一周忌より少ない場合が多く、知人や血縁関係の薄い方には声をかけないこともあるようです。

三回忌法要の準備は2~3カ月前から行い、流れは一周忌法要と同じです。日程や参列者数が決まったら、一周忌法要と同様に料理や返礼品の手配をします。

七回忌法要 6年目

亡くなってから満6年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。七回忌以降は、一周忌や三回忌より規模を小さくして行う場合が多いです。

十三回忌
法要
12年目

亡くなってから満12年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。七回忌、十三回忌から法要の規模は縮小されますので、一般的に十三回忌を盛大に行うことはありません。

十七回忌
法要
16年目

亡くなってから満16年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。一般的には親族のみで行うことが多いようです。

二十三回忌
法要
22年目

亡くなってから満22年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
この後、二十五回忌、二十七回忌などと続きますが、宗旨・宗派や地域によって異なります。

二十五回忌
法要
24年目

亡くなってから満24年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
二十五回忌を行わない場合や、二十三回忌と二十七回忌を併合して行う場合など、地域や宗旨・宗派によっても異なります。

二十七回忌
法要
26年目

亡くなってから満26年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
二十七回忌の代わりに二十五回忌を行うなど、地域や宗旨・宗派によって異なる場合があります。

三十三回忌
法要
32年目

亡くなってから満32年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
宗旨・宗派によっては三十三回忌の法要で弔い上げとなります。個人の位牌から、合祀された先祖代々の位牌になります。

五十回忌
法要
49年目

亡くなってから満49年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いです。
宗旨・宗派によっては五十回忌の法要で弔い上げとなります。個人の位牌から、合祀された先祖代々の位牌になります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

法事・法要ができる会場を探す