岐阜県の葬儀・お葬式を
しきたりや風習、マナーから学ぶ

岐阜県は、葬儀後に火葬を行う「後火葬」が多いようですが、「前火葬岐阜県は、葬儀後に火葬を行う「後火葬」が多いようですが、「前火葬」の地域も一部あるようです。
山の多い岐阜県は、同じ県内でもしきたりが細分化されやすい傾向にあります。
山側の地域では、「総斎(そうとき)」といって、手伝いにきた近隣の人の人数分の軽食を葬儀の前に用意します。
この時、赤飯や砂糖をつけることもあります。
ほかにも、「葬式組 …続きを見る

数字で見る岐阜県のお葬式(34件の平均)
お葬式自体にかかった費用 1,200,000円
飲食費 244,118円
返礼品費用 320,588円
会葬者の人数 81人
参列者からのお香典の合計 823,529円

「第二回お葬式に関する全国調査」アンケート結果を見る

岐阜県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

岐阜県


岐阜県でお葬式をする

岐阜県は、葬儀後に火葬を行う「後火葬」が多いようですが、「前火葬岐阜県は、葬儀後に火葬を行う「後火葬」が多いようですが、「前火葬」の地域も一部あるようです。
山の多い岐阜県は、同じ県内でもしきたりが細分化されやすい傾向にあります。
山側の地域では、「総斎(そうとき)」といって、手伝いにきた近隣の人の人数分の軽食を葬儀の前に用意します。
この時、赤飯や砂糖をつけることもあります。
ほかにも、「葬式組」「班」など、葬式のときに助け合う組織のつながりが盛んな地域では、受け付けや会計を手伝った人たちに精進落としとして「勘定酒(かんじょうざけ)」と呼ばれる食事を接待します。
また、明治時代の「廃仏毀釈」の影響が残る地域で、神葬祭の割合が高い地域といえそうです。
神葬祭には、特殊な風習があり、納棺の際に着る衣装が白装束、神道で「帰家祭」「大祓い」と呼ぶものをそれぞれ「後三日」「忌明け」と呼ぶなど仏教の影響を受けています。
香典返しは、酒や茶などを用意するのが一般的ですが、例外的にほとんどの家が「ビール券」を出すという地域もあるようです。

「香典返しにビール券?」

恵那市など県内の一部地域では、香典返しにビール券を使用しています。
通常、3,000円程度のお香典に対し、ビール券を3枚以上返します。
ちょっと珍しいしきたりですが、この地域ではごく一般的な風習になっているそうです。 恵那市など県内の一部地域では、香典返しにビール券を使用しています。
通常、3,000円程度のお香典に対し、ビール券を3枚以上返します。
ちょっと珍しいしきたりですが、この地域ではごく一般的な風習になっているそうです。

「総斎(そうとき)?」

岐阜県の一部の地域では、葬儀の前に、手伝いにきた近隣の人の人数分、軽食を用意します。
これを「総斎(そうとき)」といって、お赤飯や砂糖を付けることもあります。
また、受付などを手伝ってくれた近隣の人たちに「勘定酒(かんじょうざけ)」と呼ばれる食事を用意する地域もあるようです。

「花籠で撒き銭?」

お葬式の時に小銭を撒く風習は各地で見られますが、岐阜県の東濃地方などはで、小銭を入れた「花籠」という竹を編んだかごを竹竿につけて、喪主が籠を振って小銭を落とします。
小銭だけでなく、お菓子を自宅の屋根などから撒くという地域もあるそうです。
基本的には故人が長寿を全うした際に行われるもので、分け隔てなく施しを与えることで、故人が功徳を積めると考えられているようです。
また、高齢者が亡くなった際、5円玉を包み、「おひねり」として参列者に配ることもあります。

「岐阜県のお葬式に参列する」

関東地域では、通夜の焼香後、参列者は通夜振る舞いの席に案内されますが、岐阜県では、通夜振る舞いの飲食の席に着くのは親族と葬儀を手伝った葬式組の方たちだけのようです。
また、親族として通夜に参列する場合は、長い夜を過ごすのにさみしくないよう、「お淋し(おさびし)」「伽見舞い(とぎみまい)」と呼ばれるお菓子類を持参することが多いようです。
関東圏と同様に、岐阜県でも家族葬を希望する人が増えています。
お焼香に行くべきか迷うところですが、近しい知人や友人にはお参りしてほしい場合もありますので、葬儀社やお寺に確認してみるとよいでしょう。

「お淋し(おさびし)?」

岐阜県では、親族が通夜に参列する際に、お菓子を持参することがあるそうです。
「お淋し(おさびし)」「伽見舞い(とぎみまい)」と呼ばれていて、長い夜を過ごすお通夜の席で、さみしくないようにという意味があるといわれています。

「葬儀は地域でお手伝い?」

岐阜県では、「葬式組」「組仲間」と呼ばれる近隣組織があります。
10軒くらいの家がひとつの組となって、葬儀を取り仕切ってくれます。

岐阜県の葬儀社に聞いた、岐阜県のしきたり

中津川市東濃地方 (東部) 一般葬の受付は(町内・隣人)等でお願いします。香典の金額が記入されてない場合は喪家に確認をしてから、受付(町内等)に金額確認をお願いします。記帳は我社のスタッフでスキャナーにて記帳します。家族葬は喪家
中津川市東濃地方 (東部) ご遺体を自宅から送り出す時は、縁側から出す傾向が多いです。縁を切ると言ういわれもあるようです。80年代前半~90代以上の故人様に喪家より5円玉を年の数だけ、おひねり(祝儀用に金を紙につつむ)を参列者に
中津川市東濃地方 (東部) 通夜振舞いは、基本は身内と町内(班の方)が席につく。通夜より盛篭(果物・缶詰)のお供物は、受付等の手伝いの町内様に配る習慣があります。
中津川市・恵那市周辺 告別式当日の朝出棺し、お骨になった状態で午後骨葬を行う事が多い。火葬場の能力や寺院、地域の集会場にご遺体を入れられなかった事から(葬儀専用ホールが出来る前)特に高齢者は、これが当たり前と思っている。

岐阜県でお葬式を経験した人に聞いた、岐阜県のしきたり

大垣市 壱日目お通夜 二日目告別式(男性 52歳)
関市 親戚の挨拶の順番が家からの距離。(男性 42歳)
瑞浪市 近所の人が主になって手伝う事。(女性 69歳)
恵那市 しきたりとしては実家でお葬式をすることが多く、近所の方に葬儀のお手伝いをお願いすることが一般的。(女性 42歳)
郡上市 家で葬式を出す時、同じ組の人が飾りを半日かけて手作りをする。(女性 40歳)
郡上市美並町 同じ町内でも同じ地区内の人には香典を頂いてもお返しはしない。(男性 54歳)
海津市 町内がお手伝いするしきたり。(男性 71歳)
不明 香典返しはなし。(男性 66歳)

「岐阜県の葬儀しきたり」Q&A

Q:高齢者の葬儀に用意するものがあると聞いたのですが。
A:東濃(岐阜県南東部)のごく一部の地域で、80~90代以上の高齢者が亡くなった際、5円玉を包み、「おひねり」として参列者に配ることがあります。葬儀を、長寿を全うした慶事と捉えていることからきている風習のようです。

相談
無料

葬儀の依頼・相談なら 深夜や早朝でもすぐ対応します 0120-393-10024時間365日受付中/「いい葬儀お客様センター」にて承ります。

岐阜県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

岐阜県の 葬儀社・斎場・火葬場を市町村別に掲載。葬儀を行いたい市町村をクリックして 葬儀社・斎場・火葬場をお探しください。

南部

北部

特色・こだわりから探す