位牌

位牌とは?

亡くなった人の死亡年月日を記しておまつりするのが位牌です。
位牌には白木位牌(野位牌)と、本位牌(黒塗り金箔つきや唐木位牌)があります。白木位牌は葬儀のときに祭壇に安置し墓所に持ってゆくものです。これと は別に、忌明け法要の日までに本位牌を用意しておきましょう。法要の日に僧侶が白木の位牌から魂をぬいて、本位牌に魂をいれてくださいます。白木位牌は菩 提寺に納めますので、仏壇におまつりするのは本位牌のほうです。
本位牌には、故人一人ひとり独立した[板位牌]と[繰出位牌・回出位牌(くりだしいはい)]があります。繰出位牌は合同位牌と言うべきもので、位牌が10枚くらい一緒に入るので命日の
順に並べておきます。
※浄土真宗では位牌は用いません。
僧侶にお願いして、法名軸か過去帳に故人の法名を書いていただきます。

位牌の種類

四十九日の法要までは、仮の位牌として「白木位牌」を祀ります。
葬儀の時にお墓に持って行って供える位牌を「野位牌」、四十九日まで白木の祭壇に、遺体や遺影とともにまつる位牌を「内位牌」ともいいます。

四十九日の法要の時に、黒塗りした、あるいは唐木の本当の位牌である「本位牌」を作ります。
これは、故人が亡くなってから四十九日の後、故人の霊魂が浄土に往生する、あるいは転生先が決まると考えるからです。

また、生前中にあらかじめ戒名、法名をつけてもらい、位牌を作ることもあり、この位牌を「寿牌(逆修牌)」と言います。
配偶者を亡くした時に、配偶者とともに自分も戒名を授かり、位牌をつくって並べて安置するという人が多いようです。

本位牌の形や大きさには、いろいろあります。
故人一人に一基ずつ作られる「札位牌(板位牌)」、屋根や扉のついた枠に複数の位牌をおさめた「繰り出し位牌(回出位牌)」、札位牌の大きな「屏位」があります。

「繰り出し位牌」は数枚の札板をご命日の順に重ねて入れておき、ご命日がすむと後にまわして常に次のご命日を迎える札が表にくるようにします。 何代にもわたって多数の位牌がお仏壇の中にあるという場合は、三十三回忌や五十回忌に先祖の位牌にまとめるか、「繰り出し位牌」、「屏位」にまとめます。

また、壇那寺で供養してもらう位牌は「寺位牌」といいます。 禅宗ではこれを「本位牌」と呼んでいます。


塗り位牌 唐木位牌 繰出位牌

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」