しきたりから学ぶ福井県のお葬式

福井県



数字で見る福井県のお葬式(N=30)
お葬式そのものにかかった費用の平均 1,680,000円
飲食費の平均 493,333円
返礼品費用の平均 633,333円
会葬者の平均人数 95人
参列者からのお香典の合計の平均 1,206,667円

[ 鎌倉新書「第一回お葬式に関する全国調査」アンケートより ]

「第一回お葬式に関する全国調査」アンケート結果を見る

福井県でお葬式をする

福井県は、地域によって浄土真宗の多いところと禅宗の多いところがあり、葬儀の風習も特徴があります。

「お葬式でお赤飯?」

お祝いの席でお赤飯を食べるのは一般的ですが、福井県の沿岸部などでは長寿の方が亡くなった際に、お葬式でお赤飯が出されることがあります。
その由来については諸説ありますが、一説には故人が天寿を全うして安らかに旅立ったことをお祝いするという意味合いがあるといわれています。
古来より赤という色には邪気を払い、災いを避ける力があるとされていました。
お赤飯が一般の食卓に広まったのは江戸時代後期といわれています。
お祝いの席であれ、お葬式であれ、非日常の世界との距離が近くなる時、魔除けの意味も込めて食べられていたそうです。

お葬式でお赤飯?

「お葬式で女性が詠う?」

福井県の一部地域では、「念仏講」や「観音講」という地域組織に入っている女性が、お葬式の時に「御詠歌」を詠うことがあります。
「御詠歌」はさまざまな宗派で詠われており、さらにその流派は多岐にわたっています。
近年、徐々に見られなくなっている風習ですが、農村地域や寺院でのお葬式の際などでは今でも見られる光景です。

「出棺時にはお米をまく?」

嶺南地方の一部では、出棺の時に、棺に向かってお米をまいて、故人が愛用していた茶碗を割ったり、お盆の時の「送り火」の様に、わらを焚いたりするなど、お葬式の儀礼が細かく決まっているようです。
一方、同じ福井県でも嶺北地方では、こうしたしきたりはほとんど見られないそうです。

福井県のお葬式に参列する

福井県では、通夜や葬儀・告別式での返礼品は即返しになりますが、品物でなく商品券などを用意される場合が多いようです。

福井県でお葬式を経験した人に聞いた、福井県のしきたり

おおい町 町内及び近隣市町村香典返しの廃止。(男性 71歳)
小浜市 亡くなった日は一晩中寝ずにそばで過ごす。(女性 66歳)
福井市 焼香は周り焼香。(男性 58歳)
小浜市 葬儀の半返しの辞退する。(男性 40歳)
勝山市 骨上げの後すぐにお骨を持ってお寺へ行ってお経をあげてもらう。その時お寺へ納める費用のほかお参りに行くのに一人当たり二千円も納める。(男性 54歳)