葬儀のこすもす | ピックアップ葬儀社

「生活者視点のサービス」が多数のメディアの注目を集める「神奈川こすもす」 サブ:ご要望にお応えするご葬儀をご提案

生活者視点での葬儀サービスに。多数のメディアが注目!

「株式会社 神奈川こすもす」のスタートは平成15年。とかく閉鎖的と言われる葬儀業界の改革を目指して『葬儀のこすもす』ブランドを立上げるとともに、葬儀式場「こすもす川崎会館」をオープンしました。業界変革への様々な取り組みにより、イノベーションズアイ アワード2011(主催:フジサンケイビジネスアイ)大賞や、第76回かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場 かわさき起業家大(川崎市長賞)ほか4賞を受賞するなど、各方面から高い評価を受けています。
「100通りの人生には100通りの葬儀を…」との考えから、葬儀社主導ではなく、生活者の‘想い’に重きを置いた家族葬を提案。安心価格のお葬式をモットーに、費用の低価格化と葬儀情報の公開に努めています。

ご遺族が理想とされるお別れの時を--想いを叶える多彩なスタイルの家族葬を提案

昨今では葬儀に対する価値観にも多様化が見られ、業界においても一般的なお葬式に比べ、親族で営む家族葬の割合が増えてきているそうです。情誼的な葬儀ではなく、ささやかであっても家族の中で温かく故人様を送りたい—「株式会社 神奈川こすもす」では、そのように考える方々へ‘理想通りのお別れの場’を提供しています。一口に家族葬といっても、その規模やスタイルは様々。お客様のご要望に応じてこちらが手掛けた家族葬の一例は、以下の通りです。

<家族葬の事例>
◇【川崎市で家族葬を希望された方の事例】(葬儀総額費用349,825円)
ご要望 … 親族だけで告別式のみを行いたい
ご提案 … 葬儀式場こすもす川崎会館での一日葬

◇【ゆとりあるアットホームな葬儀の事例】(葬儀総額費用420,000円)
ご要望 … 火葬までの時間を家族でゆっくりと過ごしたい
ご提案 … リビング型葬儀施設「ダビアスリビング」でのご葬儀

◇【火葬を中心としたシンプルな葬儀の事例】(葬儀総額費用177,825円)
ご要望 …故人の遺志で葬儀は行わず、シンプルに送ってほしい
ご提案 … 火葬のみの葬送とし、火葬場へはリムジン霊柩車を使用

東京、横浜、川崎など、各拠点にて数多くの葬儀施設や相談所・店舗を展開中

「株式会社 神奈川こすもす」は、家族葬を主軸とする葬儀サービスを東京23区、横浜市、川崎市および近郊地域で提供しています。都内および横浜市内へのアクセスに優れた川崎市内では、自在なスタイルのお葬式を形にする、日本初のエンディングサポート施設「こすもす川崎会館」、ご遺体安置施設「フューネラルアパートメント川崎」を展開。横浜市内には故人様とご遺族が上質なリビングでゆっくりと過ごせる葬儀施設「ダビアスリビング」と、遺体安置施設「フューネラルアパートメント横浜東」があります。直営施設はもちろん、自宅、公民館、公営式場、寺院などでの場合にも、明確な料金設定で施行してくれます。「自社運営の式場およびその他の施設はすべて24時間体制、お客様視点をもとに造られております。故人様らしく、その想いが形になるご葬儀を執り行うことが可能ですので、皆様のご利用を心よりお待ちしております。」(代表取締役・清水 宏明氏)

葬儀後の充実したサポート体制や、地域で幅広く特典が利用できる会員制度も魅力

「株式会社 神奈川こすもす」では、ご遺族へのトータルサポートをモットーにしています。遺品整理サービス、動産・不動産の処分、散骨・納骨、永代供養、手元供養品の販売など、葬儀後のサポートサービスも充実。お葬式を終えた後も、ご遺族にはやらなければならないことが多くあります。故人様の遺品・遺産の整理、法的な手続きなど、ともすれば葬儀以上にお客様の負担となりかねないことについては専門家と連携し、お客様に安心していただけるサービスを提供しているとのこと。
また「こすもすライフサポート倶楽部」にゴールド会員として登録すると、入会金5,000円で葬儀関連だけでなく、地域の商店やホテルでも特典が利用できるのだそう。「こすもすライフサポート倶楽部のゴールド会員様には、提携店で利用できる割引券(3,000円分)や、葬儀で使える割引券(10,000円分)を進呈しております。」(代表取締役・清水 宏明氏)

お葬式のコーディネーションブランドとして、「神奈川こすもす」が目指すものとは…

葬儀社主導であったこれまでのお葬式を徹底的に見直し、想いのこもったお別れを自由なスタイルで行えるシステムを確立している「株式会社 神奈川こすもす」。「生活者に対して、至高の優しさと愛情に満ちたサポーティングカンパニーになる」を経営理念とし、業界におけるその革新的かつ継続的な取り組みは、多くの方々の支持を得ているそうです。
代表を務める清水氏に、接客や葬儀サービスに対する基本的な考え方や、施行のコンセプトについて伺ってみました。清水氏はこうおっしゃっています。
「様々な制約がある中で葬儀の準備を進めていくのは、決して容易なことではありません。ですがだからこそ、故人様に対するご遺族の特別な想いを汲み取り、当日のお葬式がその‘想いを叶える場’となるよう力を尽くしています。また柔軟なサービスをモットーとする当社へは、お客様から‘シンプルではありましたが、心のこもった葬儀ができました’とのお声も届いております。私どもでは「モノ」ではなく「ココロ」をコーディネートすることを重視し、それぞれの人生の数だけそれぞれの「送る形」を提供してまいります。大切な人との最後のひとときをもっと豊かに…そして次世代へ良い葬送環境を残すことで、人々の幸せに貢献できることを目指しております。」(代表取締役・清水 宏明氏)