浄土真宗本願寺派の葬儀・お葬式

親鸞聖人が開いた浄土真宗にはさまざまな宗派があります。中でも京都にある龍谷山 本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派は、寺院数は1万ヵ寺を超え、信者数約694万人ともいわれています。
浄土真宗本願寺派の葬儀は、葬儀に参列した人たちが、阿弥陀仏の真実の教えに会う聞法の場とされています。また、葬儀は故人への供養でなく、阿弥陀仏へ感謝するための勤行で、故人の生前の徳を偲びます。
念仏を唱える人は、すでに極楽浄土へ往生することが決まっているので、引導の儀式や受戒が無く追善供養の回向をしないのが特徴です。死装束や清めの塩も不要です。

浄土真宗本願寺派の葬儀ができる葬儀社、斎場・葬儀場を
ご案内いたします

24時間365日受付 通話無料

お電話0120-393-100

メールで無料一括見積り

「浄土真宗本願寺派葬儀の式次第」例

偈文(げもん) 「帰三宝偈」(きさんぽげ)
念仏 短念仏を唱えます。
回向 読経します。
お別れの言葉 弔辞に当たります。
三奉請(さんぶしょう) 法要の始めに、阿弥陀如来、釈迦如来、十方如来あるいは諸菩薩衆を招きます。
導師焼香・表白(びょうびゃく) 葬儀式の趣旨を簡略に述べる文が読まれます。
正信偈(しょうしんげ) 親鸞聖人の「教行信証」からのの偈文を読経します。正式名称は正信念仏偈です。蓮如上人により朝暮の勤行として読経するよう決められました。
念仏 短念仏を唱えます。
和讃(わさん) 仏様を送ります。
回向 読経します。

法名の「釈」に意味は?

真宗では戒を受けることはないので戒名はなく、一般の戒名にあたるものを法名といいます。法名の上には「釈」という字を付けますが、これは「釈迦」の略称です。お釈迦様の教えに帰依して仏弟子になったことを表します。

御文章とは?

葬儀が終了した後、僧侶が文章を読み参列者に聞かせることがあります。本願寺派では、御文章(ごぶんしょう)と呼ばれる文章で、蓮如上人が全国の門徒へ宛てた手紙です。
葬儀では白骨の御文が読まれます。その意味は、「どんなに元気な人でも死は必ず訪れます。人の一生のはかないので、死んだ後のことを解決するためには、阿弥陀仏に深く帰依するほかに方法はありません」という意味です。

浄土真宗本願寺派の焼香

浄土真宗本願寺派の焼香は、厳格に決められています。焼香は自らの心身を清めるために行うものとされているため、額に押しいただかないで香炉に1回くべます。

※葬儀の式次第、作法は地域や寺院によっても異なります。詳しくは寺院、または葬儀社に確認しましょう。

「いい葬儀」で対応可能な主要宗派

上記以外の各宗派にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

葬儀のご相談・お見積もり・ご依頼は「いい葬儀」にお任せください。
葬儀をお急ぎの方専用電話
急ぎの方はこちら 無料見積もりはこちら
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。