吉川美津子のお葬式あらかると

Vol.16 お盆、それはヤマトな信念

お盆お盆とは、旧暦7月15日を中心に行われる行事のことで、ご先祖を思い感謝をする時期。現在の暦になってからお盆時期にズレが生じるようになり、7月に行われる地域、8月に行われる地域、また旧暦どおりに行われる地域もあって、お盆にまつわる仏事・祭事が夏の間あちらこちらで開催されています。
お盆は仏教では盂蘭盆会(うらぼんえ)と言われていますが、これは梵語のウランバナという音が語源だとか。意味は「逆さづりにされたような苦しみ」を指し、その逸話がお釈迦様のひとりである目連(もくれん)の「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」という経典に記されています。

目連は、あるとき神通力によって亡き母の死後の世界を見ることになります。美しい世界にいるかと思いきや、なんと母は餓鬼道に落ちて逆さ吊にされて苦しんでいたのでした。
そんな母をなんとか救いたいとお釈迦様の教えに従い、当時のインドで行われていた修行の最終日に多くの僧侶に食事をふるまって供養したところ、その功徳によって母は極楽往生することができました。その日付が7月15日だったことから、その日は先祖に感謝をする重要な日と位置づけられらのです。

……と、ここまで仏教とお盆との関係について触れましたが、お盆にまつわる風習は仏教では説明できない部分も多く、日本古来から各地で行われてきた先祖供養の儀式と、後に伝えられた仏教とが融合して現在の姿になったと言われています。ちなみに民俗学者の柳田國男氏は「お盆の語源はウランバナからきているのではなく祖霊を祭祀するときに祭具の名である」という説を提唱。精霊のお迎えに山に登ることが各地で行われていることから「人は死ぬと山へ帰る」と信じている日本人の死後の観念を分析しています。

さて、一般的に浸透しているお盆行事の初日は13日。迎え火をしてご先祖をお迎えし、15日に先祖供養をして、16日の送り火でお見送りをする、といわれるのがお盆期間中の過ごし方。ではお盆の準備はいつからスタートするのかというと、7月1日とか7月7日を盆入りとする地域が多いようです。特に七日盆(なぬかぼん)にあたる7月7日は、特別なお膳の支度をして茶菓などと一緒に仏壇にお供えする地域が多数見られます。お盆時期になると、ご先祖が歩いて帰ってくることができるように、集落の人が総出で「盆道つくり」を行う伝承も各地で残っています。ちなみに7月1日は「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」という日で、地獄のフタが空く日だそう。地面に耳をつけると、地獄のフタが開く音がするとか、亡霊の叫びが聞こえるとか……。


吉川美津子の“お葬式あらかると”TOPに戻る