葬儀後の法要

葬儀後の法要について紹介します。

ご逝去された日を入れて、7日目から四十九日法要などの年忌法要についてご紹介します。

四十九日法要までの流れ

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日の法要

法要 ご逝去された日を入れて、7日目(初七日法要=葬儀と一緒に行う場合が多い)、14日目(二七日法要)、21日目(三七日法要)、28日目(四七日法要)、35日目(五七日法要)、42日目(六七日法要)と、四十九日の忌明けまでは7日に一度(7日ごとの毎週決められた曜日で)、法要を行います。
家族や親戚のみで行うことが多いようです。

四十九日法要の会場・日程を決める

ご逝去された日を入れて49日目に行いますが、実際には49日目より手前の休日に実施することがほとんどです。
四十九日法要後に納骨をする場合が多いので、寺院の本堂や霊園の管理棟の法要会場で行うことが多いようです。 菩提寺(ぼだいじ)がなく、まだお墓がない方は、自宅や式場で行うこともあります。
休日は法要の予定が多く入っているため、連絡は早めに入れましょう。
一般的に、家族や親戚、故人と特に親しかった友人や知人で行うことが多いようです。
お葬式のときに記帳していただいた名簿などをもとに案内状を出し、参列者の数を確認しましょう。
日程や参列者数が決まったら、料理や引き出物を手配します。

四十九日法要を行う

忌明け挨拶状 一般的に、家族や親戚、故人と特に親しかった友人や知人で行うことが多く服装は、葬儀と同じく喪服を着用します。
納骨を一緒におこなう場合は、事前にお寺に確認し、お花やお供物、塔婆を用意します。
寺院に到着したら住職にあいさつをし、お布施を手渡します。
僧侶の読経で法要が始まり、読経中にお焼香をします。法要終了後は、お墓に移動し納骨をします。
その後、会食をして終了となりますが、参加していただいた方にはお礼の引き物を渡します。
法要がすんだら忌明け挨拶状を出します。
位牌も今までの白木の物から塗り位牌に変えて仏壇に納めます。

▼
百か日法要と新盆法要

百か日法要の会場・日程を決める

百か日法要は、ご逝去された日を入れた100日目に行いますが、実際には100日目より手前の休日に実施することがほとんどです。
四十九日法要ほど大がかりではなく、参加されるのは家族と近しい親戚のみが多いようです。
日程や参列者数が決まったら、料理や引き出物を手配します。
※百か日法要では料理や引き出物の用意は必須ではありません。  

百か日法要を行う

百か日法要は、寺院ではなく自宅で行われることが多いようです。 自宅では、既に中陰壇(ちゅういんだん)などの祭壇はないため、仏壇に手を合わせます。
僧侶が来られたら茶菓でもてなします。
読経をいただき、終了後、お茶を出しお布施、お車代を渡します。
百か日法要では、読経終了後の会食の決まりはありません。 また、都市部では、百か日法要を省略することも多いようです。

新盆法要の会場・日程を決める

四十九日法要が終わり、初めて迎えるお盆を「新盆」と呼び盛大に法要を行います。
お盆は、地域により7月13日から16日までの場合と8月13日から16日までの場合があります。
四十九日前にお盆を迎えた場合は、翌年のお盆が新盆になります。
お寺は、お盆の時期は法要で忙しくなりますので、連絡は早めにするとよいでしょう。
親族だけで行う場合には電話での連絡でもよいですが、新盆法要は、親族だけでなく友人・知人を招いて行うのが一般的です。 日程や参列者数が決まったら、料理や引き出物を手配します。

新盆法要を行う

故人が仏となり、初めての里帰りになるので、提灯(ちょうちん)を飾り、盆棚を作り、お墓が近ければお墓参りもします。
地域により新盆に限り白提灯(しろぢょうちん)を飾ります。
僧侶が来られたら茶菓でもてなします。読経をいただき、終了後、会食となります。
お盆の時期の僧侶は大変忙しいため、食事を辞退する場合も多いようです。
その場合、お帰りになるときにお布施と御膳料、お車代を渡します。
13日に家の入り口で迎え火をたき、16日に送り火をたき、新盆は終了します。

▼
年忌法要について

一周忌法要の会場・日程を決める

亡くなってから満1年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
時間は午前中の10時から11時までの時間帯が多いようです。
菩提寺(ぼだいじ)がある場合は、事前に日程や会場(お寺の本堂を使用できるかどうか)などを相談しましょう。
一周忌法要をもって遺族は忌明けとなりますので、親族や近しい知人を大勢招いて盛大に供養します。
日程や参列者数が決まったら、料理や引き出物を手配します。  

一周忌法要を行う

服装は葬儀と同じく喪服を着用し、御仏前を用意します。
お寺に確認し、事前にお花やお供物、塔婆を用意します。
お寺に到着したら、僧侶へあいさつし、お布施を渡して、お墓参りをします。
僧侶の読経で法要が始まり、読経中に焼香します。
その後に会食をして終了になりますが、参加していただいた方にはお礼の引き出物を渡します。

三回忌法要を行う

亡くなってから満2年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
参列者は一周忌より少ない場合が多く、知人や血縁関係の薄い方には声を掛けないこともあるようです。
日程や参列者数が決まったら、一周忌法要と同様に料理や引き出物を手配します。
法要の流れは一周忌法要と同じです。

七回忌法要を行う

亡くなってから満6年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。
一周忌や三回忌より規模を小さくして行う場合が多いようです。

十三回忌法要を行う

亡くなってから満12年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。
七回忌、十三回忌のころから法要の規模は縮小されますので、一般的に十三回忌を盛大に行うことは少ないです。

十七回忌法要を行う

亡くなってから満16年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くか、お寺で読経をしてもらいます。
七回忌、十三回忌のころから法要の規模は縮小されますので、一般的に親族のみで行うことが多いようです。

二十三回忌法要を行う

亡くなってから満22年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
一般的には、十七回忌の次に行います。このあと、二十五回忌、二十七回忌などと続きますが、宗旨・宗派や地域によって異なります。

二十五回忌法要を行う

亡くなってから満24年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
二十五回忌の代わりに二十七回忌を行うなど、地域や宗旨・宗派によって異なる場合があります。

二十七回忌法要を行う

亡くなってから満26年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
二十七回忌の代わりに二十五回忌を行うなど、地域や宗旨・宗派によって異なる場合があります。

三十三回忌法要を行う

亡くなってから満32年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
宗旨・宗派によっては三十三回忌の法要で弔い上げとなります。
個人の位牌(いはい)から合祀(ごうし)された先祖代々の位牌(いはい)になります。

五十回忌法要を行う

亡くなってから満49年を迎える祥月命日に行う法要です。実際には祥月命日ではなく、その手前の休日に実施することが多いようです。
宗旨・宗派によっては五十回忌の法要で弔い上げとなります。個人の位牌(いはい)から合祀(ごうし)された先祖代々の位牌(いはい)になります。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」