葬儀後にすること(事務の引継ぎ・挨拶回り)

葬儀後の手続きは想像以上にたくさんありますので、重要なことから処理していくようにしましょう。

事務の引き継ぎ、あいさつ回りなど早い時期に済ませた方がいい、葬儀後にすることの流れを見てみましょう。

事務の引継ぎ

精算・台帳整理

精進落としの後すみやかに、芳名帳、香典帳、香典、供花・供物帳、弔辞・弔電、支出金の領収書などを世話役から受け取り、事務の引き継ぎをします。
特に現金の授受は、後のトラブルを避けるためにもしっかり確認し合う事が大切です。 引き継いだ書類は大切に保管し、また葬儀社の見積もりや明細書、請求書なども受け取っておきます。
葬儀が終わって一段落したら、葬儀費用の支払いを行います。
支払い方法は現金が多いですが、最近ではクレジットカードを利用できる場合もあります。

▼
支払い

精進落としの後、世話役の皆さんに「お車代」として謝礼を手渡します。
これは世話役代表以外は一律にします。
金額は時代の移り変わりで多少の変動がありますから葬儀社の人に聞いてみるのもよいでしょう。
さらにお手伝いしてくれた近所の奥さんたちにも心づけを渡します。
葬儀社への支払いは後日請求書が来ますのでそれからでよいです。
その他、斎場や仕出し店の精算も忘れずに早めに済ませましょう。
言うまでもなくこれらのものはすべて明細書や請求書をよく確認し、領収書をしっかり貰っておき、保管しておくことが必要です。

▼
挨拶回り

あいさつ回りはできるだけ早い時期に済ませます。
喪主か遺族はお世話になったご近所に挨拶回りをします。
無理なら翌日でもいいのですが、時間があればその日のうちに済ませてしまいましょう。
服装は質素なものであれば平服でも構いませんが、男性は必ずネクタイは着用しましょう。
まず寺院や自治会長(葬儀委員長)のお宅、それから故人と関係が深い順にまわるのがよいでしょう。
手伝っていただいたり、供花、お供物、弔電をいただいたりした近隣の方へのご挨拶も忘れずにしておきたいものです。
服装は地味なものを選び、特にお世話になった方には、お礼の品を持参する場合もあります。
故人の勤めていた会社には挨拶状を送るだけでもいいですが、出来れば日を改めて挨拶に伺いたいものです。
また、葬儀の連絡ができなかった方や連絡を遠慮した方には、葬儀後に死亡通知を出します。 この間他の遺族の人も手分けして周りの道の掃除とか道順を書いた紙をはがすなどの清掃作業をします。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」