葬祭ディレクター

葬祭ディレクター

「葬祭ディレクター」は、葬祭業界に働く人にとって必要な「知識」と「技術」を証明する厚生労働省認定の民間資格です。「全日本葬祭業協同組合連合会」と「全日本冠婚葬祭互助協会」という葬祭業界を代表する2つの組織が協力して作った資格です。  

日本では、葬祭業を開業するためには、許可も届出も必要ありません。ですから、「葬祭ディレクター」の資格取得も葬祭従事者にとっての義務ではありませんが、葬祭業者の能力を測る一つの基準になります。  

葬祭ディレクターが多数いる葬儀社は良い葬儀社で、いない業者は悪い葬儀社であるとは言い切れませんが、葬祭ディレクターは、少なくともある程度の知識と技能を持っているのです。  

この資格には、社葬まで行える能力を証明する「1級」と、個人葬を行える能力を証明する「2級」があります。  
第1回の試験は平成8年に実施され、平成21年までに葬祭ディレクターは1・2級あわせて20,000名以上になります。検定試験の受験には、2級で2年以上の実務経験が必要です。  
試験は学科と実技で行われ、実技では、「幕張り装飾」、「司会」、接客での「説明実演」からなります。顧客への適切な対応ができるかという点も評価するものとなっています。  

*葬祭ディレクターについて詳しく知りたい人は、葬祭ディレクター技能審査協会のサイトをご覧下さい。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」