「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」作品集

母への手紙

お母ちゃんの代行サービス

坂本 珠恵 (大阪府茨木市)53歳

お母ちゃん、私も五十三歳になりました。
お母ちゃんが亡くなった五十七歳まで、あと四年です。
「温泉へ行きたいなあ」
「孫をつれて動物園とか、遊園地に行きたいなあ」
病院のベッドに横たわりながら、いつもお母ちゃんが言っていた言葉、希望。
「行こうな。はよ元気になって」
そんな日は来ないと知りながら、私は作り笑顔で答えていました。
あの日からずい分遠くへ来てしまいました。
お母ちゃんが見る事のなかった、私の子供達も、それぞれの道を歩き始めています。
去年は初孫が、お母ちゃんにとってはひ孫が誕生しました。
無心に笑う小さな命を抱きしめて、お母ちゃんの無念をかみしめています。
あれもしたかった。これもしたかった。
いろんな思いを胸に、空の上に行ってしまったお母ちゃん。
少々早すぎましたね。
その代わりと言っては何ですが、私がお母ちゃんのやりたかった事を楽しんでいます。
フルタイムで働き、家族に振り回され、時に怒り、時に落ち込み、時に大笑いし。
時間を見つけて日帰り温泉へ出掛け、安くて美味しい物を食べに行っています。
毎日が晴天ではないけれど、私なりに前を向いて歩いています。
いつの日か、お母ちゃんの所へ行った時に「ようがんばったな」とほめて下さい。
まだまだ先の事になりそうですが。先の事にならないと困ります。
目の中に入れても痛くない孫のためにも、私は頑張って生きます。
うっとうしがられても生きます。
だから、待っていて下さい。
そして、見守っていて下さい。
尚、「お母ちゃんのやりたかった事」代行サービスの料金はいりません。
安心して下さい。


母への手紙一覧に戻る