「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」作品集

子どもたちへの手紙

貴方へ

中村 寿代(埼玉県鶴ヶ島市)83歳

博志さん、突然のお別れをしてから、もう十八年経ちました。
熊谷市にある保泉寺さんに御縁を頂いて墓所を持った時に「姉さん女房の私からお先に入らせて頂きますね」と話し合いましたね。
無類のアルコールと、女性大好き人間の貴方には、ほとほと手を焼きましたが……。
「ひとりっ子の息子が結婚する時は、元気で父親の役目を果たして下さい」という、私との約束は守ってくれました。
結婚式のお礼の言葉もキチンと述べてくれて……。私は嬉し涙が止まりませんでした。
その息子は、突然の事態にも落ち着いて貴方の葬儀を取り仕切りました。会葬者皆様への謝辞も済ませて、貴方の兄弟から「よくがんばったな」と、肩を叩かれていました。
あの時四歳だった孫の太郎は、異様な状態に「怖いよ」とママの膝から離れなかったけど……、もう成人式も済みました。
別室で泣き続けていた生後六ヵ月だった桃も今年は高校を卒業。お兄ちゃんよりもしっかりした娘に成長しました。
貴方がかわいがっていた直美は、ママの仕事と両立して、介護の仕事一筋に、ケアマネージャーの資格も取得しています。
家族も怪我や病気もしますが、それなりに生きています。
今の私は家族と貴方のお墓参りに行くのが楽しみの一つです。
息子と太郎は、貴方のDNA通り、同じような生き方をしています。但し、太郎はアルコール類は一切駄目ですが……。
以上、報告オワリます。
私が貴方に伝えたいことは唯一つ、「お別れの時、側に居なかった」という淋しさです。
私にブツブツ言われると「死ぬ時はお前に迷惑をかけないから……」。
その言葉通りに逝ってしまった貴方。私の大切な人です。
生きていた時も、旅立ちの時も<
私に無関心みたいな貴方ですが、六十年前の「交換日記」に残っている二人の心は変らないと信じています。
何年経ったら貴方の側に行けるのでしょうか?
その時は貴方の隣に坐りたいと思います。知らぬ振りをしないで下さいね。
貴方に便りが出来て幸せです。
「化粧して 繋ぐ手は無し 山笑ふ」
悪筆は直りません。ごめんなさい。

かしこ 


夫への手紙一覧に戻る