• 現在の検索条件:
  • 兵庫県
  • 加東市

0件中1~2件の表示

  • 老舗葬儀社
  • 自社斎場あり
  • 社葬可
  • 生前予約可
  • カードOK
所在地兵庫県加東市社749【MAP】

  • 老舗葬儀社
  • 自社斎場あり
  • 社葬可
  • 生前予約可
  • カードOK
所在地兵庫県加東市沢部613【MAP】

0件中1~2件の表示

加東市の葬儀事情

加東市の葬儀式場・火葬場は?

加東市内には火葬場はありませんが、行政区を同じくする隣の小野市と共同で、「小野加東斎場 湧水苑」という火葬場を持っています。場所は小野市ですが、両市の市民が使えます。山陽自動車と中国自動車道に挟まれた山の中で、バス、電車で最寄りの青野ヶ原駅まで行き、それからさらにタクシーで20分と、交通の便は悪いのですが、静かな山の中で故人を見送るのも良い供養でしょう。
設備は、火葬炉は5基、告別室2室、収骨室2室、動物炉1基。ほかに50席の待合ホールと、和室10畳の待合室が2室あります。料金は大人・20,000円、小人(満1歳〜満12歳未満)・15,000円となっています。生活保護の適用世帯には、使用料の減免があります。ただし、ここでお葬式をすることはできません。
住所:小野市満勝寺町435番地—88
ほかに近隣の火葬場としては三木市立火葬場(みきやま斎場)、加西市斎場があります。
葬儀場としては、加藤市内に、民営「セレモニーホールけやき」があります。お通夜から葬儀、法事、法要に至るまで使えます。お通夜を含まない一日葬、家族葬から、大規模な社葬に至るまで対応してくれます。
住所:加東市上中3—67

加東市の葬儀の習慣は?

兵庫県の播磨地方では、ご出棺のときに、近親者でお棺を3回、ぐるぐると回すしきたりが行われます。「三度回し」「棺回し」などと呼ばれます。これは、お棺を回すことで故人が方向感覚をなくし、家へ戻らずに迷いなくあの世へ向かってほしい、という願いで行われるという説と、「回る」という行為が仏教の修行に多く見られるので、回るという儀式をすることで現世での罪をなくそうとする「滅罪信仰」から来ているという節があります。
また、お葬式では「供花」といい、花を故人に供えます。普通は菊や、生前、故人が好きだった花を供えるのですが、兵庫県では、花の代わりに樒(しきみ)を供えます。樒とは常緑樹の枝で、香りが強く、抹香を作ったり、昔は死臭を防ぐために用いられていたのが、供花に樒を使うようになった理由だと考えられます。樒の実には猛毒があるので、動物が遺体を荒らさないよう墓地にも植えられていたと言います。
さらに、普通は香典袋には白と黒の水引きを使いますが、兵庫県では黄色と白の水引きがよく使われます。これは関西圏にしかみられない風習で、黒は宮中でよく使われた玉虫色に似ているので、はばかって、黒の次に喪を表す黄色を使い始めたことに由来していると言われます。

兵庫県の新着口コミ

兵庫県加東市の特色ある葬儀社、斎場・葬儀場

特色・こだわりで探す葬儀社

対応できる宗教で探す葬儀社

特色・こだわりで探す斎場・葬儀場

運営形態で探す斎場・葬儀場

兵庫県の市区町村別 葬儀社