岡山県の葬儀・お葬式を
しきたりや風習、マナーから学ぶ

岡山県の葬儀の進行は、通夜、翌日に葬儀・告別式、出棺、火葬の順で進みます。
基本的に「後火葬」の地域ですが、通夜の前に火葬を行い、遺骨にて通夜、葬儀を行う「前火葬」の地域も一部存在します。
最近では小規模な「家族葬」を希望する人が多くなり、病院から火葬場へ直行する「直葬」などを選択する人も増えています。
高齢の方が長期入院で亡くなった場合などは、あえて近隣などには知らせずに葬儀をすませることもあり …続きを見る

数字で見る岡山県のお葬式(38件の平均)
お葬式自体にかかった費用 1,307,895円
飲食費 327,632円
返礼品費用 360,526円
会葬者の人数 54人
参列者からのお香典の合計 973,684円

「第二回お葬式に関する全国調査」アンケート結果を見る

岡山県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

岡山県


岡山県でお葬式をする

岡山県の葬儀の進行は、通夜、翌日に葬儀・告別式、出棺、火葬の順で進みます。
基本的に「後火葬」の地域ですが、通夜の前に火葬を行い、遺骨にて通夜、葬儀を行う「前火葬」の地域も一部存在します。
最近では小規模な「家族葬」を希望する人が多くなり、病院から火葬場へ直行する「直葬」などを選択する人も増えています。
高齢の方が長期入院で亡くなった場合などは、あえて近隣などには知らせずに葬儀をすませることもあります。
葬儀の有無や知らせる先については、エンディングノートなどを活用し、あらかじめ話し合っておくのもよいかもしれません。

「通夜を夜伽(よとぎ)と呼ぶ?」

岡山県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」、または「伽(とぎ)」と呼ぶことがあります。
「夜伽」は、故人が寂しくならないよう、故人の横で夜通し寝ずに過ごすという意味です。

「立飯(たちは)?」

岡山県には、「立飯(たちは)」と呼ばれるならわしがあります。
出棺の前に、故人との最後の膳を囲むもというもので、美作地方の一部地域では、僧侶や喪主が生のお米や塩を食べるまねをすることもあるようです。
立飯の後、出棺の際には故人の愛用の茶碗を割るという風習も見られます。
故人がこの世への未練をきっぱりと絶ち、あの世へいけるようにとの願いが込められています。

「七本塔婆?」

岡山県では、火葬当日に納骨をする場合、小さな七本の塔婆を用意して、四十九日までの7日間ごとの供養として一本ずつ立てていくという風習が残っています。
これを、「七本塔婆」といいます。 岡山県では、火葬当日に納骨をする場合、小さな七本の塔婆を用意して、四十九日までの7日間ごとの供養として一本ずつ立てていくという風習が残っています。
これを、「七本塔婆」といいます。

「放生(ほうじょう)を行う?」

岡山県の農村部など一部の地域では、放生の風習も見られます。
故人の子供や孫の手によって、鳥を空に放したり、池や川に魚を逃がすというもので、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生したものと考えられます。
捕らえられた生き物の命を助けることで、故人の功徳を積むことができるとされています。

「岡山県のお葬式に参列する」

岡山県のお葬式では、香典返しの品物に「茶の子」と書かれているいことがあります。
また、農村部や山間部では、葬列が現在でも行われています。
葬列に使用する「腰折れ提灯(こしおれちょうちん)」や「天蓋」、また、紙ふぶきを入れたこもなどを近隣の人が手作りする風習が今なお残っています。

「置き布?」

岡山県には、置き布と呼ばれる風習が残っています。
故人が生前着ていた着物を遺族の女性が持ちって棺に立ち会う風習です。
この着物は葬儀終了後、菩提寺に納められます。

「くがい?」

備中地方では、香典のことを「くがい」と呼んでいます。
くがいとは、香典をお米で納めていたときの名残です。
農村部では、自宅から出棺した後、柩が安置されていた部屋でざるを転がす風習があります。

岡山県の葬儀社に聞いた、岡山県のしきたり

岡山県でお葬式を経験した人に聞いた、岡山県のしきたり

美作市 会食の際に折のほか、煮物などの手料理も合わせて振る舞うこと。(男性 43歳)

「岡山県の葬儀しきたり」Q&A

Q:家族葬を行う場合に、注意することはありますか?
A:全国的に家族葬を希望する人が増えていますが、その解釈は人によりさまざまです。小規模で負担の少ないお葬式として安易に選択した結果、予想外の参列者が来てあわてるケースもあります。家族葬を希望する場合でも、故人のつきあいなどを考慮し、経験豊富な葬儀社に相談するようにしましょう。
Q:お香典返しなどの返礼品は、いつ渡すのがよいのでしょうか。
A:昨今は全国的に「即返し」が主流ですが、岡山県では高額の香典に対するお返しは、「満中陰志(まんちゅういんし)」として、四十九日の後に相応の品を用意しているようです。

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

岡山県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

岡山県の 葬儀社・斎場・火葬場を市町村別に掲載。葬儀を行いたい市町村をクリックして 葬儀社・斎場・火葬場をお探しください。

政令指定都市

  • 岡山市

    南部

    東部

    西部

    特色・こだわりから探す