大分県の葬儀・お葬式を
しきたりや風習、マナーから学ぶ

大分県は、先に火葬をしてから葬儀を行う「前火葬」と、葬儀の後に火葬する「後火葬」が混在しています。
海辺の地域などでは、葬儀・告別式の前に火葬する「前火葬」が多く行われています。
全国的に友引の日は火葬場の定休日になることが多いですが、大分市内などでは因習にとらわれず、友引の日でも火葬を行うことを推奨しているので、問い合わせてみるとよいでしょう。
納棺の際、由布市では「ハゼ」と呼ばれる籾(もみ)を …続きを見る

数字で見る大分県のお葬式(34件の平均)
お葬式自体にかかった費用 1,400,000円
飲食費 292,647円
返礼品費用 351,471円
会葬者の人数 81人
参列者からのお香典の合計 811,765円

「第二回お葬式に関する全国調査」アンケート結果を見る

大分県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

大分県


大分県でお葬式をする

大分県は、先に火葬をしてから葬儀を行う「前火葬」と、葬儀の後に火葬する「後火葬」が混在しています。
海辺の地域などでは、葬儀・告別式の前に火葬する「前火葬」が多く行われています。
全国的に友引の日は火葬場の定休日になることが多いですが、大分市内などでは因習にとらわれず、友引の日でも火葬を行うことを推奨しているので、問い合わせてみるとよいでしょう。
納棺の際、由布市では「ハゼ」と呼ばれる籾(もみ)を炒ったものを棺(ひつぎ)に入れます。
県南部では、家族が煮しめなどをつくって参列者とともに酒をのみ、遺体に吹きかける習わしがあります。
香典返しは、葬儀の時香典返しを行う即返しではなく、四十九日後に香典返しを行う場合がほとんどです。

「通夜で別れの膳?」

大分県の通夜振舞いは、ほかの地域と異なり、遺族、近親者のみで「別れの膳」と呼ばれる会食をします。
一般の参列者は参加しません。
また、県南の一部地域では、通夜振舞いを行わないこともあるようです。
通夜振る舞いには、全国的に傾向があり、東日本では、参列者を含め盛大に飲食しますが、西日本では、遺族と近親者のみで通夜振る舞いの飲食をすることが多いようです。 大分県の通夜振舞いは、ほかの地域と異なり、遺族、近親者のみで「別れの膳」と呼ばれる会食をします。
一般の参列者は参加しません。
また、県南の一部地域では、通夜振舞いを行わないこともあるようです。
通夜振る舞いには、全国的に傾向があり、東日本では、参列者を含め盛大に飲食しますが、西日本では、遺族と近親者のみで通夜振る舞いの飲食をすることが多いようです。

「出棺の時、茶碗を割って、柩を回す?」

大分県でも、西日本各地で見られた柩を回す風習があります。
「三度回し」「柩回し」と呼ばれ出棺の際に近親者で柩を3度、ぐるぐると回します。
理由としては、柩を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻れないようにするためで、「迷うことなく冥土へ赴き、成仏して欲しい」という思いが込められているという説があります。
「あなたが日常的に使用していた茶碗はもう無いので、迷わず成仏して下さい」との意味で、出棺時に、遺族が故人の茶碗を割る儀式も行われています。
故人がこの世への未練をきっぱりと絶ち、あの世へ旅立ってほしいとの願いが込められています。

「大分県のお葬式に参列する」

大分県では、葬儀の前に火葬し、遺骨にて葬儀を行う「前火葬」と、通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」の地域があります。
故人のお顔を見るため参列してもお目にかかれない場合があるので、事前に確認することをおすすめします。
また、通夜振る舞いは、遺族、近親者だけで行うことが多いようです。
由布市湯布院町では、通夜に参列する際に「通夜見舞い」として、小銭や1,000円程度のお包みを出します。
大分市内では、通夜と葬儀・告別式両方に参列する場合、通夜のときは香典を出さずに供養品を受け取って帰り、葬儀のときに渡します。

「出棺は仮門から出て、団子を配る?」

大分県では、出棺の際、参列者に団子を配る風習があります。
土葬をしていた頃は、墓地で埋葬するのは、大変な力仕事です。
そのため、食事をして力をつけ、故人を見送る出棺前の食事がほかの地域で見られる「出立ち飯」のような形で残りました。
団子を配るのは、その風習の名残からきています。
自宅から出棺する際も玄関の脇に藁や笹竹などで簡単な仮門を作ります。
柩は、この仮門をくぐり出棺しますが、この仮門は、葬列が出た後すぐ壊されます。

「大分県のそのほかの風習?」

「敷米料」と書かれた紙を棺前の供物のところに貼りつける風習があります。
お米を寺院に寄付した風習の名残で、「敷米料一万円」と書けば、お布施とは別に一万円を寺院に納めます。
由布市では、納棺の際「ハゼ」と呼ばれる籾(もみ)を炒ったものを棺(ひつぎ)に入れます。
県南地域では、煮しめなどを作って参列者とともに飲食し、故人に酒を吹きかける風習があるようです。

大分県の葬儀社に聞いた、大分県のしきたり

大分市 通夜に参列する時に、香典を持って行くと、葬儀には参列出来ないと判断され葬儀参列時にもらえる会葬御礼品を通夜供養品と一緒にもらえる。
大分市 納棺時に立ち会う親族人数分のお茶碗等を準備し、お別れの盃という事で日本酒を飲む。またお煮しめも一緒に準備する地域もあり注がれた酒・お煮しめは残してはいけない。
大分市 白木位牌を2つ準備します。大きい方を本位牌、小さい方を野辺位牌と呼び、野辺位牌の方はお別れや火葬場にて棺に納め(棺の上に置いて)故人に持っていってもらうということで一緒に荼毘に付します。
由布市 出棺時にハゼ(籾をいってポップコーンのようにしたもの)を棺の中に入れます。農耕民族である為の名残りが農作祈願ではないかと思います。
由布市湯布院町 通夜のお参りの際、千円程度のおつつみを通夜見舞として出します。その際のお返しは出されない方と同等とみて良いです。

大分県でお葬式を経験した人に聞いた、大分県のしきたり

大分市 大分市のお通夜は始まる時間に集合し約30分ほどで終了するが、宮崎県延岡市では、お通夜は18時頃~22時と約4時間位ある。(男性 64歳)
大分市 出庫するときにごはんの入ったお茶碗を割る。(女性 40歳)
大分市内 故人が使用していた茶碗や湯呑み等を出棺時に地面に叩き割る。(男性 47歳)
別府市 隣保ハンの手伝い。(男性 55歳)
別府市 町内会の人たちが、葬儀の受付や、食事のお手伝いをしてくれる。その代わり、葬儀が終わったら手伝ってくれた人たちすべて、食事の振る舞いをする。(女性 66歳)
玖珠町 終了後にもちを配る。(男性 57歳)

「大分県の葬儀しきたり」Q&A

Q:近所の方が亡くなったのですが、香典の額がわかりません。
A:地域によっては、葬儀などのときに助け合う「班」があります。香典の額は班ごとに決められていることが多いので確認してみましょう。
Q:通夜見舞いのお返しはどうすればよいのでしょうか?
A:通夜見舞いは少額のお包みであることが多いので、お返しは出されなかった方と同等とみてよいでしょう。

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

大分県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

大分県の 葬儀社・斎場・火葬場を市町村別に掲載。葬儀を行いたい市町村をクリックして 葬儀社・斎場・火葬場をお探しください。

南部

北部

特色・こだわりから探す