宮崎県の葬儀・お葬式を
しきたりや風習、マナーから学ぶ

宮崎県は、葬儀前に火葬する「前火葬」と、葬儀後に火葬する「後火葬」が混在しています。
通夜の参列者を軽食や酒でもてなす「通夜振る舞い」は、関東圏では一般参列者も招きますが、宮崎県では主に親族のみで行います。
香典返しは、葬儀の際、香典返しを行う即返しのところと、四十九日の法要後に香典返しを行うところがあります。

数字で見る宮崎県のお葬式(43件の平均)
お葬式自体にかかった費用 1,281,395円
飲食費 198,837円
返礼品費用 280,233円
会葬者の人数 109人
参列者からのお香典の合計 927,907円

「第二回お葬式に関する全国調査」アンケート結果を見る

宮崎県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

宮崎県


宮崎県でお葬式をする

宮崎県は、葬儀前に火葬する「前火葬」と、葬儀後に火葬する「後火葬」が混在しています。
通夜の参列者を軽食や酒でもてなす「通夜振る舞い」は、関東圏では一般参列者も招きますが、宮崎県では主に親族のみで行います。
香典返しは、葬儀の際、香典返しを行う即返しのところと、四十九日の法要後に香典返しを行うところがあります。

「参列者にお菓子を配る」

宮崎県でも、ほかの九州の各地と同じく一般的に参列者は通夜振る舞いには参加しません。
通夜振る舞いは近親者のみで行いますが、これに代わるものとして、「目覚まし」と呼ばれる風習があります。
隣組などの近隣の人たちが饅頭やお団子などのお菓子を用意し、参列者に持ち帰ってもらうというものです。
地域によっては、お菓子ではなくお米を持ち寄ってご飯を炊き、握り飯にして持ち帰ってもらうところもあるようです。 宮崎県でも、ほかの九州の各地と同じく一般的に参列者は通夜振る舞いには参加しません。
通夜振る舞いは近親者のみで行いますが、これに代わるものとして、「目覚まし」と呼ばれる風習があります。
隣組などの近隣の人たちが饅頭やお団子などのお菓子を用意し、参列者に持ち帰ってもらうというものです。
地域によっては、お菓子ではなくお米を持ち寄ってご飯を炊き、握り飯にして持ち帰ってもらうところもあるようです。

「出棺の際に茶碗を割る?」

出棺をする時に、遺族が故人の茶碗を割る「茶碗割りの儀式」があります。
亡くなった方がこの世への未練をきっぱりと絶ち、あの世へいけるようにとの願いが込められています。
また、郡部地域では、お盆の「送り火」のように、わらやおがらを燃やして見送る風習もあります。

「白い布を首に巻いて火葬場へ向かう?」

遺族が白いものを身につけ出棺する風習は各地に見られますが、宮崎県の一部地域では、遺族が「いろ」と呼ばれる白い布を首に巻いて火葬場へ行く風習があります。
これは「いろをつける」と呼ばれています。
額に付ける三角の布や 白装束の名残とも言われていますが、白装束の故人と同じ格好になって送ることで、「あの世へ旅立つ前までは、私たちも故人と共に見送ります。
しかし、そこから先はお一人で旅立ち迷わず成仏してください」という意味が込められているようです。
また、白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。

「宮崎県のお葬式に参列する」

宮崎県のお葬式は、先に火葬をしてから葬儀をする「前火葬」と、通夜、葬儀の後に火葬をする「後火葬」の地域があります。
故人のお顔を見るため参列してもお目にかかれない場合があるので、事前に確認することをおすすめします。
また、通夜振る舞いは、遺族、近親者だけで行うことが多いようです。

「不浄払い?」

宮崎県には、不浄払いと呼ばれる風習があります。
古事記や日本書紀に書かれている天孫降臨の地として知られる高千穂峡がある宮崎県は、神話の里、神の国として知られています。
神道の考えでは、死は穢れととらえています。
この穢れは、一般的な穢れの意味ではなく非日常の世界が発生したとの意味です。
そのため、不幸があると神棚を閉じ、半紙で神棚を覆います。
宮崎県は神棚封じだけではなく、葬儀の後、葬儀に使われた場所を、神棚から食器に至るまで払い清める「不浄払い」を行います。
この不浄払いは、神官が行う場合もあるようです。

「宮崎県のそのほかの風習?」

宮崎県でも他の地域と同じく出立の膳と呼ばれる会食をする地域が多くあります。
出立ちの膳は、故人と最後にいただく食事です。
出立ちの膳は、九州各地で広く行われている風習です。

宮崎県の葬儀社に聞いた、宮崎県のしきたり

宮崎県でお葬式を経験した人に聞いた、宮崎県のしきたり

延岡市 通夜での会葬者への接待。(男性 52歳)
えびの市 炊き出しは地元婦人会担当となっている。(男性 71歳)
児湯郡 受付は自治会の班単位でおこなう。(男性 57歳)

「宮崎県の葬儀しきたり」Q&A

Q:出棺の際に故人の愛用していた茶わんなどを割る風習があると聞いたのですが。
A:故人の茶わんを割る風習は多くの地域で見られます。宮崎県でもかつては道路に投げて割ったり、和紙に包んで割るなど、さまざまな形でこの風習が生きていたようですが、最近では行わない家が増えているようです。また、帰宅後に玄関で塩をかける「お浄め」の行為も行われなくなってきています。

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

宮崎県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

宮崎県の 葬儀社・斎場・火葬場を市町村別に掲載。葬儀を行いたい市町村をクリックして 葬儀社・斎場・火葬場をお探しください。

南部

北部

特色・こだわりから探す