お香典の金額について

香典には、金額や紙幣の数を偶数とするのを避ける、4(=死)、9(=苦)を語呂合わせとして禁忌とする、といった伝統的な慣習がありますので、これらの金額は避けた方が無難です。
香典の相場は、送る側と送られる側の関係性によっても変わってきます。
故人や自分の年齢や地位によっても変わり、会社関係や近所の人であっても親密度が高い場合は多めに包むこともあります。また、会社関係であれば、部・課で出し合って、連名で包むという方法もあります。
なお、香典の相場は地域によっても異なるので注意が必要です。

お香典の金額は、故人にお世話になった度合によって変わってきます。
そのため、一概にこの金額でなければいけないとは言えませんが、一応の目安はあります。
香典の額は一般的に、故人や遺族と密接な関係であるほど高くなります。
両親の場合、自分の親なのか配偶者の親なのかによって金額も異なるようで、5千円〜10万円と幅があります。兄弟姉妹であれば3~5万円、親族の場合は1万円、会社関係、友人、知人、近所の人については3~5千円を目安とすることが多いようです。

第2回お葬式に関する全国調査」では、関係別にみたお香典の金額を調査していますので、香典の金額に迷ったら参考にしてみてください。

親戚の葬儀に参列した際のお香典

職場関係者の葬儀に参列した際のお香典

友人・知人の葬儀に参列した際のお香典

家族葬のお香典

家族葬とは、身内や親族などごく内輪だけで行う葬儀のことを言います。
家族葬には、一般的な葬儀と違う点がいくつかあり、その中でも「香典をどうするか」は悩みどころの一つです。
家族葬では香典を辞退するという方は多いものの、すべての喪主が香典を受け取らないわけではありません。
香典を受け取るか受け取らないかの判断は、すべて喪主側がすることです。そのため 喪主側が、「香典をお断りします」など香典辞退を明示している場合は、香典を送ってはいけません。

辞退を特別明示していない場合は、喪主あるいは喪家側の遺族に、香典はどうするのかを確認するようにしましょう。
確認ができない場合は、「持参しない」より「辞退」の言葉を聞いてから取り下げるほうが無難です。自分は準備していないのに、他の親族が渡した場合、「しまった」とならないよう準備だけはしておきましょう。

【 葬儀・法事のお花を贈るなら 】
即日配達 鎌倉新書の「供花・胡蝶蘭net」

「葬儀の基礎知識」の他のカテゴリ