鎌倉新書の「第1回お葬式に関する全国調査」アンケート結果

第2回お葬式に関する全国調査

お葬式そのものにかかった費用はどのくらい?

「どのような式にしたいか?」という希望によっても大きく変わるので、一概に「高い」「安い」とは言えないのがお葬式。
本アンケートでは葬儀を行った地域(都道府県)別に調査を行いました。
会場を借りたり、祭壇を設営したりといった“お葬式そのものにかかる費用”のほか、弔問に訪れた方に振る舞うお食事やお返しの品など、ある程度の予測はできても、正確には“お葬式をあげた後でないとわからない”費用や、宗教者へのお礼もあるということもあわせて考えておくと良いでしょう。

[ 葬儀代の全国平均は約130万円 ]

お葬式そのものにかかった費用の平均は、全国で1,303,628円でした。
地域別に見ると、中部地方が約147万円とやや高めになっているのに対し、中国・四国地方では約114万円となっています。
お葬式そのものにかかった費用を金額帯でみると、「100万~120万円未満」(16.2%)が最も多く、次いで、「80万~100万円未満」(13.3%)という結果になりました。
「20万円未満」も4.2%ありますが、一方で1割近くの方が240万円以上のお葬式をあげています。

お葬式そのものにかかった費用の平均
全国平均(N=1,847) 1,303,628円
北海道・東北(N=283) 1,323,852円
関東(N=320) 1,385,313円
中部(N=321) 1,465,576円
近畿(N=274) 1,296,715円
中国・四国(N=321) 1,143,769円
九州・沖縄(N=328) 1,210,213円

※火葬場使用料、式場使用料を含む。ただし、飲食・返礼品費用、お布施は除く

【 お葬式の費用について詳しく見る 】

葬儀費用(葬式費用)

飲食・返礼品の費用はどのくらい?

お葬式の費用の中でも、変動費と呼ばれるのが、飲食と返礼品にかかる費用で、会葬者の人数によっても大きく変わるものです。
また、最近では例えば「会葬にいらした方をおいしいお食事でもてなしたい」など、会葬者の人数にかかわらずご遺族の判断で不要と感じる出費は控えて、こだわりたい部分にお金をかけるという方も増えてきているようです。

[ 飲食にかかった費用 ]

お葬式の飲食にかかった費用の平均は、全国で337,195円です。
金額帯をみると約半数が「20万円未満」になっています。

飲食費の平均
全国平均(N=1,847) 337,195円
北海道・東北(N=283) 402,650円
関東(N=320) 434,688円
中部(N=321) 377,882円
近畿(N=274) 308,577円
中国・四国(N=321) 274,611円
九州・沖縄(N=328) 230,945円

[ 返礼品にかかった費用 ]

弔問に訪れた方へのお返しの品、返礼品にかかった費用は全国平均で388,197円です。
金額帯をみると、「10万円未満」「10万~20万円未満」「20万~40万円未満」がそれぞれ22%台でほぼ同じくらいの割合です。

返礼品の平均
全国平均(N=1,847) 388,197円
北海道・東北(N=283) 410,777円
関東(N=320) 462,500円
中部(N=321) 450,935円
近畿(N=274) 348,905円
中国・四国(N=321) 325,545円
九州・沖縄(N=328) 328,963円

会葬者の人数は?

近年、「こんなお葬式をしたい」というご希望に合わせていろいろなお葬式が営まれるようになりました。
家族葬や直葬というように、なるべく少人数で送りたいといったお葬式の規模についてだけでなく、お葬式の内容についても、故人やご遺族の方の要望に寄り添ったお葬式も営まれています。

[ 会葬者の平均人数は78人 ]

会葬者の平均人数は、全国では78人という結果になりました。
地域別でみると、九州・沖縄地方がもっとも多く96人、反対にもっとも少ないのは、中国・四国地方の65人です。
都道府県別では、沖縄県が175人ともっとも多くなっています。
何人くらいの会葬者が集まるのかということでは、「20~40人未満」が19.4%ともっとも高く、次いで「40~60人未満」が19.1%となりました。
「60人未満」を合わせると5割を超えています。

会葬者の平均人数
全国平均(N=1,847) 78人
北海道・東北(N=283) 80人
関東(N=320) 70人
中部(N=321) 87人
近畿(N=274) 66人
中国・四国(N=321) 65人
九州・沖縄(N=328) 96人

【 お葬式の種類について詳しく見る 】

葬儀の種類

お香典ってどのくらい集まるの?

お香典は、本来は死者の霊にお供えするお香の代金として、親類や知人から喪家に贈るものです。
古くは故人と親しかった人々が米や麦などの食料を喪家に持ち寄り、飲食を共にして喪家の悲しみや不安を少しでも和らげようというものだったようです。
近年では、喪家の金銭的な負担を軽くする意味合いがあります。

[ 集まったお香典の総額は平均88万6,844円 ]

参列者からいただいたお香典の合計は、全国で886,844円となりました。
地域別では、中部地方が100万円を超えています。
一方、近畿地方では約63万円という結果です。
この地方では喪家がお香典を辞退するという地域もありますので、こうした習慣が今回の結果にも影響していると言えるでしょう。
お葬式で実際にかかる喪家の出費を考えると、お香典である程度補えることがうかがえます。
お香典の合計を金額帯でみると、「20万円未満」が18.5%ともっとも高い割合になっています。
次いで、「20万~40万円未満」が12.9%、「40万~60万円未満」が11.8%と続きます。
一方、「200万円以上」も8.5%と1割近くあり、平均を押し上げていると言えそうです。

参列者からのお香典の合計の平均
全国平均(N=1,847) 886,844円
北海道・東北(N=283) 994,346円
関東(N=320) 892,813円
中部(N=321) 1,086,449円
近畿(N=274) 625,182円
中国・四国(N=321) 833,022円
九州・沖縄(N=328) 864,177円

【 お香典で葬儀費用を賄えるって本当? 】

お葬式消費者相談.com 市川愛の「教えて!お葬式」

当調査内容に関するご質問、掲載や取材の希望については下記までお問い合わせください。

【 株式会社鎌倉新書 広報グループ 】

〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目6-6 八重洲センタービル7階
TEL:03-6262-3521 / FAX:03-6262-3529