「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」作品集

子どもたちへの手紙

お空の上にいる愛しきのぶちゃんへ

丹羽 佳岐さん(49歳) 栃木県日光市

のぶちゃんはお空の上で今、何をしていますか。

保育園から、のぶちゃんが心肺停止で冷たくなってると連絡を受けてから丸三年が経ちました。そして、今年三月の誕生日で満四歳になりましたね。のぶちゃんは、一度も自分の誕生日を祝うことなく、お空へ旅立ってしまったけれど、のぶちゃんがいなくても、毎年お祝いしているからね。今年はバースディケーキに四本のロウソクを立てて、いつものように記念写真を撮ったよ。

のぶちゃんと共に過ごした九ヵ月間、おとうさんにとって、人生で一番幸せな日々を過ごす事ができました。毎日欠かすことなく一緒に入ったお風呂でのひとコマ、二人きりで乗った大きな観覧車、のぶちゃんを背負って出掛けたハイキングなど、たくさんの想い出が残っています。今でも、のぶちゃんのおむつやミルク、洋服などが、いつ戻ってきてもいいように、部屋にそのまま置かれているんだよ。

のぶちゃんは、とてもお利口で、夜泣きはもとより、ぐずることもあまりせず、人の話を真剣に聞き、うんちもトイレでするようになりましたね。こんな赤ちゃんがいるのかと、みんなに驚きを与えてきましたね。

でも、のぶちゃんはまだ小さかったから、言葉をしゃべることができず、「パパ」「ママ」って呼ばれたこともなかったし、つかまり立ちが出来るようになったばかりで、あんよして一緒にお散歩にも行けなかった。キャッチボールをしたり、スキーや旅行に行ったり、のぶちゃんともっといっぱい、いっぱい遊びたかった。ランドセルを背負って小学校に通うのぶちゃんも見てみたかった。

のぶちゃんがお空に旅立った時、おとうさん、寂しくて、悲しくて、悔しくて、のぶちゃんを守れなかったことが、悔しくて、情けなくて、ごめんね、のぶちゃん。おとうさんが、のぶちゃんの生命を守ることができていれば、今も一緒に遊べていたはずなのに、大人として、父親として、どんなことがあっても守らなければならない生命を守ることができなくてごめんね。

のぶちゃん、もう一度、おとうさんとおかあさんのもとへ戻ってきて、一緒に遊ぼう。一緒にお風呂に入ろうよ。ねぇ、のぶちゃん。 もし、のぶちゃんが戻ってきてくれるのなら、おとうさん、絶対にのぶちゃんの生命を守るから、約束するから、必ず戻ってきてね。


子どもたちへの手紙一覧に戻る