「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」作品集

祖父への手紙

じいちゃんへのラヴレター

安孫子 絵美さん(26歳) 山形県山形市

私は幼い頃より、祖父にぴったりくっついて何処に行くにも何をするにも一緒でした。
祖父は戦争を体験しておりましたので、少々頑固者でいつも戦争の話・戦友への深い思いを口にしていました。
しかしその反面、孫娘の私に対する愛情はとてつもなく大きなものでした。
祖父が入院し、突然逝ってしまう前に、まだ意識のあるうちにちゃんとお別れができなかったのが今でも後悔しています。
私は感謝の言葉を直接伝えることもできぬまま、葬儀の中、弔事として祖父へ手紙を書きました。

じいちゃん、聞こえますか。えみだよ
じいちゃん、覚えていますか―

24年前、私はじいちゃんの孫としてこの世に生まれて来ました。
それからずっと今まで私はあなたのいるこの世界で生きて来ました。
私が幼い頃、じいちゃんのこぐ自転車の後ろにちっちゃな座布団を敷いて、じいちゃんの背中にピッタリくっついて2人で自転車に乗って日が暮れるまで公園探検したよね。あっちだ!こっちだ!!って遊び回り、お腹がペコペコになると、こっそり“2人だけの秘密だよ”ってうどん屋さんであったかーい一つのうどんフゥフゥして2人で仲よく分け合って食べたね。
とびきり美味しくて幸せの味がしました。
じいちゃんは私がすることは、すべて誉めてくれました。
私のどんなに下手くそなフルートやピアノの演奏もじいちゃんだけはいつも
「じょんだな、じょんだ」と手をたたいてニコニコ笑って誉めてくれました。
そうやって私はじいちゃんのいっぱいの愛情を受けてここまで育ちました。
私は昔から思っていたよ。じいちゃんのね、瞳はね、特別でした。
ビー玉の様にいつもキラキラしていて、透き通っていて、そんな瞳を持った人は数少ないと思います。
まるで少年の様に、いつまでも純粋でい続けられる特別な人でした。
85年間、最期まで心のキレイな人でしたね。
できることならもう一度、もう一度だけそのキレイな瞳で、そのあったかい笑顔で、ぬくもりのある優しい声で「えみちゃん」と呼んで欲しいです。
じいちゃん待っててくれたのに、間に合わなくてごめんね。
じいちゃん、絵美ね、今度生まれ変わってもまたじいちゃんの孫として生まれてきたいです。いいですか。
この世の中で一番大好きな私のおじいちゃん。周りの人みんなに愛された忠太郎おじいちゃん。本当にありがとう。お疲れ様でした。
ゆっくり休んで天国でも太陽に向かう向日葵の様なそのスペシャルじいちゃんスマイルをいつまでも輝やかせていてください。
最期のお別れは、じいちゃんが生前よく照れ隠しで使っていた言葉でサヨナラしようね。
「メンバイ、メンバイ じいちゃん」

あなたを心から愛する孫の絵美より

【受賞後のお便りより】
この度は大変、本当にありがとうございました。
天国の祖父に少しでも届いたのかと思うと、銅賞を頂きありがたく思います。
先日、祖父が夢に出て来てくれました。
眩しくて見えないほど、キラキラと金色の光の中で、ひまわりのような笑みを浮かべておりました。
きっと、天国でもたくさんの昔の友人や新しい友人と、楽しく明るく過ごしているように感じます。
あの、変わらぬ少年のようなビー玉の瞳でただただ笑っておりました。
ただただ笑顔でおりました…


祖父への手紙一覧に戻る