• 葬儀社を探す 無料
  • 斎場を探す 無料
  • 電話で相談 無料
後悔しないお葬式をするために「いい葬儀」がお手伝いします。

後悔しないお葬式をするために

「いい葬儀」がお手伝いします。

やり直しのできないお葬式。後悔のない葬儀・葬式を行うために大事なのが「葬儀社選び」です。
「いい葬儀」では、葬儀社選びで押さえておくべきポイントや、自分にあったお葬式の
見極め方などをご案内。また、お客様のご希望に合った葬儀社を第三者の立場からご紹介
することで、お葬式を必要としているお客様に、後悔しない葬儀・お葬式を提供します。

葬儀社選びをする前に

まずはこの2つについて必ず確認しましょう

  • 互助会など、契約している葬儀社がありませんか?

    互助会など、契約している葬儀社がないか?を確認しましょう。
    お亡くなりになった方が生前に行っていた可能性も考えて調べるといいでしょう。
    単なる生前予約であれば通常は大きな問題にはなりませんが、互助会を契約していた場合は、積立金方式なので特に注意が必要です。

    互助会とは
  • 檀家(だんか)になっていますか?

    檀家としてお寺との関係が深い場合は、まずはご住職に連絡を取り、どこの葬儀社にすれば良いかを相談しておくと後々問題が起きにくいでしょう。
    お葬式を行いたい場所とお寺が離れている場合は、先に葬儀社を決め、後でお寺に連絡を取る手順が一般的です。

    檀家(だんか)とは

葬儀社選びのポイント

かつては菩提寺や近所の世話役に相談する、病院で紹介を受けることが多かったのですが、都市化や小さな規模のお葬式を望む方の増加により
第三者機関である葬儀相談サービスの利用する方が増えてきています。
  • メリット1 複数葬儀社の見積りが簡単に取れる

    切羽詰まった状況に、自分たちで個別に葬儀社に複数社見積り依頼をしたり、やりとりをするのは大変な手間です。第三者機関を使えば、簡単にあなたに合った葬儀社を複数見積りを取ることができます。
    葬儀社からの提案があわない場合はお断りすることも、第三者機関を使えば容易になります。
    複数葬儀社の見積りが簡単に取れる
  • メリット2 場所を優先して葬儀場を選べる

    葬儀場によっては利用できる葬儀社が限定されており、先に葬儀社を選んでしまうことで選択肢が限られてしまいかねません。
    第三者機関を使えば、葬儀をあげたい地域から、あなたに合った葬儀社を紹介してもらうことが可能です。
    場所を優先して葬儀場を選べる
  • メリット3 トラブルを回避しやすい

    一生に数回あるかどうかの選択です。相談サービスに蓄積された葬儀社の評判を確認することが大切。
    実際に葬儀をあげた人の評判などを参考にして、後悔しない葬儀社選びをしましょう。
    トラブルを回避しやすい

葬儀社選びで最も大切にされているのは「担当者の人柄」です

後悔しないお葬式をあげるためには、葬儀社選びがポイントとなります。
ご葬儀を経験されたお客様が、葬儀社選びで最も大切にしたこと、
それは「葬儀担当者(葬儀社)の人柄」です。
後悔しない葬儀をあげるためにも、「いい葬儀」では実際に葬儀担当者と会ってから決めることをおすすめしています。
葬儀社について最も大切にしたこと

あなたにあったお葬式は?

全てを葬儀社任せにしてしまうと「こんなはずじゃなかった」という事態になることも。
①形式と規模、②場所、③予算の3つの要素から、整理して進めていきましょう。

形式と規模を決めましょう

仏式・神式・キリスト教式のほか、宗教者を呼ばない無宗教式もあります。
お葬式のやり方としては、一般葬、家族葬、一日葬、直葬といった方法があります。故人が会社経営者の場合は、社葬で送られる場合もあります。遺族を含めた会葬者の人数によってお葬式の規模が決まります。会葬者の人数は場所の選択にも影響するだけでなく、人数によって変動する費用項目があるため、予算にも大きく関わります。

  1. 宗教を知る
  2. 会葬者数の全国平均は60人

場所を決めましょう

一般的な順で、葬儀場・自治体や町内会の集会所・お寺・自宅、直葬の場合は火葬場などがあります。
お葬式までの間、ご遺体をどこに安置しておくのかといった判断をする上で、どこでお葬式をするかが重要となります。
依頼する葬儀社も葬儀場も決まっていないという場合には、専門安置施設の利用が増えてきました。

  • 葬儀場所

    安置先
  • 葬儀場

    葬儀場併設の安置施設
  • 集会所

    依頼する葬儀社の安置施設
  • お寺

    依頼する葬儀社の安置施設(お寺によっては施行可能な葬儀社が限定されていることも)
  • 自宅

    依頼する葬儀社の安置施設(お寺によっては施行可能な葬儀社が限定されていることも)
  • 火葬場(直葬)

    火葬場併設の安置施設

費用について

会葬者の人数や会場などのイメージがついたら、事前見積もりをしましょう。
不明点などある場合は、この時に確認しておくといいでしょう。

葬儀で失敗しないために「事前準備」がおすすめ

葬儀の準備を生前にするなんて……と思われるかもしれませんが、
最近は事前に準備する人も増えています。

事前準備のメリット

  • ❶ もしもの時に慌てず対応できる
  • ❷ 葬儀見積りすることで、葬儀費用の目安がわかる
  • ❸ 葬儀の流れがわかる
今ならはじめての葬儀で必ず役立つ葬儀安心読本をプレゼント!

葬儀社と会う前に整理しておくと便利なこと、葬儀の見積書を見る前に、お香典で賄うお葬式など
はじめての葬儀に役立つ葬儀安心読本をプレゼント。

※お葬式だと分からない封筒でお届けします
無料申し込みはこちら

あなたに合ったお葬式の形は?

一般葬・家族葬・一日葬・直葬・お別れ会、いろいろ聞くけど私たち家族にとって、最適な葬儀ってどんな形
なんだろう?そんな疑問を持っている人は少なくないはず。
簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った葬儀を提案します。
診断スタート

お葬式には誰を呼びたい?

お葬式に参列してもらう人数によって、適した葬儀の形が異なります。
また人数によって予算や会場選びにも大きく関わってきますので、
まずはお葬式に誰を呼びたいか考えましょう。
  • 近親者のほか親戚 友人・知人も
  • 近親者・身内だけ
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

どんなことにこだわりたいですか?

あなたのこだわりによって、葬儀のタイプは異なります。
  • しきたり・慣習に則った 普通のお葬式をあげたい
  • 形式にとらわれず、故人 らしいお葬式をあげたい
  • 会社・組織が主体となって お葬式を行いたい
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

どんなことにこだわりたいですか?

あなたのこだわりによって、葬儀のタイプは異なります。
  • 小規模・少人数でも 普通のお葬式をあげたい
  • 費用と時間を減らしたいが お別れの時間は取りたい
  • 費用も時間も最小にしたい
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

しきたり・慣習に則った普通のお葬式をあげたいそんなあなたには一般葬がおすすめ

一般葬とはご近所の方や故人の会社関係者等、広く告知して
多くの方に参列してもらうお葬式の形です。
社会的礼儀としての意味合いが強く、昔ながらのお葬式を
あげたい人におすすめです。

葬儀費用目安:70〜180万円

一般葬のプランを検索する
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

形式にとらわれず、故人らしいお葬式をあげたいそんなあなたにはお別れ会がおすすめ

葬儀は家族や親族などごく親しい人たちで見送り、後日落ち着いて
から、ご近所の方や故人の会社関係者・友人たちを招くお別れ会が、
最近人気となっています。葬儀と異なり自由度が高いので形式に
とらわれたくない人におすすめです。

お別れ会費用目安:30〜100万円

お別れ会についてもっと知りたい
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

会社・組織が主体となってお葬式を行いたい
そんなときには社葬がおすすめ

企業のトップや社会的影響力のある人の場合、個人ではなく企業
として葬儀をおこなうことがあり、それを社葬といいます。
社葬は、故人を供養する儀式であるとともに、企業経営上においては
「広報活動」の意味合いもあります。

社葬費用目安:300〜2,000万円

社葬・お別れ会の相談なら社葬.com
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

小規模・少人数でも普通のお葬式をあげたい
そんなあなたには家族葬がおすすめ

家族・親族・ごく親しい友人など、限られた参列者のみで行われるお葬式。広く告知しないため出欠の事前確認がしっかり行われ、人数も少なめ。
少人数のため、故人とのお別れが、きちんとできます。

葬儀費用目安:30〜80万円

家族葬のプランを検索する
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

費用と時間を減らしたいが、お別れの時間は
きちんと取りたいあなたには一日葬がおすすめ

通夜を行わず、告別式と火葬の1日だけのお葬式。
参列者の人数などは特に決まりはありませんが、家族や親族・ごく親しい友人など限られた参列者のみで行われることが多いようです。

葬儀費用目安:25〜50万円

一日葬のプランを検索する
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる

費用も時間も最小にしたいなら直葬(火葬のみ)の選択も可能

お見送りをしないまま火葬のみをするやり方。炉の前で簡単な儀礼を行うこともあるが、金額だけで直葬にして、故人とのお別れがきちんとできなかったと、後悔する人もいますので、この葬儀を選ぶ場合は、よく考えて決めた方がいいでしょう。

葬儀費用目安:10〜25万円

直葬についてもっと知りたい
  • 診断トップにもどる
  • ひとつ前の質問にもどる